スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火祭り… 

そう、何を隠そう、只今バレンシアは、“火祭り”真っ只中でございます。今日、19日が最終日、フィナーレなのです。



火祭りの模様は、以前紹介し、右のリンク先にある“Taitoのブログ”(=バレンシア留学日記)にお任せするとして、とにかく、市内はとんでもないことになってます。

よって、明日試合のある選手達も大変です。

毎晩、深夜1時から花火大会です。煩いです。寝れません…

毎朝、8時には家の前の通りで兄ちゃん達が爆竹30分近くならしてます。煩いです。寝れません… 部屋が振動で揺れます…

毎日、子供達が親に教えられて爆竹を投げてます。煩いです。耳鳴りします。

毎日、地元TV局は、火祭りを生中継とか言って、通常の番組編成を全て変更し、ひたすら火祭り流してます。正直、つまらないです。ただの行進3時間とか生中継されても面白くないです。

日増しに人が多くなって、市内は歩くことすら困難です。バスは勿論、地下鉄も通常ダイヤ通りに走りません。自転車すら普通に走れないので、徒歩にしてます。でも、人が多いです。街のどこにいっても人、人、人。爆竹、花火、爆竹…


こんなことなので、練習場にもなかなかの人が… 

クーペル監督時代は、この混乱を避けるため、合宿を張り火祭りから強制隔離されたらしいですが、ここは温厚なアントニオ監督、「選手とそのプロ精神を信頼する」といって通常通りの1週間。ただ、木曜日にメスタージャで非公開練習をやったのみ。

ルフェテは先日の会見で、「僕達のお祭りは、火祭りじゃなくて、ヘタフェに勝つこと。その後にお祝いしよう」と言ってました。何とも大人でスマートなルーフォらしいコメント。

既に慣れっこなカピタン・アルベルダも「火祭りだからってどうってことない。数年前もCL対アーセナルの大一番が火祭りの時だったし、別に悪い結果は残していない」とカピタンらしい落ち着きぶり。

騒々しくはありますが、しっかり明日の試合に集中して戦ってもらいたいもんです。

さて、今日のフィナーレは、ご存知の通り、人形を焼く大イベントがあります。熱いそうです。相当な人がいるそうです。

が、これくらいは見に行ってきます。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/21-365e0318

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。