スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「九州の子は、理不尽に免疫がある」永井謙佑のルーツを探る(5/6)  

 この原稿は、小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」2011年11月23日配信号(通巻第69号)を全文公開したものです。

 話者は永井謙佑の恩師である福岡大学・乾眞寛監督、九州国際大学付属高の杉山公一監督、そして小澤一郎。2011年9月23日、福岡市内のカフェ・ガレリアにて行なわれた「日本の育成が世界を変える!世界から見た日本サッカーの現在(いま)」の後半部分にあたるものです。

 ロンドン五輪での活躍により、永井謙佑が一躍世界的に注目されるようになりました。しかし、決してエリートではなかった永井のキャリアはここまで様々な紆余曲折を経ています。彼の爆発的なスピードはどこで身についたのか、「特別」な存在だった彼はどう育てられたのか? じっくりご覧ください。


==========================

■伝統を否定するのではなく


小澤 日本の育成というところで、話に入っていきたいのですが、杉山監督は今、高体連のほうに先生という形でサッカーの指導者をやられているわけですけれども、教育機関の中での指導ということでご自身を「サッカー監督」として捉えられているのか、もしくはあくまでも「先生の中でサッカー監督の仕事がある」のか。どうお考えですか? 
 
杉山 やっぱり「九州のサッカーってこうだ」「学校の先生ってこうなんじゃないか」な、っていうイメージが強くあること自体がなんか悔しいというか。逆転の発想というか、人がやらないことをやることがすごく好きなんですよ。人と違うことをやってみようぜ、という。
 
 例えば「ウォーミングアップをダンスにしよう」とか、「国立に行ってエグザイルと踊ろう」とかいうと、選手も「エグザイル来るんですか!?」みたいな。もちろん呼んでないけど「行けば来るかもしれない」って言うと、じゃあちょっと踊ろうぜ、ってなる。
 
 そういう発想を持って指導することで、今までやっていたブラジル体操をダンスに変えてみようとか、走るトレーニングが何に繋がってくるのかっていうことで練習が前向きにできるとか。そういう発想の転換が、必要なんじゃないのかなって思います。
 
小澤 その九州、あるいは福岡県の選手の特徴って何かあるんですかね? 例えば、今回U-22で九州出身の選手が5名あるいは6名いるっていう話をさっき乾監督としたんですけれども、良い選手が生まれてくる土壌っていうのはありますか? 
 
杉山 僕は今までのサッカーを否定したいわけではなく、「それがあるからこそ」と思っています。伝統ある指導やサッカースタイルっていうのは、やっぱりフィジカル的にも強いパワフルなサッカーとか、タテに速いとか。
 
 Jのユースチームでは、今の日本サッカー界がやっているようなポゼッションを若い年代からやっていると思いますけど、それができる選手はすごいんですよ。でもできない子もいるんです。じゃあ、そういう選手はどこでどういう風にサッカーをしたらいいのか。違うサッカーをすることによって、新たな能力が出てくるんじゃないか。
 
 そして結局、みんな九州に足を運んで選手を見に来ている。じゃあ、今までやってきたことっていうのは正しかったんですか? と。結局、こういう(個性を持った)選手たちは必要なんでしょう? と。そういう部分を僕らは見せてあげたい。まだまだ荒削りで、指導者や環境に恵まれなかった選手がたくさんいるんですよ、ということを見せてあげたいなと。
 


■九州の子は理不尽に免疫がある


小澤 日本の育成で未だに「高体連がJユースか」みたいな議論があったり、W杯があるごとに「どちら出身の選手の比率が多かった」という議論がありますけど、乾監督はその辺どうお考えですか? 
 
乾 U-18のプリンスリーグや、今年から始まったプレミアリーグなどでも「Jユースが何チーム」だどうだっていう話になるんですけど、そもそも中学生のタレントのほとんどをJクラブが取っているわけです。ある意味、上に行くのは当たり前ですよね。「残りの選手」って言ったら失礼だけど、その選手たちが高体連のチームでやっているということなわけですから。
 
 練習環境も指導者も整った中でやっているJユースのチームが、同じ年代のリーグ戦の上位にいるってことはある種当たり前のことだと思うんですね。プロの人が教えていて、プロの環境でやっているのに、(アマチュアに)負けていちゃ話にならない。
 
 たださっきの話ですが、パスの長さや走る距離といった発想という部分で、その上限なり範囲を決めてしまうと、そこから飛び出さないんですね。
 
 例えば象の足に鎖がついていて、その鎖は杭に打ってあって動けないとします。小さいときから鎖に繋がれていると、「杭は引っ張っても抜けない」って思うらしいんです。大人の象ならそんな杭は簡単に抜けるのに、小さい頃から「抜けない」って思い込むと、逃げないんだそうです。
 
 いろんな指導方法や練習メニューも情報が発達して、みんな同じ練習をしていますよね。すると「パスの長さはこうじゃなきゃいけない」って教えられたり、「転がして足元に全部パスしなさい」って教えられていると、発想や選択肢が狭まってくる可能性がある。謙佑みたいな選手に対しては、足元に出すよりも裏に蹴った方がいいのに。
 
 謙佑のような自然のサッカーを遊びの中から獲得したような子は、そういう既製品、規格のなかで育てられた選手とは違う。九州のサッカーはU-18として完成度は低いし、目が荒いです。失うとわかっているボールを平気で蹴ってしまう。ちゃんと繋げばいいところでも、裏に蹴って「とにかく走るんだ」という風になったりする。
 
 でも、U-22のスタメンの半分が九州出身者というのは、そういう要素もないとサッカーは成り立たない(ということを示しています)。鳥栖スタでは芝を短く刈ったりしていますけど、アウエーに行ったらボコボコな環境でやらなくてはいけない。あるいはこの間のバーレーンみたいに、砂嵐の中でやらなくてはいけない。
 
 夜、眠らせないようにコーランのお経をホテルの真横からスピーカーをこっちに向けてやってくるんですよ。それが中東の戦いです。そうすると「いい条件で、いい環境で、決まりきって予想の範囲内で」やってきた子は、闘えなくなってしまう。そういう意味では九州の子は図太くて、いろんな理不尽に耐えられる抗力や免疫を備えて、この年齢まで来ているんじゃないかなっていう気はしますね。
 
小澤 杉山監督は未だに理不尽なことを課したりするんですか? 
 
杉山 僕は優しいですよ(笑)。課しているかどうか気づかないです。育っていく環境の中で、理不尽さっていうのが間違った方向に行くとまずいので、プラスアルファとして「答えがわかっていて、でもこういうこと言ったらどういう反応するかな」と思って、あえて理不尽なことをすることはありますね。
 
 「ほら出て来たな」「やっぱり切れたぞ」「あ、怒っているな」「いじけちゃったな」とか、そういうのは見ていてわかります。そういうところから選手の資質を見る材料として、理不尽さってすごく大事だと思います。

<(6/6)へ続く>

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1468-9b47251f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。