スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指導現場復帰 

既に、サッカー指導の現場に立たせてもらっています。

高校生を相手に毎日格闘開始です。

やっぱり、現場に立つことは色んな意味で勉強になります。

あれだけ観てきたつもりでも、やっぱり実際に現場に立つと、また違った点で足りない部分や勉強不足を痛感…

ワールドユースの選手もそうですが、日本の高校生もみんなうまい。それは間違いない。でも、、、

何かメッセージを発せられるような、体で表現出来るような、自己主張がない。ほんと、みんな同じように見えてしまう。

バレンシアの下部組織にいるような選手、人間とはかなり違っているのです。

サッカーは知っているんでしょうし、技術もあるから出来ることもたくさんある。ポテンシャルもある。でも、決定的な何かが足りない…

今はまだそれがわかりません…

ただ、1つ言えることは、

“楽しそう”じゃない

これなんです。観ていて、「こいつらサッカー楽しんでるのかな?」って思っちゃうわけです。

やっぱり、躍動感のある選手、体からヒシヒシと伝わってくる選手って、「あ~楽しそうにプレーしているな~」って思います。それがない。。。

サッカーって能動的なスポーツなので、やっぱり自分から考え、動ける選手じゃないと良い選手にはなれない。そういう面では、まだ日本にそういう部分が足りない気がします。

何だか、今は頭の中も整理出来ていないのでうまく表現出来ていませんが、やっぱりスペインにいって、サッカーに接してきて、行く前とサッカーを捉える視点が少し変わっている自分がいます。少し幅広い考えになっている自分がいます。

まずは、自分が楽しみながら毎日格闘していきたいと思います。

Comments

楽しむことが大切

楽しみを持って接する。これって、何よりも大事なことだよね、やっぱり。
楽しんで指導しているコーチの姿は、選手にも伝わっていくと思いますよ♪
頑張れ!!

頑張ってくださいね

スペインで身に付けたメンタリティを受動的な「今時高校生」たちに植えつけてあげてください。もちろん楽しむことを忘れずに^^

ozawaさんはどのようにして現場に立つ機会を造っているのか興味津々です。 出来ればお教えしてもらいたいほどですね(心からの願い)。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/276-8adb2177

日本版ブックメーカー

                 ブックメーカーって知ってますか??あのイギリスで有名な、何でも賭けギャンブルにしてしまう会社なんですけど、それが日本でもオープンしたみたいで僕も、はまってしまいそうです(^o^)ホントになんでも賭け事にしてしまうもんだから、す

  • [2005/06/18 21:23]
  • URL |
  • ☆サッカークラブ☆ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。