スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表への違和感… 

日本代表の試合があるなんて知らなかったので、先程、ネットニュースで、

「ジーコ日本、ペルーに敗れる」

なんて記事を見て、あれっ??W杯予選??何の試合??ペルーってアジアだっけ??

とバカなことを思ってしまいました…(笑)

まあ、日本代表の試合から遠ざかり、はや1年になろうとしています。スペインにいては日本代表の試合など見れるはずもなく、当然、どんな戦いをしているのか、どういう布陣なのか全くわかりません。

ただ、海外から冷静に考えてみて、色々違和感を感じてしまうわけです。

一番大きな違和感は、

◆たかが練習試合なのになぜにそんなビッグニュースなんだ??

ということであります。まあ、代表メインの国ですから当然なのでしょうが、スペインに住んでいれば実に違和感がある。W杯予選ならばまだしも、キリンカップ(キリンチャレンジ??どっちだ??)なんて国際Aマッチってそんな大切だったっけな??と思っちゃうわけです。

W杯予選を控えるチームにとっては当然大切なことなのでしょうが、この結果、内容云々で代表がどうこうなることでもない。

ということで、こんなことも思います。

◆たかが練習試合の内容・結果で批判される選手・監督が可哀想

まあ、プロですから常にベストを尽くす、観に来てくれるファンに良い試合を提供しようとする精神は大切ですが、そんなもの常に出来るはずもない。

今はJリーグもあるようですが、そんな合間をぬっての代表戦ですから、当然疲れもあるでしょう。コンディションが最高ともいえないでしょう。要するに本番の試合、大切な試合で結果を出す為にトップコンディションに持っていけばいいわけなので、この試合で悪かろうが、良かろうが関係ないんじゃないの??とぶっちゃけ思ってしまいます。

ただ、試合を観てないからこんなこと言えるんだろうな、とも思います。結構酷い内容だったようなので…(笑)

ということで、当然、代表選手・監督への疑問もあります。

特に、ジーコ監督への疑問は、試合前の会見にて、

“W杯予選へはずみをつけたい”

という言葉を発していることから湧いてしまうわけです。

◆たかが練習試合で弾みなんてつくのか??

ということ。

ジーコさんは日本に長く住んでいるだけにすっかり思考回路も日本的になってしまったのか??と心配したくなるわけです。全くもって具体的な発言ではないわけです。

よく、サッカーでも野球でも部活なんかで言われてるのが、

負けていても「次の試合につながる試合をしろ」
負けは決まっていても「1点獲れば次につながるぞ!」

なんて言葉。
当然、そういう面もあるのかもしれません。でも、サッカーで5-0で負けていて1点獲ったからといって次に何がつながるのか不明だし、野球でコールドゲーム間近のチームがスクイズで1点返してもどう次につながるのか不明…

プロ野球なんかでも大敗して今日は負けだな、とほぼ確定しているチームに対し、プロの解説者が、「次のゲームの為にも1点返してもらいたいですね~」と無理やり言っちゃうわけです。まあ、「今日は駄目ですよ。このまま終わりです」なんて言ったらチャンネル変えられて視聴率下がっちゃうので無理やりプラスの材料を作ることが求められるんですが、全く根拠がないな~といつも思ってしまうわけです。

常に一生懸命であることは大切であるし、負けているからといって下を向く必要もない。ただ、諦めも大切だと思っています。

“あっ、今日は駄目だ。負け、負け”

とあっさり諦めてもいいんじゃないかな??と思っちゃうわけです。常に100%を出そうとして、常に一生懸命すぎて、逆に常に70%の力しか出せないことってよくあるんです。バレンシアが毎年ドブレテを達成することなんて不可能でしょうし、それを毎年求めるファンがいればおかしいわけです。「もう今季は駄目だな」とあっさり諦め、期待しないで応援する心も必要なわけです。常に張り詰めた100%を追い求めては早々に力尽きてしまいます。現にバレンシアファンはこういう現状です… 去年、毎試合スタジアムに行って応援しておきながら、「今季は酷いぞ。あんなの見る価値ないよ!映画行ってる方がましだ!」とはっきり諦めていらっしゃいます。それはそれで素晴らしいと私は思います。

まあ、常に全力を尽くすことは日本人の素晴らしい姿勢でもあり、美徳でもありますが、現実不可能… そんなこと可能な人間いたら神です。

また、こんな、たかが練習試合に勝ったくらいで弾みをつけられても困っちゃうわけです。所詮、練習試合ですから。W杯予選とは全てが違ってきちゃうわけですから。

それよりも重要なことは、この練習試合で何を試すのかというこの1点。“はずみをつけたい”という抽象的な発言ではなく、具体的にW杯予選を勝ち抜く為にどういった要素をチームに入れるのか、そしてそれをこの練習試合でどう試すのか、ということ。

練習試合なので、勝ち負け、内容はどうでもいい。そんなもの、気にしなくてもいいわけです。それよりも、この試合に向けての課題をしっかり作り、それがどう試合で消化され、それがどうだったのか、しっかり検証されるべき目的・指針を作るのが練習試合なはずです。

ただ、監督の試合前の会見を読む限り、その点が全く見えてこない。挙句の果てには、

“試合に入れば、(選手たちも)日本のために強いモチベーションで臨んでくれると思います。”

とおっしゃっております。いやいや、モチベーションなんて湧かない練習試合だからこそ、何をすべきか、何をチャレンジするのか明確にしなきゃ駄目なんじゃないのかな??と素直に疑問に思うわけです。

あと、これも日本がいかに恵まれた国であるかを示す指標になる発言だと思うのですが、同様にジーコ監督が、

“代表のスタメンは、代表の実績で考える”

という趣旨の発言をしたそうな。いや~、こんな発言出来るような幸せな代表監督なんていないですよ!!(苦笑)

◆実績でサッカー出来れば、メンツは永久に固定されちゃうぞ!

という疑問。

日本以外はどの国もそうだと思いますが、現在サッカーの代表監督なんてチームを作ろう、1から作ろうと思っても当然不可能なわけです。だからこそ、スペインでは“選ぶ人”という単語で代表監督を呼ぶのであって、あくまで良い選手、状態の良い選手をピックアップする人なのです。

そして、代表のやり方はそういった選手達がいつもクラブでやっているようなシステム、戦術をなるべく当てはめることが自然なわけです。

それが日本では、合宿やらがやたらにあって、代表のための時間が実に豊富。これに実績だけで選んでいたら、メンバーは常に行程されちゃうわけです。

スペインでこんなに代表合宿をやってしまえば、各クラブからの反発が猛烈になるんでしょう。「誰が選手の給料払ってるんだと思ってんだよ!」ってな具合で。

スペイン代表も明日、月曜にミーティングだけの召集があり、代表選手がマドリッド、バラハス空港にあるホテルで集合しますが、スーペルなんかでも、

「お金の無駄。たった数時間の為に代表選手を集めるなんて馬鹿らしい」

とばっさりなわけです。まあ、それも当然の感覚でしょう。マドリッド在籍の選手ならまだしも、その他の選手は移動を伴い、シーズンを終えていないのにそんな日帰りの移動をすれば疲れるだけでもありますから。

代表に選ばれる選手が常に実績で選ばれていれば、コンディションが悪くても選ばれることになる。そうなれば、当然、代表全体のチームコンディションも低下してしまう。

さっきから言っているように、代表なんてチームとして1から作れる時間はないわけです。だからこそ、その時点においてリーグで活躍している選手が選ばれ、その選手が出場することがそのまま代表の活躍へとつながるわけです。

当然、代表といえどもチームですから連携等は大切。なるべくやりなれたメンバーでやる方が良い面もありますが、コンディションが悪いのに出ても足を引っ張るだけです。

代表の実績で代表の座が決まってしまうのであれば、どうぞ、得点力不足のFWに釜本さんを入れてください、と言いたくもなるわけです。

まあ、いずれにせよ、日本代表の環境程恵まれた環境はないと思います。お金も時間もあり、たっぷりメディアで報道されるわけですから。酷い内容の練習試合でも多分、満員のスタジアムだったんでしょうし、特にブーイングもなかったんでしょう。

ただ、こういった代表主体のサッカーシステムがリーグ主体のシステムを追い越してしまっている限り、色んな意味での危険があります。

選手はリーグで活躍してこそ、実績を残してこそ、代表入り出来るのであって、一度代表に安泰になればリーグで活躍しようがしまいが関係なくなる。そうすれば、選手が代表メインで頑張ってしまうことになる。じゃあ、リーグがつまらなくなるし、雇用関係のバランスも崩れる。

“来週代表の試合があるから、今日のリーグの試合は怪我しないようにプレーしよう”

なんて思っちゃう代表選手がいたら、その国のサッカー終わりですしね…

ということで、私は帰国したら、代表よりもJリーグが観たいわけです。それはそれで楽しみなのです。代表はその積み重ね以外の何物でもないですからね。

そんな違和感を感じた日曜の朝でした…


Comments

名無しの高3です

俺は、
何で調子のいい人をつかわないんだろう!?
って思いました。今Jリーグの最小失点を誇る鹿島から守備的な選手が一人も選ばれずクラブでレギュラーをとれない宮本がスタメンであること、未だに今シーズンJリーグで得点王争いに加わってもいない玉田に鈴木、所属クラブで出場機会のない稲本が出場し、クラブで好調の阿部が選ばれないし大黒はラスト10分…小沢さんのおっしゃったとおり、クラブで活躍できない選手は代表で活躍できるわけがないと思います。
今の守備、攻撃を見てると、このメンバーでどんぐらいやってるんだ??って思うぐらい中途半端な気がします。
ジーコはおそらく自分たちが現役のころのセレソンのサッカーがやりたいようですが、あまりにも中盤に自由を与えすぎて中盤と前線の共通理解がないような気がしました。ジーコは指導者として、もう少し選手を導かなければならないんじゃないでしょうが??まだ“自由”を使いこなせるレベルのプレイヤーが少ない気がします。

生意気言ってすいませんでした。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/220-c9b20615

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。