スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劇的勝利も、攻め急ぎの課題は残る」 ワールドカップアジア最終予選・日本 2-1 オマーン 簡易レビュー  

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第118号(2012年11月15日配信号)より抜粋※


 AFC U-19選手権の取材にも行けなかった私は、当然ながらオマーン戦も日本でテレビ観戦。今回の最終予選は、海外(欧州)組から日本よりも距離的に近い中東でのゲームとはいえ、単発1試合のインターナショナルウィークということで合宿(準備)期間も短く、11月とはいえ35度になる中東でのデーゲームということで、コンディションが厳しいことは事前に予想されていた。
 
 実際、合流がギリギリとなった海外組の選手たちはほとんど練習時間を取れず、試合でも相当苦しんでいる様子が伺えた。それは岡崎慎司が試合後のフラッシュインタビューで「バテバテでした」とコメントしていた通りで、岡崎だけでなく他の選手も相当バテバテだったと思う。日本も欧州も相当に寒くなってきており、普段とはまったく違う感覚だったはず。そういう苦しい環境の中、結果的に選手はよく戦い、勝ち点3を得たのは大きな収穫だ。
 
 戦い方に目を向けると、ボール支配率で優位に立てるアジアの戦いの中で課題でもあった、センターバックからのビルドアップに向上が見えた。例えば、先制したシーンの起点は今野から長友への縦パスだが、あの場面は今野が敵陣に入り込んでボランチの役回りを演じている。また、そもそもこのオマーン戦では、両センターバックの幅がこれまでよりも広く、ボランチの長谷部がサイドに流れてボールを受けるようなシーンもなかった。
 
 キックオフと同時に目についたのが、遠藤が相手のバイタルエリアに侵入する動きを見せ、長谷部がアンカーとして両CBの間に降りて中央でボールを受け、散らすタスク。[1-4-2-3-1]というよりは、本田を12番のムバラクがマンマーク気味にケアする[1-4-1-4-1]のシステムになっていたオマーンは、前半と後半の立ち上がり以外は、基本的に日本にボールを持たせて自陣でブロックを作った。
 
 相手が相当引いてきた分、センターバックの今野・吉田は完全に余っており、相手のトップも両CBにプレスをかけることはなかった。だからこそ、日本が戦術的に完全に浮いた彼らをどう使うのかに注目して見ていたのが、特に今野に関してはこれまでにないほどドリブルで相手陣内に入っていくシーンが目立った。
 
 これまでの戦術においては、相手のカウンターを警戒してそれほど両CBの幅は取らず、CBの持ち上がりのドリブルを“意図的”に使ったビルドアップや攻撃もなかった。だが、ある程度勝ち点で優位に立てたことで、ザッケローニ監督はビルドアップの精度を上げるトライに踏み切ったと見た。もちろん、ホームのイラク戦でジーコに使われた遠藤と長谷部のボランチ封じの戦術への対抗策ということも考えられる。
 
 ただ、課題としては前半20分で先制して圧倒的に有利な状況にありながらも、攻め急ぎがあったこと、ボールの失い方が悪かったことが挙げられる。失点シーンでは抜けだした長友が自分の感覚でプレーし、周囲に合わせることができなかったが、やはり日本の選手には「いい攻撃=いいボールの失い方」という概念が希薄だった。

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第118号(2012年11月15日配信号)より抜粋※

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1489-d9f5a7b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。