スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【全文掲載】大学サッカーの集大成~インカレ開幕~ 取材・文/瀬戸伸哉(編集部/サッカージャーナリスト養成講座)【 @ichiroozawa】 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第122号(2012年12月20日配信号)より全文掲載※



撮影:赤石珠央


 第61回全日本大学選手権大会が12月19日(水)に開幕した。それに先立ち、18日(火)にJFAハウスで大学選手権の記者会見が行なわれた。会場には全日本大学サッカー連盟副理事長で流通経済大学監督の中野雄二氏や同連盟技術委員長の乾真寛氏(福岡大学監督)や参加各大学の監督並びに、参加チームの代表4選手も顔を揃えた。


 会見で乾・技術委員長が「ここ数年大学からJリーグの方へは毎年60数名が入団しています。今年度のJリーガーの日本人において大卒の選手は40パーセントを占め、2、3年後には50パーセントを超えると思われます。このように大卒の選手が半分以上を占めるリーグと言うのは世界にも稀にみるケースです」と語るように年々、日本サッカー界における大学サッカーの存在意義が高まっている。現日本代表の長友佑都(インテル)や高橋秀人(FC東京)も大学出身。また、それと同時に昨年の大学選手権決勝は平日開催ながら1万5千人の観客動員があるほどサッカーファンからも注目を集めるようになっている。


 なぜ、急激に大学サッカー界が成長しているのか。その手掛かりをつかむため、本大会の注目選手で大宮アルディージャ入りが内定している中央大学のDF今井智基選手に4年間でどのように成長したかを尋ねてみた。




撮影:赤石珠央



――大学に入ってプレー面で一番伸びた点はどのあたりですか?

今井智基(以下、今井) 元々、フィジカルだったりスピードだったり自信を持っていたのですがそれが大学に入ったことでよりストロングポイントとして伸ばすことができました。

――練習で監督から一番言われたことはどういったことですか?

今井 中大のスローガンに「日々の練習から101パーセント」というのがあって、普段の練習から手を抜いていたのでは成長もしない、練習でできないことは試合でもできないというのは強く言われました。

――文武両道についてどう思われますか?

今井 進路が決まっても大学が卒業出来ない可能性もあるので、授業は1年の頃から練習と被らない時間にしてできるだけ出席するようにはしていました。

――そういった中、プレー面以外で成長したことはありますか?

今井 高校の時に比べて時間の使い方が上手くなったと思います。無駄な時間をなくしてより効率よく使えたので、授業があってもサッカーに集中することができました。

――同年代のプロで活躍している選手を意識することはありますか?

今井 僕はポジションがサイドバックなので酒井宏樹選手(ハノーファー96)は同い年で高校の時から知っていて海外でプレーしてA代表にも選ばれているので意識と言うかプレーを参考にしています。

――そういった面で焦りを感じることはありますか?

今井 それほどないですね。自分も来年からは一個上のステップに行けるのでまた一歩一歩努力していきたいです。

――今大会でどのようなプレーを見せて、今後プロに進んでいきたいと思っていますか?

今井 サイドでの一対一は自分の強みでもありますし、誰にも負けない気持ちで常に試合を臨んでいます。それは上のステージに行っても自分の強みにしていきたいと思っているので、自分のストロングポイントである一対一の強さやフィジカルの強さを前面に出して、来年からも自信持ってプレーできるようにしたいと思っています。



 今井選手自身の話のようにプロを目指している選手が、大学サッカーに入ることが遠回りだと強く感じていないのが現状である。理由としては大学で文武両道を実践し、しっかりと成長することができる環境が日本にはあるからだ。


 今後、日本独自の育成システムの下、よりプロで活躍する選手が大学から増えていくことが日本代表の強化につながっていくのは間違いない。そして、その登竜門として大学4年間の集大成である大学選手権(インカレ)が存在するのであろう。


 今井選手以外にも、今大会には同じく大宮アルディージャに内定している富山貴光(早稲田大学FW)や浦和レッズに内定している阪野豊史(明治大学FW)など魅力的な人材が存在していることから今大会もレベルの高い試合が予想される。


 第2の長友、高橋となれる選手は誰なのか。そして、1月6日(日)に国立で行なわれる決勝へと進むことができるのは果たしてどの大学なのか。見どころ多い大学選手権から目が離せない。

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第122号(2012年12月20日配信号)より全文掲載※

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/1498-61c48109

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。