スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本とスペインでの違い~技術面~ 

日本の高校生を指導していて、たまに、バレンシアやビジャレアルのユースの選手達と比較することがあった。

まあ、今僕が教えているようなチームの選手とビッグクラブの選手では確実に差があるんだけれど、あくまで一般論で考えた時面白い差もあるので紹介。まずは技術面での違い。

技術面

日本の選手はどちらかというと中学年代まで(いわゆる、“ゴールデンエイジ”と呼ばれる年代)までにしっかりと型を教えられている。

キック1つをとっても、例えばロングボールを蹴る際、大半の選手の蹴り方は似ている。つまり、型がある程度決まっている。

一方、スペインの選手ははっきりいってあまり型がない。(気がしていた)どちらかというと不器用に見える、かっこ悪く見える蹴り方をしていた。

日本の選手の蹴り方はキレイに見える。スペインの選手の蹴り方はきごちなく見える。

これって、よく大リーグの選手と日本の野球選手のバットの振り方やボールの投げ方なんかで出る比較と感じですね?!

スペインでのゴールデンエイジの指導方法はあまり見てこなかったので何ともいえないが、多分、あまり蹴り方、型は教えないんじゃないかと思う。それよりも蹴らすんじゃないかなと思う。その中で自分にあった蹴り方を身につけていくような気がしてならない。(あくまで推測です)

だから、ユース年代で2人1組で対面になってのキック練習なんてあまり見なかったし、流れの中で敵や味方がいるようなより試合に近い状況を設定してキックを磨いているように思える。裏を返せば、ユース年代で蹴り方なんて練習してたら駄目ってことかもしれない。(うちのチーム、、、)

一番違うキックの種類は、サイドキックだろうと思う。僕もそうだしたいていの人がそう教えられてきたけれど、体の正面で足を無理やり開いて押し出すように蹴るのがサイドキックだと思っていた。あまり足を振るようなキックは練習しなかったな~という印象。

ただ、スペイン代表の練習を見たときのチャビ・アロンソ、チャビのサイドキックは日本人的サイドキックと全く違った。思いっきり足を降っていた。つまりボールを体の正面で捉えるのではなく、足が降れるように体の軸の外にボールを置いていた。勿論、日本人がイメージするような蹴り方もする。ボールを正面で捉えるような蹴り方も特にチャビなんかはキレイなフォームで出来る。

が、足を降ってサイドキックをする。そうなるとどうなるか。

ダブルチャビのサイドキックは実にスピードが出る。そしてサイドキックとはあまりボールが浮かない蹴り方である。グランダー。つまり、ボールの軌道が山なりではなく直線的なため相手に届くまでの時間が短縮される。

スピードがありグランダーで時間短縮のパス。

つまりは、ハイレベルなプレッシャーがかかったゲームの中では最高のパスとなっているんです。

文字で説明するより映像を見てもらったほうが確実にわかりやすいが、文字にしてしまう僕のがんばりに3「へぇ~」くらい下さい。(笑)

でも、彼ら以上に僕がびっくらこいたのが、以前、バルセロナに住んでいた時にみた元バルセロナのグアルディオラのパス。あのカンプ・ノウで彼のパスを見た時は、小便ちびりそうなくらいびびった。(食事中の方、すみません)

なんでかって?ボールをインパクトする音が聞こえたから。「バツン!」って音が。で、地鳴りをあげてボールが這うように相手に届いていた。それを何事もなかったようにトラップしていたフィーゴやリバウドにも涎が垂れそうになったけど、やっぱりペップは凄かった。

あとは手の使い方。

サッカーするのに手なんか使わなくていいだろ!?って思われるかもしれないけれど、うまい選手はうまく手を使う。

ちなみに、アジャラさんの手の使い方はちょっと違います。プロレス的な使い方なので、良い子は真似しないで下さい。(爆)

例えば、先日のプレーオフでハットトリックの活躍を見せたルイス・ガルシアの3点目。あれはビセンテからのボールで決まりだけれど、実は、あのシーンをスローで見れもらえればわかるように、一瞬の隙をついて相手よりも前に出ているんだけれど、その際、うまく右手で相手の体をブロックしている。これが良い選手の良い手の使い方。ゴールして指をしゃぶる使い方は置いておいて、プレーの中でああやって使うのが有効利用。

「サッカーは手が使えないスポーツ」なんていわれるけど、それは真っ赤な嘘。ファールにならない、ハンドにならないなら思う存分使えば良い。

日本の子供は基本的に素直だし、指導者もまじめ。だから、ルールをルールの通り教え、それを鵜呑みにしてしまう子供達がいるのも事実。

だから、「手は使っちゃいけないんだな~」という意識で小さい時にあまり手を使う技術を習得していないんじゃないかな。例えば、コーナーキックではスペインなんて手を使って喧嘩状態。それは小さい子達の試合でもそう。引っ張り合い、押し合いの状態。そりゃ、それで勝つか負けるかが決まってしまう大事な勝負所だから当たり前。

でも、こういう技術は日本ではあまり教えないし、「汚いプレー」として見られがち。だって、ちょっと前、トルシエという監督がいた時は、代表の練習で相手を押す(ことを意識させる)トレーニングをしていたんですからね。

ミスタがうまい理由。FWがボールを受ける時って大半がゴールを背にして受けます。だって、一番前のポジションなんだし、自分より前でボールを持っている選手なんて理論的にはない。自分が先頭だからこそFWなんです。

よって、ポストプレーというものが要求されますが、その時もいかに手を使うか。

人間後ろに目はついてません。だから、自分の背後の景色なんて見えない。

でも、後ろに手を伸ばしてみれば目の代わりになるんです。

ミスタがポストプレーをする前の瞬間を観ていて下さい。必ず、後ろに手を伸ばして相手がいるかどうか確認します。

ちなみに、その手は相手をブロックすることにも使えます。

自分の手が相手に触れれば、「あっ敵が背後にいるな」と感じてポストプレーをします。

逆に相手に触れなければ、「あっ、まだ敵が来てないぞ」と感じてターンをしてゴール方向を向きます。

つまり、後ろに手を伸ばすことが後ろを見ることにつながっているわけですね。これがうまい選手の手の使い方。

勿論、首を振って後ろを確認することも場合によってはありますが、ミスタがプレーしているようなレベルの試合では、パスのスピードも速いし、そんな余裕もない。だから、手を使うのです。

だから、、、

「サッカーは手も使うし、その使い方が非常に重要」

なんです。そしてそれも技術です。
もっとあるのですが、比較してみると違いがあって面白いな~という印象。日本が駄目なわけでもないし、スペインが優れているわけでもない。型、フォームを見につけるというのはまずは基本。何でもそうです。基本の型があって自分なりの型を探せる。

ただ、スペインの方が技術をより自然に見につけている感じ。だから、自然と試合の中で技術が発揮出来る。

日本の選手は例えば、練習でキックを蹴らすとキレイなフォームで良いキックをする。

が、試合ではうまくいかない。キック練習のためのキックだから。試合で必要な技術としてのキックではないから。

とりえず、今日は技術という面からちょっと触れてみました。

Comments

どうも

あひるさん、コメントありがとうございます。相当サッカー知ってるな~。凄いですよ。

あなたのような人がしっかり観てくれているからこそ、アルビは着実に成長していっているんだろうし、サッカー文化が定着しているんだと思います。

ちなみに、アルビの監督さんは、バルサにコーチ留学されていましたが、僕がバルセロナに住んでいた際、色々と噂は聞きました。頭がいい方なので、語学習得は相当早かったようですね。ただ、その裏には… ちょっと言えないことも?!m(__)m


セガールさん、お久しぶりです。バレンシア行きますから~!ただ、もうちょっと待ってて下さい。今度、行くということは想像して下さいね。僕がどのくらいの決意で行くのかということを。

日本人辞めます…(嘘)

  • [2005/11/18 01:23]
  • URL |
  • いちろー(管理人)
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

お帰りなさい!また更新続けてくれるそうでよかったです。しかもまたバレンシアに行くと!練習風景の写真を見たりコラムを読んだりしていると、少しバレンシアに行った気分になれるのでうれしいです。
早速ですが「手の使い方」のコラム読ませてもらいました。サッカー素人の自分にもわかりやすくて面白かったです。こんどミスタのての使い方に注目してみますね!

  • [2005/11/17 19:14]
  • URL |
  • セガール
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

はじめまして。アルビサポのアヒルというものです。成る程~、面白い話がてんこもりでとても興味を惹かれます!


日本人選手で、インサイドキックの振りがコンパクトな選手がいるとしたら、それは多分ピクシーの影響が入ってるのではないでしょうか。ピクシーのインサイドキックは振りがコンパクト、というか足をただ単に上から下にただ単に下ろしているように見えるそうです。でもパススピードは速かったそうです。


以前は日本人選手のインサイドキックは振りが大きい傾向にあったそうですが、振りの小さい選手が居るとしたら、ピクシーの影響が入ってるのかも知れません。



首振りはトルシエ的なら、バックミラーですね。車庫入れに例えて、バックミラーと表現していたような・・・。
アルビの試合を見ていて思うのは、サイドから相手にクロスを入れられた時、ゴール前に人数がそろっていても、簡単にマークを外されてゴールを許すシーンがとても多いことです。


最近は若干改善されてきていますが、ベテラン選手でもボールサイドばかり見てあっさりマークを外されて、ボールばかり見ている間に自分の背中に回りこまれて、競るためにジャンプしたところを背後からジャンプした相手のFWに体をぶつけられ、バランスを崩され競り負け、ボールを落とされ押し込まれる、というシーンがあったりします。思わず、なんのために経験を買われて起用しているの? と怒りたくなります。
ベテランという名前だけで起用されることが多いけれど、実態はユースの選手より基本が出来てなかったりします。これじゃあ、ベテランとして無理に使う必要なんてあるのか? と。


若い選手でも、そもそもどこら辺に選手がいるか、というのをろくに確認せずに、湯浅さん言うところの「視線を盗まれる」シーンが非常に多いです。せめて近くに相手がいるかどうかくらいボールが来る前から、ピッチ上で起こってることを観察して確認しろ、頭に入れてろ、と言いたくなることが多いです。



アルビの実態を見続けているうちに、バックミラーは口をすっぱくして、しつこくコーチングした方がいいと言う感が強くなっています。ただ単に、首を振ればいい、ということではなくて、要するにピッチ上のことを「観察」しろ、ということですね。首を振って、俺はお前をちゃんと見ているからな、とけん制し、相手のスペースへの走りこみのプレーをある程度抑えてしまう駆け引きのスキルも存在しますね。でも、ミスタの手で後ろを探るようなプレーは日本人でも増えるいいですね。あとは競るとき、ちゃんとひじをうまく使ってほしいとか、肩甲骨あたりの筋肉をうまく使えとか色々思いますけど(肩甲骨付近の筋肉をトレーニングすることは、とても重要だそうです。サッカー以外の競技でも。)


それから、キックの練習で言えば、昔、マスコミ関係者で子供のコーチもやってた人が、子供に、キックの練習をやるときは、テニスや野球の素振りのように、徹底的に素振りをしろ! と教えていたそうです。
このキックの素振りの練習って、どれくらい効果があるのか俺にはよく解りません。スペインでは、子供に教える際、キックは素振りして覚えろ! とコーチングして練習させることはあるのでしょうか。相手ない、ボールなしでキックを素振りで練習させる・・・、ってどれくらい効果があるんだろうと。実際に効果があるのなら、練習をやってもいいのかも知れないですけれど。
駄文失礼いたしました。それでは撤退。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/292-fa9c6c86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。