スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/14 トレーニング 

エスパニョール戦前日、今日のトレーニングの様子。

514IMGP0014.jpg


①ランニング、ストレッチ


②ボールを使ったアップ
6人1組、4グループに分かれる。正方形のグリットを作り、そこでパス、リフティング等指定された内容を行う。


GKはこのコート内でトレーニング
514IMGP0012.jpg



③2人組パス


④ボールポゼッション
グランド半面。GK無し。ポールゴールを通せば得点。2セット。

514IMGP0011.jpg



⑤フィジカルトレーニング
514IMGP0015.jpg


珍しく、試合前日にフィジカルトレーニングを行う。

ミニハードル、ポールのコンビネーション。2人でどちらが早いかを競いながらの内容。

514IMGP0023.jpg



GKも行う
514IMGP0024.jpg



514IMGP0025.jpg



⑥非公開練習

514IMGP0026.jpg



514IMGP0028.jpg



いつも通り、非公開練習に入った。しかし、今日はいつもと違っていた。

写真を見て場わかる通り、非公開練習は円陣になり監督・コーチからの話しのみで終了。その後、ストレッチをして切り上げた。

通常であれば、セットプレー、戦術的練習を行うからこそ、非公開練習になる。が、今日は違っていた。

ここから読み取れることは、とにかく、もう戦術であったり、フィジカルの問題ではないということ。

問題は、

心理的なもの。気持ち。

試合に向け、どう精神的なコンディション、モチベーションを持っていくか、上げていくか、監督としてはそこをファンやマスコミのいない非公開の場で、グランドで語ったはず。

普通に考えれば、話しだけであれば、非公開の場でする理由もなければ、室内、試合前のミーティングで行えばよい。しかしながら、これまでそうやってきても同じ結果に終わってきたからだと予想される。

グランドで、実際に選手が闘う場であるピッチ上で監督自らその気持ち、モチベーションを示したのだと思う。

以上、約1時間程度の内容。


Comments

ならんはならんはさんへ

コメントありがとうございます。

“諦めない”気持ちは持っているのでしょうが、これだけ現実が続けば正直、そういう気持ちを維持することも難しいでしょう。

今は会見で選手や監督がコメントする建前発言が痛々しく思えますからね。まあ、あと2試合ですから、なんとか…

気持ちの問題

バルサ戦の後はすっかりみんなが消極的なコメントになっていたのが、とても気がかりでした。
あのカピタンでさえ実にマイナスな発言をしてましたから。
その中で、隊長の「諦めない」というインタは元気を貰えましたね。
みんながそんな気持ちを持って挑んで欲しいと思います。

  • [2005/05/15 20:27]
  • URL |
  • ならんはらんは
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/198-e8a1d433

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。