スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン人への疑問… 

日々生活していれば、スペイン人について疑問が多々湧くわけです。今日はそんな疑問をまとめてみます。

◆車庫証明はあるのか?

DSCF0000.jpg


↑見ての通り、どの通りにも縦列駐車で車がびっしりなわけです。つーか、縦列駐車の前にこの赤の車、有り得ない止め方していますが、普通です。日本では大阪をイメージできるのでしょうか?!

バレンシアだけではないですが、スペインでは通りに車がびっしり止めてあって、とても車庫証明、駐車場が必要などとは想像出来ないわけです。

でも、マンションの地下に駐車場があったりするわけです。

この疑問、バレンシアで生活してから半年思っていました。そして、ついに解決しました!バレンシア人からこの回答をもらいました。

“車庫証明なんてないよ”

だそうです、はい。(爆)つまり、駐車場は通りです。マンションの地下に駐車場があれば、それは車の防犯の為だと思われます。


車についての疑問は続きます…


◆車に傷がついても修理に出さないのか?

まあ、日本人ならちょっと当てられ、傷がついたら修理に出しますが、この写真をご覧あれ!↓

DSCF0001.jpg


路駐の段階からこれですもの。(笑)傷はもとより、この左の車、“パンクしてんじゃね~の!?”という疑問も湧くわけです…

スペインでは、当然、車に傷がつくことは当たり前。というか、つけれられるのが当たり前。そして、駐車する際には、前後の車に当てて自分の駐車スペースを確保するのです。こんな光景見たら、多分、日本人の方はショックなのでしょうが、私はごく普通に見慣れてしまいました。逆に傷もない新車と思われる車があれば、“可哀想に~”と不思議な感覚を持ってしまう今日この頃であります。

ということで、こんな傷というか、“修理に出した方がいいんじゃない??”と思う箇所もあるわけです。これ、選手の車なんです、実は…(笑)
20050503020705.jpg


誰かと言いますと、ごめん、ばらしちゃうよ!!シスコちゃん!!(爆)

ということで、トヨタからもらったランクルとはいえ、これは修理に出して下さい。そのうち、“カポッ”とかいって取れそうです…(怖)

車についての疑問を持っていけば、果てしなく続いてしまうので、この辺でやめておきます。だって、事実としてとんでもないことが多々あるわけです。

・駐車の際にサイドブレーキはかけない
(2重駐車等をして他の車が出れない場合に限る)

理由は、、、

邪魔な車を押してどかせるから。暗黙の了解です。気付いたら、最初に止めた場所から遠く離れていた…なんてこともあるそうです。怖っ!!

・車をなかなか買い換えない

じゃないと、町中にとんでもない車が存在していないわけです。廃車?と思うような車が走っているわけです。

・半年に1回は町中で煙をあげる車を見る

はい、事実です。私は、白煙を上げて道のど真ん中で止まっている車を既に2回も見ました。あぶね~っつ~の!!爆発しちゃうんじゃないの??と思っちゃうわけです。でも、スペイン人は平然と横を歩いているわけです。恐るべし、スペイン人…

他の疑問では、

◆車検はあるのか?

というのもありましたが、あるようです。詳しくは知りませんが…


ということで、テーマを変えます。ここまでで十分、笑えますが、ここからは想像を踏まえた疑問に入ります。

◆スペイン人はいつ働いているのか?

これは、結構謎なわけです。だって、今日5月2日はメーデーの振り替え休日なわけです。“メーデー”って… あんた達よ、いつ働いているの?!と思うわけです、ぶっちゃけ…

で、メーデーなのでデモ行進をしたりするのはわかりますが、なぜかバレンシアは大規模なデモを4月30日の真昼間からしていたわけです。

おいっ、待たんかい!5月1日がメーデーなんだからその日にせんかい!!と突っ込みたくなるわけです。しかも、そのデモ行進のお陰で市内の通りが通行止めになったりするわけです。

買い物に行った店に入ろうとしたら、「今からデモ行進が通るから閉める」と警備員に言われて追い返されるわけです。営業時間中なのに…(泣)

2日が振り替えで休みにも関わらず、1日にデモを行わず、1・2日と連休を取ろうとするスペイン人の心が読めるわけです。スーパーも何から何まで休みなわけです。

一方、平日になれば、朝からバルというバルが人で溢れかえっているわけです。日本でもドトールが朝の通勤時間帯やお昼前に込むのはわかりますよね?!が、スペインでは通勤時間とか別にないので、常に午前は一杯なわけです。そして、人によれば、ずっとそのバルで見かけるような人もいるわけです。

「あれっ、あの人、朝もいたぞ」

「あれっ、あの人、夕方もいたぞ」

「あれっ、あの人、夜にサッカー観に来てる」

ということで、いつ働いているのかわからないわけです。ちなみに、私は常にバルにいるのではなく、家の近所のバルなので、通り過ぎた時に目にするということです。あらかじめ断っておきます。


◆どこからお金が湧いてくるの?!

働いていないという仮説が前提です。(笑)なのに、やたらにバルに人はいるし、やたらに食べてるんです!!

スペインのバルは基本的に安いです。が、それはコーヒーやビールといった飲み物だけなら。食事をしたり、つまみを頼んだら当然結構お金がかかります。

昼や夜になるとしっかり食事を取っている人達がいるわけです。“そんなに外食して大丈夫か??”と余計なお節介をやいてしまうのです。

食事をしていなくても、単につまみだけでも、スペイン人は容赦なく頼むわけです。ボカディージョというスペインでいう“サンドイッチ”なるものがあります。サンドイッチといっても日本人が想像する生半可なものではありません。要するに棒のフランスパンにガッツりハムやチーズ、肉等を挟みこむボリューム満点な食べ物です。

ちなみに、ボカディージョ以外に外で食べれるような食べ物がありません。日本では、おにぎり、菓子パン、サンドイッチ等バリエーションがあります。

例えば、サッカースタジアムで皆何を食べてるかというと、ボカディージョしかないわけです。あとは、ひまわりの種をせっせと食べているか。ハーフタイムになった時のボカディージョ率は、まさに感動ものなわけです。四方八方からボカディージョが出て、銀紙をはがしていくわけです。その光景たるや、サッカーのスペクタクルに匹敵するくらいの希少価値であります。

よって、子供の遠足でもお弁当などありませんから、みなボカディージョなわけです。みんな中身が違うだけなのです。

日本の子供であれば、

「あっ、たけし君のお弁当、イシイのミートボールが入ってる。僕の丸大ハンバーグとミートボール3つを交換しない?」

とか、色々交渉の糸口をさがせるわけです。(お弁当のネタが古くてすみません…)

が、スペイン人のガキんちょ達は、

「あっ、カルロスのボカディージョの中身、ロースだ。僕のチーズと交換しない?」

なんて交渉出来ないわけです。だって、味が完全に変わってしまうので。また、ロースとチームでは等価交換にならないわけです。全く別物であり、1つの食べ物ですから、中身を交換してもつまらないわけです。

と話しがどうでも良い方向になってきましたが、スペインの学校の遠足風景、いや、お弁当時間の光景を見ると、これまた爆笑なわけです。私は、グラナダのアルハンブラ宮殿に遠足で来ていたガキんちょ達を見て大爆笑してしまいました。

だって、先生が、「さ~、お昼の時間にしよう。ここに集まって食べなさい」と言うと、、、

30人くらいのガキんちょがみ~~~~~~んな、銀紙に包まれたボカディージョを取り出すではないですか…

壮絶な光景でした。アルハンブラ宮殿をバックにその光景はまさにに絶景でした。アルバイシンからその光景を見ていれば、銀紙のせいでピカピカとアルハンブラ宮殿が照らし出されこれまた絶景になっていたに違いありません。

そして、最後になって先生が、「じゃあ、俺はボカディージョ買いに行こう」といって近くの出店でボカディージョを買っていたのでした… まさに、ギャク以外の何物でもないわけです。(爆)

本物のアルハンブラ宮殿、王宮内
20050503025500.jpg



仕事関連で言うなれば、

◆ビジネスマナーなるものがあるのか?研修なるものはあるのか?

想像するだけで、絶対に存在しないことは確かです。ビジネスマナーや研修をしていれば、店員がお客に向ってお釣りを“バン”と下に叩きつけることもなければ、お客が長蛇の列を作ってイライラ待っているのに、知らん顔できないわけです。

こないだは、デパートで買い物した際、店員のねーちゃんがレジで他の店員のねーちゃんと、、、

レジ打ってるねーちゃん;「私ね~、今度の休みにどこ行こうか考えてるの。どっかいいとこない~?」

その横で喋ってるねーちゃん;「え~、いいな~!私もどっか行きたいな~。そうね~、どこがいいかしらね~」

なんて会話しながら、私の商品のレジを打っていたわけです。

あの~~~~、

“僕、一応、お客なんですけど…”

と思いながら、完全に蚊帳の外でお金を出し、お釣りをもらっていたわけです。一度たりとも、私に目線を向けず、ひたすら2人の会話に入り込んでいたわけです。ある意味、思ったわけです。

“そんな状況でもお釣りを間違えずに渡せる、あんたは偉いっ!?”

ある意味、研修しているのかもしれません…(笑)

完全に“お客様は神でも何でもない。ただの客であり、私たちが商品売ってあげてる”わけです。そういうビジネスマナーなわけです。つまり、お客である我々が学ばなければいけないことが多々あるわけです…


そんなことに関係して、こんな疑問もあるわけです。。。

◆閉店後に売り上げチェック(計算)をしているのか?

絶対にレジの数字と実際にレジに入っているお金の数字は違うわけです。だって、お釣りが多くなってることが多々あるんですから。(笑)

こないだ、郵便局でお金を払いました。

確か、18.04ユーロの金額で、私は、20.05ユーロ払いました。

そしたら、、、

お釣りをおもむろに2ユーロ出してきて、私が払った5センティモをそのまま返してきたのです?!つまりは、お釣りとして0.01ユーロ多く返ってきたのです。

まあ、1センティモくらいいいじゃん!!ってことなんでしょうが、ここ、郵便局なんですけど… 大丈夫ですか?

かなり心配なわけです… 銀行でもお釣りが間違って返ってきたことがあります。後で気付いたので、帰ってしまいましたが、お釣りが多かったのです。。。

日本じゃ、1円合わないと帰してくれない、、、ということを聞くのですが、スペインの銀行はどうなのでしょう??ならば、一生家に帰れないことは言うまでもありません…


ということで、もっと書きたいことがあった気がしますが、十分長くなったので、この辺で。

大好評になりそう(?)なので、そのうちレギュラー記事として連載することも有り得るかもしれません?!

以上、スペイン人への疑問でした。お粗末様でしたm(__)m

Comments

セガールさんへ

コメントありがとうございます。

日本人がおかしい?!ということも見方によっては有り得そうですが…

スペインはおおらかさを通り越し、いい加減な領域に入りすぎている気もしないでもないですが…(苦笑)

たまに、バルのおじちゃんが、お釣りを持って来て、「じゃあ、○ユーロチップでもらっとくから!」とか言ってます… おいおい、それってチップなんかい!!と心の中で突っ込んだりしてます。←まずはお釣りをきっちり返しましょう!!要研修。。。

orangeさんへ

傷つけられるのが嫌なのか、車の前後に、なんと、テニスボールをくっつけてクッションにしている車を見たことがあります。これまた笑っちゃいましたけどね… 車の前にテニスボールくっつけてるんですよ!(笑)

まあ、日本じゃ間違いなく訴えられるわけです。

また、面白いネタ探しておきます。いつもコメントありがとうございます。

裕子ママへ

確かに、小銭が増えることは間違いないですね…
間違いなく、暗算は苦手です…

車を手押ししている光景はこれまた爆笑ものです。今度、機会があれば写真におさめてみたいと思います。

泰さんへ

日本人は勤勉です…
日本の料理、バリエーションは一番です…

とまあ、海外にいれば日本の素晴らしさを実感出来ることも多々あります。

でも、ボカディージョも美味しいですよ。中身にもよりますが、基本は(生)ハムか、トルティージャ(スペイン風オムレツ)です。

さすがスペイン人・・・

むしろ日本人がおかしいのではないかとすら思ってします。ちなみにお釣りを切れのいい数字で返すのは私はカナダでも経験しました。そのおおらかさが好きです。
こういうネタ大好きなんで続けてくれると嬉しいです。シスコの車とか出てきたところが良かった!

  • [2005/05/03 15:22]
  • URL |
  • セガール
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

おもろいね

映画なんかで車を前後にドン!ドン!とぶつけて無理矢理止めてるシーンがあるけど(スペインじゃないけど)
あれって日常なの?なんて思ってましたけど、日本じゃ前後の人に訴えられるでしょうね。

これって本になりますよ。日本人だけじゃなくスペイン人にも
笑える内容にしたらいけると思うけどな~。

納得!!

スペインに行った時、隙間なく縦列している車の中からどうやって車を出すのか疑問だたのですが、ようやく分かりました。
後、私は買い物した時に18.10ユーロを20.10ユーロ出したら拒否されて20ユーロだけ受け取ってお釣りをよこしましたよ。そういう事が2~3回あって、スペインでは端数を出して小銭を出来るだけサイフに貯めないやり方は断念しました。
スペイン人は暗算がお嫌い?

  • [2005/05/03 08:35]
  • URL |
  • 裕子おばさん
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

スペイン人って…

現地在住ならではの小ネタ、とても楽しくて興味深いです。
こういう事を聞くと、日本人が勤勉な民族だと言われるのも分かりますね。
バレンシアは料理の美味しいところらしいですが、話題のボカディージョはいかがなのでしょう?
またネタがあればレポートして下さいね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/168-f38bf7fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。