スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オサスナ戦おこぼれ写真 

最終節、オサスナ戦のおこぼれ写真達…

今日はかなりありますよ~!


試合前、アップ中の選手達
529IMGP0011.jpg



試合前のスタジアム周辺。やはり、普段よりも人は少なかったですね…
529IMGP0012.jpg



街頭インタビュー。今季の総括をファンにも求めているのでしょうか?!
529IMGP0014.jpg



試合前、こんな横断幕が。これは、ウルトラスのYOMUSが出した横断幕。
529IMGP0015.jpg
「警察、マスコミ、ファンクラブよ、これがお前らの望んでいたものか?」

と出ていました。少し意味がわからないと思いますが、要するに、「だらしないぞ、バレンシア」と言いたいわけです。彼らは常にこういう政治的な行動を心がけ、自分達には直接非難がこないよう、うまくやっています。ATマドリッのウルトラスと違い、頭の良さはあるようです。また、後で彼らの言動をピックアップします。


コウモリ君も最後までご苦労様!
529IMGP0023.jpg



いつも通り、子供が集まり選手を待ちます。
529IMGP0024.01.jpg



選手入場
529IMGP0025.jpg



握手が終わり
529IMGP0026.jpg



子供達のもとへ向います。
529IMGP0028.01.jpg



はい、撮りましょうね~!
IMGP0029.01.jpg



アジャラ、アルベルダは子供を抱いてました。
IMGP0030.01.jpg



ほんと、ユニバラバラですね~(笑)
IMGP0031.01.jpg



伝説の用具係となりつつある、エスパニェータ
IMGP5892.01.jpg



選手が使ったボールを片付ける為に待ってます
IMGP0032.jpg



はい、お片づけ
IMGP0033.jpg



さて、再び、ウルトラスYOMUSへ
IMGP0034.jpg
この試合、応援せず。彼らなりのアピールだったようです。みんな座って静かに観戦。

全く理解出来ませんが、アンチレバンテのようでマジョルカの旗も。今季もメスタージャでレバンテ非難のコールをかけていました。当然、スタジアムからはブーイングです。個人的にはそんなコールかけてる暇あったら、バレンシアの応援まともにすれば?!と思っていつも観てます。


まあ、こんな感じで試合を観てました。
IMGP0035.jpg



この試合の主審は、CL決勝の笛を吹いた、メフト・ゴンサレス氏。スペインにもそんな審判がいたんですね~?!
IMGP0036.jpg



ハーフタイムのコウモリ君、大忙しです。
IMGP0037.01.jpg



さて、後半30分過ぎ、急にYOMUSの連中が応援開始!
IMGP0038.01.jpg
これまたかなり意図的なもの。というのも、チームが劣勢になり、オサスナに決定的なチャンスを作られ、それをしのいでいた場面での応援開始だったから。

この時間帯、スタンドのファンから会長やフロントのいるVIP席へ向けて強烈なブーイングもありました。

それを見計らったかのように応援開始。つまり、「俺らは苦しい時でも応援してるぞ」と言いたいわけです。アピールです。

言っておきますが、実は先週のバレンシアダービー後、メスタージャから帰る選手の前にこのウルトラスの連中が大挙して詰めかけ、選手が数分間、足止め喰らってます。ATマドリッの悪い例は見て彼らは学習しているので、平和的に終わっていますが、そういうプレッシャーを選手やチームにかけていたのです。

私はそんな背景を知っているので、こんな連中の小汚いデモンストレーションなど見せられてもバカらしいとしか思えない。スタンドで何を叫ぼうが自由ですし、彼らが集まって声を出すことによってスタンドが盛り上がることがあるのも事実。ただ、その背景にこういった陰のプレッシャーであったり、暴力的な側面があるのも事実。

こういった連中、ウルトラスを本当の意味で排除する為にはクラブ側の断固たる姿勢が問われるわけです。バルサはラポルタ会長になってウルトラスに無料チケットを配布することをやめました。


さて、珍しく試合中に撮った写真
IMGP0039.jpg



アイマールのゴール後、アルベルダも監督に近寄っています。
IMGP0041.jpg



ゴール後センターサークル付近に戻るアイマール、とルス。
IMGP0042.jpg



アイマールの背中が少し寂しげなのは気のせいでしょうか…
IMGP0043.jpg



私が今季アイマールを観ていて強く感じたのは、彼の技術よりも精神的な強さ。
IMGP0044.jpg
試合で手を抜いているような瞬間が一秒たりともない。勿論、練習でも。

また、悪質なファールを受け、文句を言っている姿を見たこともない。

そういうひたむきな姿勢、強い精神力は彼の技術以上に評価されるべきことであり、これだけ技術や華麗なプレーが目立てば見え難くなる部分。日本では“ファンタジスタ”で片付けられてしまいそうですが、その裏にある本当の姿、真実にも目を向けられるべきでしょう。

このサッカー界に“うまい”選手は多いけれど、本当の意味で“良い”選手はごく僅か。その差を今季1年を通しアイマールを見たことでわかった気がします。


さて、試合後、個人的に残念だったこと…
IMGP0047.jpg
アルベルダを先頭に、多くの選手がそのYOMUSにユニを放り投げていたこと。

純粋に、“この1年応援ありがとう”ということならいいですが、そうでないなら…と考えてしまいます。

何より、ビセンテやファビオのように暗い表情で下を向きながら近寄る姿に何か不気味なものを感じました…
IMGP0048.jpg



ダビッ、アイマールも含め、計5人。
IMGP0049.jpg



考えすぎはよくないですが、スタジアムからブーイングも出ていました。多分、私と同様のことを他のファンは考えていたはずです。
IMGP0050.jpg
当然、こういったことはマスコミでは取り上げないでしょう。

ただ、事実としてあります。それはお伝えしておきます。
IMGP0051.jpg



最後にちょっと笑える写真、、、破廉恥ダビッちゃん!!
IMGP0052.jpg
パンツまで…


ということで、恥ずかしくてダッシュで帰りました~(笑)
IMGP0053.jpg



ということで、試合のおこぼれ写真でしたm(__)m

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/247-a3748048

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。