スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイマールの怪我の状態について 

今日のスーペルの表紙を見て、不安になっている方も多いと思われますので、スーペル内の情報を簡単にまとめます。

エスパニョール戦で出場回避をした理由は昨日お伝えした通り、恥骨部分の痛み。この恥骨炎には昨年から悩まされています。

ここにきて、その痛みがまた再発したようで、昨日市内総合病院にて検査をしたのですが、検査結果としてはいつも通り重度のものではないもの。

よって、スーペルも、

“どうしたものか??心配だ…”

という論調になるわけです。怪我の程度は軽いと言われているが、痛みは続きプレーに支障をきたす。これが続いているわけですから、何ともはっきりしない状態。

次節に出場云々はありませんでしたが、現状ではまだ微妙という状態でしょう。

つまり、ここから読み取れるアイマールの状態は、

“無理にやればプレー出来ないことはない。でも、痛みはある”

ということでしょう。恥骨炎については、中田英も自身で語っていましたが、少し無理をすればプレーは出来る。ただ、それを続けていれば完治はしない、痛みが続く、というもの。つまりはかなりやっかいなものです。シーズンが終わればしっかり休めますが、チームもこういう状況で、苦しい。ロペス監督としてもアイマールは必要。そうなれば、本人としても多少の無理は承知でプレーするしかないわけです。

これがこの怪我を引きずっている原因ともいえそうです。

一番良い方法としては、とにかく、

“休むこと”

でしょう。オフシーズン、クラブはアラブツアー、アジアツアーを検討中ですが、無理に参加をすればまた来季も怪我を引きずる形になります。ましてや、アルゼンチン代表もある。

残り2試合、どのような判断がなされるかはわかりませんが、ファンとして、バレンシアとして望むことはベストな状態でのプレー。別に無理をしてもらうことではないはずです。

とにかく、自身がこの怪我・自身の状態を一番わかっていることでしょうから、本人の意向を踏まえての判断を下してもらい、周りは静かに見守るしかなさそうです。

情報が入り次第、またお伝えはしますが、現状でははっきり明言できないものであるようです。


Comments

去年も

恥骨炎のまま、無理に来日しコンディションを整えられぬまま帰国しましたね。(まぁ契約上そうなっていたのでしょうけど)その二の舞はフロントも防いで欲しいものです。資金を稼ぐことも大切かと思いますが、選手を大事にして欲しいですね。

・・・・

スーペルを見て真っ暗になっていたので、情報本当にありがとうございます。スーペルって内容はNetに出ないので、不安が募ってしまって。

痛みがあるのは、辛いでしょうね・・・。来季は大事な一年なので、しっかり治してほしいです。それにしても、そんなに悪い状態なのに、練習はいつも通常メニューのようですが、それでいいものなんですか??とっても疑問です。

休め

休んで下さい。無理しても仕方ありません。気持ちよく走れないのなら本人もはがゆくなるだけです。
怪我人怪我人と言いますが、彼らは痛いんです。痛い思いをしてるんです。本人の立場に立ってみれば、痛いのを取ってほしいんです。何言ってんだか自分でもよくわかんないけど、とにかくちゃんと治してね。終わり

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/208-dc51e42f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。