スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島実業のスカウティングレポート 

高校サッカーの決勝の対戦が決まりました!

鹿児島実業(鹿児島) 対 野洲(滋賀)
そこで、野洲に特別加担するわけでもないですが、1つの例として、鹿実対策のスカウティングレポートを現場の人間として考えてみたいと思います。

勿論、テーマは、

「いかにして、鹿実に勝つか」 です。

まずは、鹿実のスターティングメンバーについて。

決勝では、エースの栫(かこい)が出場停止となる為、これまでのスタメンとは変更あり。

【予想スタメン】システム;3-5-2

GK    溝ノ上

DF    西岡

  赤井田   本城

MF    三代

永岩 赤尾 諏訪薗 豊満

FW  迫田  平田


という感じか。ただ、準決勝で前半に交代したDF赤井田は怪我の具合が心配されるが、代わりに入る猿渡も能力としては全く遜色なし。

さて、鹿実のチームとしてのポイントはこういった点。


〈攻撃の特徴〉

・個人技とスピードのある両サイド

・起点を作れるFWの動き出しの早さとポストプレーのうまさ

・キャプテン赤尾のゲームメイク(ボールを散らせる)


〈守備の特徴〉

・高いフィジカル能力を活かした1対1の強さ

・センター西岡のカバーリングと読みの良さ

・ボランチ三代の素早いチェック


〈チームとしての特徴〉

・豊富な運動量を活かした高い位置からのプレス

・前に対するパスが非常に多く、ボールより前に人がいる

・身体能力以上の運動能力を活かしたフィジカルの強さ


といった点。

こういった特徴は既に試合を観てもらったらおわかりの通り。「強いな」「基本技術が高いな」「スピードがあるな」といった印象や特徴は誰がみても明らかなので、より突っ込んで、その相手に対し、どう戦い、どう勝つか、それを考えていきます。

【戦い方のポイント】

◆コンパクトではなく敢えて間延びしたサッカーを展開する

◆いかに鹿実のプレスを逃れ、前線サイドのスペースにボールを入れられるか


の2点かな、と思っています。

“奇襲作戦”のように思われますが、相手のスタイルからすると、こういった戦い方がむしろ真っ向勝負をすることが可能になるポイントでもありそうです。

“間延びさせる”理由は、鹿実選手の前線と守備陣の配置関係。

見ての通り、3バックに1ボランチ的なフォーメーション。センターの西岡がリベロ的に余るような形にしている為、フラットなDFラインではない。よって、オフサイドトラップやラインを敷いてガンガン押し上げるような守備ではない。

逆に前線からはFWも含め常に3~4人でボールをチェイスし、コースを限定することなくボールを奪ってしまう。特に、三代の前に揃っている4枚のMF陣はフラットなラインを敷き、DFラインではなくMFラインでボールを奪ってしまう程の守備能力の高さ。

DF陣については、1対1の強さをいかして、相手のFWや攻撃の核となる選手をしっかりマークし、ボールを奪うという基本に忠実な守り方。

ただ、ボランチの三代が1ボランチ的に守って、その前に4人のMFがフラット気味に並んでいるので、押し込まれた際に守備の枚数が足りなくなることがある。

よって、一番重要なのが、いかに、鹿実がしかける前線からのプレスを逃れ、3バックの両サイドのスペースにボールを入れることが出来るか、という点。だからこそ、間延びさせることでチャンスが生まれる。

はっきりいって、鹿実の選手は誰もが前へのプレーに強い。ヘディングにしてもインターセプトにしても負けない。

なので、鹿実の選手の前にボールを入れること、つまりは相手の前でボールをつないだり回したりするとかなりの確立でボールを奪われてしまう。

良い例としては、今日の遠野のFWがボールが来ないことから、引いてボールをもらおうとしてしまい、ことごとくボールを奪われてしまっていたシーン。それよりも、我慢して、長いボールを自分の斜め前に入れてもらって起点を作れば面白かった。前半に何度かチャンスを作った時は、そのスペースを活かしてサイドからクロスを入れての攻撃だった。

ただ、こうやって言うのは簡単ですが、これを実行出来ないから鹿実は強いんですね~(笑)実際に、相手にまともにボールを蹴らす時間を与えないくらいプレスが早く、人数も揃えてしまう。それくらい、戦術的にもオーガナイズされた良いチームという証拠。

では、どうやってそのプレスをかいくぐり、ポイントとなる前線のサイドのスペースへボールを入れるかということだが、キーとなるのは鹿実選手のドリブルへの対応。

実際に、鹿実の前線、特にサイドの選手はドリブルが多い。技術もスピードもあるドリブルをするんだけれども、決して止められないとうものではない。また、サイドであれば人数をかけて対応出来る。

そのドリブルを引っ掛けて、ボールを奪った後にいかに素早くそのスペースを使うことが出来るかどうかがポイントになると思われる。

中盤のゲームメーカー、赤尾は、ダイレクトでシンプルにボールをさばくことができ、あまりドリブルでしかけてこないため、彼がボールを持ったらウェイトをして縦へのコースを消し、サイドを使わすようにする。そして、サイドにボールが入った段階で人数をかけボールを奪ってしまうことがボールを奪う方法論となるかもしれない。

とまあ、長々となってしまったのでこの辺でまとめますが、そういったキーとなるスペースにボールを入ることがまず重要で、次の段階としてはそこでボールを保持すること。

その次の段階として、サイドから高いボールではなく、低いボールやパスでシュートまで持っていくことが出来れば十分、得点チャンスはあるとみる。

高いクロスを放り込んでもあのヘディング能力の高さからして競り勝つのは至難の技。よって、出来ればタッチライン近くまで切り込みたいけれど、それも難しいだろうから、攻めて、低めのクロスやサイド・センター・サイドのワンツーなどで攻撃をしかけるべし。

決勝の相手となる野洲が勝つ為のポイントとしては、いかに鹿実の選手に戻りながら守備をさせるかどうか。

野洲の技術の高さからして、ボールを保持することは可能。ただ、鹿実選手の前でボールを保持していても何らチャンスは作れないことになる。実際に今日の多々良戦でもボールはキープしているけれど、相手の前でボールを持っているだけなので、崩せておらず、あまり得点チャンスはなかった。

決勝では、ドリブルで仕掛けたり、縦・スペースへのパスを使うことによって鹿実選手の体の向きを自陣にしたい。そうすれば、十分、勝機はあるでしょう。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/326-24f4d25c

鹿児島実と野洲が決勝進出!高校サッカー

第84回全国高校サッカー選手権は7日、準決勝の第1試合が東京・国立競技場で行われ

  • [2006/01/08 14:50]
  • URL |
  • 白浜スポーツチャンネル764 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。