スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグ開幕前夜 

明日、3月4日よりJリーグが開幕します。

J1:18チーム
J2:13チーム

計31チームあるんですね、増えてきました。

■注目の甲府

Jリーグにも色々なチームが出てきていて、それぞれに特色があります。J1に昇格した甲府なんかは地域からの支援がかなりクローズアップされています。

99年にJ2に参入して3年連続で最下位。その後経営難にも陥り、クラブ存続の危機もありました。

それを乗り越えられたのは地域からの支援体制。“お金”以上のサポート体制でしょうか。

先日、TVでも報道されていましたが、

・クリーニング屋さんがチームのユニを無償でクリーニングする

・美容院が選手の髪を無料でカットする

・お風呂やさんが選手を無料で入れる

・飲食店が食事を差し入れ

・パンやが残パンを差し入れ

素晴らしいじゃないですか、大企業はなくとも知恵と愛情でしっかりチームをサポートする。それこそが本当の意味でのスポンサーなのかもしれません。クラブサポーターもかなりの数になっているそうな。

こうやって一緒に夢を見れる、共有出来るチームが身近にある、それこそがJリーグの百年構想の根幹です。


■地元、京都とサンガ

わが活動拠点である京都に話しを移すならば、京都パープルサンガも今季は昇格組みとしてJ1残留を目指し戦います。

不思議なことなんですが、京都という土地にはなかなかプロスポーツが根付かないんです。サンガも未だ悪戦苦闘。以前、地元のTV局であるKBS京都の番組で「京都という土地にはプロスポーツは根付かないのか」みたいな討論番組がありました。

ただ、私の周りもそうなのですが、京都人はあまり外に出て行かないんです。よく、「閉鎖的」、「裏表が激しい」と揶揄されるような気質にはそういった内輪で固まるという側面もあるのかもしれません。祇園じゃないけど、“一見さんお断り”的思想が。

ある意味、それは素晴らしいことでもあって、例えばサンガでいうなら、生え抜き選手を育ててその選手が活躍していけば、絶対に京都の人間は京都出身の地元選手を応援すると思うんです。

ラモスやカズといったビッグネームを呼び集めていた時代、結果を出せなかっただけでなくそういった気質を持つ京都の人間からサンガというチームが遠い存在でもありました。確かに京都には大手企業が多く、お金も簡単に集まります。

考えてみれば世界的な企業ばかりなんです。

京セラ、任天堂、ワコール、、、挙げればきりがない。

ただ、お金があって選手を集めてもそれで結果を出せるわけではないし、それでファンが集まるわけでもない。

その方針を変えたのが、現監督である柱谷幸一監督(柱谷兄弟のお兄さん)。彼は京都出身です。高校サッカーで昔一世を風靡した、京都商業(現、京都学園)出身の元日本代表経験者。

柱谷監督は、恐らく、スペインのビルバオをイメージしているはずです。彼が山形の監督時代、スペイン、ビルバオに視察に行っています。ビルバオの秘密が隠されたトレーニング施設“レサマ”を見学しています。ちょど、その当時、私もバルセロナに住んでおり、知人がその通訳としてビルバオに行っていましたので知っています。

そして、彼が下部組織の抜本改革をすべく動きました。

それまでの京都サンガの下部組織には決まった練習場もなく、公共のグランドを借りて練習していました。市内からかなりアクセスの悪い場所です。

そんな下部組織の現状をビデオに撮り、京セラ稲盛会長に直談判しにいったそうです。“育成”の重要性を訴えるために。

そんな紆余曲折があり、この4月からユースは大きく変わります。サンガが立命館大学の付属高校と提携し、ユース選手は全てその付属高校に学費・寮費免除で通う。

練習施設も学校近郊にユース専用の人工芝のフルコートを作ってもらい、そこで行う。サンガ側が負担する寮、グランドの運営費だけで年間5千万円なり。。。

ポイントとしては、いくらユースといえども、全員がプロになれるわけではない。ということで、プロの上がれなかった選手は立命館大学にエスカレートで進学出来るという(勿論、成績は関係するでしょうが)こと。

・プロ指導者からプロの施設でサッカーを教わり

・金銭的な免除があり

・プロが駄目でも進路がある程度保証されている

ということで、待遇面では格段の飛躍です。

ただし、下部選手の育成には時間がかかる。実際にこのシステムがうまくいって良い選手、日本を代表するような選手が出てくるには数年では無理でしょう。


■サッカーくじ、toto

さて、皆さんに突然質問です。

「totoやったことありますか??」

サッカーくじ toto

toto関連の本。totoで稼げるのか?!

私も実は数える程しかありませんが、やったことはあります。

今年から、mini totoという当然確率が1/243という新たなタイプが登場しました。

そこで、今日買ってみました。

mini toto


ただ、個人的な感想を言わせてもらえば、確かに、このmini totoは当たりやすい、ビギナーにとっても入りやすいサッカーくじなのですが、、、

一番の問題はtoto自体が非常にわかり難いこと。

正直、ある程度、サッカーに詳しい私でさえ、今日、このmini totoを買うのに苦労しました。いきなりは買えなかったので、シートを一度持ち帰り、出直して買いました(笑)

最初の写真で載せているように、今、totoには、

・全試合予想のノーマルtoto

・3試合、6チームの得点予想のtoto GOAL3

・5試合予想のmini toto

があるんです。それにシングル、マルチのシートがありますから、いざ購入する際、非常にわかり難い。慣れていれば別でしょうが、

「これからtotoやってみようかな~」

なんて感じで気軽に買おうと思っても無理でしょう…

それなら、宝くじのように何も考えなくても、数百円買えるくじや、ナンバーズの方がわかりやすい。

その辺がtoto低迷の原因でしょうね…

今年からは、コンビニでも買えて、試合当日まで買えるようになったそうです。それは進歩です。

でも、まだまだわかりにくさ、買いにくさ等々色んな問題が残っています。これまでは委託でやっていたのものを赤字がかさんでしまったので独立法人としてやるみたいですしね。

とにかく、年々totoの赤字累積は増えるばかり… こりゃやばいんです。

まあ、それは置いておいて、私自身、普段はギャンブルを一切やりませんが、totoだけはやります。

なぜか??

それは、totoの収益が、

「日本のスポーツのために使われる」

からです。そういう目的、理念があるからです。当たりたいですが、別に当たらなくてもそのお金がスポーツ振興に使われる。それで満足です。

芝のグランドが増えたり、身近に総合型のスポーツクラブが出来たり、良い選手にしっかりと強化費が下りて世界で活躍してくれたり、そういったことにつながるのであれば大歓迎。


サッカーは勿論ですが、Jリーグやtotoの発展によって日本のスポーツ文化がより発展してくれればいいですね。

まずは、明日の開幕戦、ガンバ対レッズでスタートです!

Animo,Jリーグ!!



banner_02.gif

記事はどうでしたか?面白かったらポチっと1票お願いしますね↓

Comments

mini toto早くも…

>カルボーニ年金さん

確かに、そうですね。その問題は、スポーツジャーナリストの二宮さんも口酸っぱく仰っています。

確かに、健全な目的でやるくじなので何ら問題ないと思うのですが…

スペインに戻ったら、Quiniera(スペインサッカーくじ)について少し調べてみたいと思います。勿論、一発狙いながら!(笑)

ちなみに、まさか愛媛が勝つとは思ってなかったので早くもmini toto外しました(泣)

  • [2006/03/05 10:55]
  • URL |
  • イチロー
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

totoの最大の問題は

18歳以下を締め出したことです。
世界中どこにも、totoが非行の原因になっている地域などありません。
これは、いわゆる文教族が幅を利かせてることが要因ですね。
分かりやすさなどもそうですが、最大の要因はそこ。
これを改善しない限り、残念ながら売り上げ増は永遠に見込めないと思います。

  • [2006/03/04 22:55]
  • URL |
  • カルボーニ年金
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Jリーグ!

いよいよJも開幕ですねー
心の底から見たいっす。見れないけど…
マリノス以外では、やはり甲府がどこまでやれるかと、
札幌が昇格できるのかが気になります。
今年も混戦の面白いタイトル争いになるといいですね。

totoは時々買っていました。
が、近くに売り場が無かったので、わざわざ買いに行くのが面倒くさかった…
その上常に自分のチームの勝ちにマークをつけてしまうので意味なし。

W杯イヤーだし、Jももっと盛り上がるといいですね

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/392-23cff864

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。