スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審判の見方 

今日からキャンプインをしたプロ野球のニュースを見ていて思ったことがある。

プロ野球では、今季より二段モーション禁止のルールが導入され、投手のピッチングモーションが話題になっている。

そこで、「審判によって判断基準が違う」という批判が出ているようだが、審判側からすると、

「当たり前」という感じなのでは?!と思う。

人によって判断が分かれてしまうようなルールを作ること、ルールにすること自体に無理がありそうだが、人間が審判をやる上では、判断基準に多少のブレがあってもそれはそれで当然のこと。

だからこそ、人間の採点で勝敗が決まってしまうようなスポーツというのは非常に難しいし、見ている側にとっても時に「?」をつけたくなる勝負がある。

さて、サッカー審判というのも人間がするもの。だからこそ、その審判によって多少の判断基準のブレが生じる。

高いレベルの選手やチーム、監督になればなるほどその事実を把握していて、試合においてその基準を探るような行動をとる。

私も選手に言うことがあるけれども、試合開始直後、審判がどの時間帯、どのファールで笛を吹くかということに注目する必要がある。ユース年代の試合ではそうないが、最初に出されるイエローカードというものもかなり重要なポイント。

その試合での最初のファール・イエローカードの笛というものが、その試合における審判の判断基準となるからである。

だから、選手側からすると、その事実を把握して、今日の審判がどういう判断基準を持っているのか把握することがその日のプレーの選択肢を決めるベースになることにつながる。

例えば、試合開始直後に激しい接触プレーがあり、ファール気味のプレーがあったにも関わらず、それを流すようなシーンがあった時、

スマートな選手であれば、

「今日の主審は少し甘いな。

きつめにチェックにいっても多分、笛は吹かれないだろう。

逆に自分に対してきつめにこられてもファールはとってもらえないだろうから、安易に倒れてファールをもらうようなことはしない方がよさそうだ」

とこれくらいのことまで考える。

逆に開始直後のプレーできっちりファールをとるような審判であれば、

「今日はきつめにとる審判だな」

と先程と逆のことを考える。

勿論、審判の判断基準が試合直後のファーストジャッジで決まってしまうわけではなく、試合途中で変化することもある。

その試合の流れに沿って変わっていくので、選手側もそれを敏感に感じることが試合をうまく進めるためのキーポイントである。

わかり易い例で言うならば、サッカーを観戦したことのある人なら、こんなことに気付いたことはないだろうか?

“試合終盤、負けているチームに対して有利になるジャッジ”

勝っているチームが攻め込み、例えば、ペナルティエリア内で倒れることがあってもほとんどの場合、PKはとれらない。勿論、あからさまなファールを除いて。

これも、試合の状況による審判の判断基準の変化である。

審判としては、「負けているチームを応援する」気持ちではなくとも、無意識の心理状態からそのような笛を吹くことになる。

勝っているチームの選手が相手陣地のコーナー付近でボールキープをして、倒されたり、ボールが外に出たりしても、たいていの場合が負けているチームのボールになったりする。

つまりは、審判もやはり人間であるから、試合の状況にあわせて心理状態に変化が起こる。

それを敏感に感じ取ることが出来るかどうかも、良い選手の条件であると考える。

勿論、それはベンチにいる監督とて同じ。

その日の審判の行動や判断基準を正確につかみとり、どうベンチワークに活かすかを考えながら采配を振るう監督もいる。

ただ、プロになればリーグ戦などで吹いている審判はほぼ固定化されているし、国内の審判であればどんなジャッジをするのか予備知識がある。

このレベルになれば、試合前のミーティングで審判についてのデータや情報を選手に伝えているだろう。

そういうことを踏まえてサッカーを見ても面白いのではないか?!

スペインでは、試合前、よく審判のデータや情報などもメディアで取り上げられる。

以前、レッズサポーターの知人が「あの審判のジャッジはレッズに不利なのが多いんだよな~」などとぼやいていたことがあった。

“審判”という存在を単なる“審判”として見るのではなく、“人間”としてフォーカスすることによって、その試合の面白さもアップするはず。

そう、審判は単に試合のジャッジを下すロボットではなく、フィールドで選手と同じく試合をする“フィールドプレーヤー”なのだから。



banner_02.gif

さて、何位?現在の順位を確認↓↓

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/356-ff472425

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。