スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー起業 

なんて聞いたことがないかもしれない…

スペイン、バレンシアに行く今回のテーマは2つ。

・スペインサッカー協会公認ライセンス取得

・サッカー起業で成功

日本でほぼボランティアのように現場指導をしてみて色々なことを感じた。

「本当によくやってくれて感謝してる」なんてことは何度言われたことか…

でも、それは義務や責任が薄い(無いとは言わない)ほぼボランティアという指導者の現状を端的に示している言葉だと思う。悲しいかな…

私の中で「文化」の定義は、前にも少し述べたが、「それに対してお金を払う覚悟があるか」ということ。

「サッカー文化」が根付いたかどうかの判断基準は全く主観的ながらも、「サッカーに対してお金をかける覚悟があるかどうか」だと思っている。

本当に日本にサッカー文化が根付いていくためには、私のようなごく普通の人間(情熱しかない人間)がサッカーで生計を立てる必要があると思っている。

自分のため、日本のサッカーのために、それを自分自身のチャレンジによって証明してみたいと思っている。

“サッカービジネス”は頻度の高い言葉になりつつはあるけれど、“サッカー起業”はあまりというかほぼ聞いたことがない。

ということで、この言葉を拝借して、将来的に「サッカー起業
」と名の付く本をリリース出来るくらいまでやってみたい。

今の段階で日本でこのテーマを掲げてチャレンジすることも可能。周りの環境や自身の置かれる状況を分析したら長いスパンで考えた時にかなり高い確率でやれる自信はある。ただ、長いスパンがかかる。(何にしてもそうだが…)

でも、今はまずスペインでチャレンジしたい。その方がその後、日本でより幅をきかせることが出来るから。残念ながら、まだ日本ではネームバリューや箔がその人材を評価する基準であるから。サッカーのように評価基準がまだ明確でないものなら尚更である。

最近、プロフィールに「早大卒」と明記するようになったのもそんな理由から。そういうものをうまく使っていくためにも、今は色んなバリューを自分につけてみたい。そう思っている。



banner_02.gif

こちらをぽちっと押して下さい。応援宜しくお願いします↓

Comments

カルボーニ年金さんへ

いつもありがとうございます。勿論、不確定要素、不安もありますが、ある程度感触を得る段階までもってくることが出来ました。

ソシオの皆さんの支えは大きいですね。本当に感謝しております。

  • [2006/03/11 09:59]
  • URL |
  • イチロー
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

イチローさんが

そのパイオニアになれば、道を作れば、後に続く人の道標となり、大きな目標・精神的支えにもなるでしょう。
イチローさんご本人にそれがないのは、不安要素かもしれませんが、そこはソシオの支えどころかもしれません。
あ、でしゃばり過ぎですかね…。

  • [2006/03/11 07:43]
  • URL |
  • カルボーニ年金
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/400-782263f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。