スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第二、第三の永井は十分出てくる」永井謙佑のルーツを探る(6/6)  

 この原稿は、小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」2011年11月23日配信号(通巻第69号)を全文公開したものです。

 話者は永井謙佑の恩師である福岡大学・乾眞寛監督、九州国際大学付属高の杉山公一監督、そして小澤一郎。2011年9月23日、福岡市内のカフェ・ガレリアにて行なわれた「日本の育成が世界を変える!世界から見た日本サッカーの現在(いま)」の後半部分にあたるものです。

 ロンドン五輪での活躍により、永井謙佑が一躍世界的に注目されるようになりました。しかし、決してエリートではなかった永井のキャリアはここまで様々な紆余曲折を経ています。彼の爆発的なスピードはどこで身についたのか、「特別」な存在だった彼はどう育てられたのか? じっくりご覧ください。


==========================

■第二、第三の永井は十分出てくる


小澤 最後のテーマとしてお伺いします。杉山監督は福岡大出身ということもあり、福岡大に合う選手を継続的に送り込んでいる部分もあると思います。
 
 その選手を自分のカテゴリーだけで見るというよりも、上に行った時にどうなるか、そこに合うかどうか、そのサッカーや監督に合うかどうか、そういう目線はあるのでしょうか。自分だけが育てるというよりみんなで、地域で育てよう、あるいは自分たちの周りで育てよう、協力し合って育てようっていう意識が。その辺は、日本のこれからの育成にとって重要なテーマじゃないかと思うんですけれども。
 
杉山 もともと僕は北九州で生まれ育ったわけではないので、チームを強化するうえで選手を連れてくる作業にすごく苦労した1人なんです。やっと今、地域に根付いていて「九国はサッカーをやらせてもらえる学校だ」っていうのが少しずつ浸透していったんですけれども。
 
 そうやって頭を下げたり観て回ったりした中で、僕に共感して選手を預けてくれた指導者のためには、地元の選手を集める場に全国やプロに行って通用する選手が出てくることが必要でした。今回、初めて謙佑が出てきて、やっと一つの突破口が開いた感じです。
 
 僕が地元で集めて来た選手は、今までは県外でやっていたんですけど、それが少しずつ残ってくれるようになった。九州で大学やプロに行って、育っていく。「遠くに行かなくてもやれるんだ」「九州も十分やれるんだ」となるために、これからもやっていきたいと思っています。
 
小澤 九州の風土的に、指導者の間では連携というか、良い意味でのライバル意識がある気がします。縄張り意識やライバル意識はもちろんあるとしても、「皆で切磋琢磨して良い選手を育てよう」という風土はあるんじゃないですか? 
 
杉山 そうですね。高校の指導者でも、決勝戦が終わったあとにその指導者と酒を飲んだり、前の日に一緒に食事したりとか。選手は戦うし、もちろん僕らも本気なんだけど、終わったら「お疲れさん、おめでとう」みたいな。九州の人たちは人情があるというか情に熱いというか、勝っても負けても「まだやるぞ」っていう意識がすごく浸透していると思います。
 
小澤 乾監督、先ほど永井に対して「日本の宝だ」とおっしゃっていたのは、自分が日本の宝を持っているんだと誇示するのではなく、「みんなで育てましょう」っていうメッセージもあると思うんですね。そういう、例えば九国大の杉山監督と一緒に育てる、あるいは彼のバックボーンまで知った上で育てる、という育成についてどうお考えですか? 
 
乾 大学の指導者でも、単に高校での全国大会のベスト◯◯っていうその戦績の経歴だけでセレクションとか選手を獲る大学もあるんです。けど、うちもあえて強くするために関東・関西あるいはそれ以外の地域から選手を獲ってこようと思いませんし、実際見にもいかないです。インターハイも行きません。他地域から来る場合は、本当に事前に見てから決めます。
 
 というのは、十分に九州の選手だけでやっていけるからです。この選手たちに次の目標なり、何を目指せばいいかっていうことさえきちんとやればいい。2009年に全国優勝した福岡大学のメンバーから、9人がJリーグに行っているんです。JFLには3人くらい。
 
 僕は2005年までユニバーシアードと二股やっていたんですけど、2006年から4年計画で「この子たちを育てて日本一になるんだ」というふうに思ってやってきて、2009年に優勝できた。アビスパに入った末吉隼也、宮路洋輔もその1人です。宮路なんか高校2年生のときから「この選手をキャプテンにして4年間戦おう」って思っていましたから。それぐらい、九州の選手で十分に勝てると。
 
 それに九州は東京から遠いですが、博多港から船に乗れば釜山に近いんです。うちもしょっちゅう釜山にいきますけど、韓国に行けば、より強化できます。それに1月2月はJリーグ、Kリーグがキャンプをしに来ます。だから大学なのにJリーグ、Kリーグのチームと10何試合も練習試合ができるんですよ。
 
 さらにアビスパがすぐ近くにあるので、人数が足りない時にはうちの選手が助っ人に行っているんですね。土曜日にJリーグがあったら、日曜日には控え組の出ていない選手が練習試合をする。下手したら、その11人中の5人や6人が福岡大の選手だったりするんですね。うちのレギュラーじゃない、ベンチに入っていた選手が行っているんです。
 
 そうすれば、関東・関西にもできない育成ができる。小澤さんと知り合って、この3年間でうちの選手を4人ずつスペイン1部リーグのチームに送っていますが、「九州にいたってバルセロナを見ているぞ」っていう。そういう視点を持ちたくて、小澤さんの力を借りてやっているわけです。
 
 そうなると、九州の子が東京に行かなくてもいいわけなんです。今は不景気で、親御さんも子供を東京に出すのは大変ですよね。でも福岡大学に行けば韓国に行けて、スペインに行けて、日本一になれて、Jリーガーになれる。だったら、別に東京へ行く必要はないじゃないかと。指導者の人たちとも僕らはコミュニケーションが取れているわけだし、近くにいるわけですから、うそはいえないですよね。
 
 うちがやっていることは、みんな見ている。Jリーガーを出すことだけが評価じゃなくて、杉山先生もプロ経由ですけど、毎年指導者も輩出しているわけです。佐賀東の蒲原晶昭監督もうちの卒業生ですし、佐賀県では佐賀北と佐賀東が決勝で当たるんですが両方とも福岡大学OBなんですね。あるいは、熊本のベスト4のうち2校も福岡大学OBが占めるので、第二、第三の謙佑が出てくる可能性は十分にあるんです。
 
 それぞれの秘蔵っ子を福岡大学に送ってくれて、それがうまく育てばまた第二、第三の謙佑は生まれる。もちろん同じ選手はできませんけど、同じような形での育成はできると思っているし、それは九州にいるからこそできる育成じゃないかなと思っています。
 
小澤 事前に受け取った質問があるのですが、これは乾監督に。「地方のプロチームの目指すべき方向性はなんでしょうか? アビスパはもっと地域に根ざした育成に特化していくべきだと思っています」。そのあたり、どうお考えですか? 
 
乾 アビスパのトップチームの勝ち負けはひとまずおいといて、育成というところで考えますと、下部組織に良い選手たちが集約される仕組みはできつつあると思います。ただ、U-13のところで良い選手を選抜し、18歳まで6年間クラブで育てても、まだもう一つ先がある。そのところが、もう一つ繋がっていない気はします。
 
 そこを上に繋げたい。もちろんアビスパユースからトップに上がることはあってしかるべきだし、それがプロの姿です。ただ、地元であればうちがサテライト的な役割を果たしながらまたトップに送り込んでいくといった、地域や県に応じたJクラブのありかたを発信していけば、新たな形になるのではないかと思っています。
 
小澤 杉山監督にお聞きしますが、福岡でジュニア世代の指導に携わっていますが、それを実現していくために、ジュニア・ジュニアユース市場において必要と思われることはなんでしょうか? 
 
杉山 その年代にしかできないことがあると思うので、その時期その時期にできることってすごく大事なんじゃないかなっていうのが一つと、あとサッカーだけやればいいっていうのはどうなのかなって僕はすごく思うんですね。
 
 例えば今の子って、ボールを投げるのが苦手なんです。フライがヘディングできたり、ピタッと足でトラップできたりするのに、キャッチできない子が多いんです。だから、いろんなスポーツを経験させていく中で「自分はサッカーに向いている」とか「サッカーの中ではこれが活きる」とか、そういうことって大事じゃないかなって思います。
 
<了>

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1469-71f5316f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。