スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー起業講座2~自分メディアの作り方~ 

これからの時代、別に個人レベルで巨大なメディアと太刀打ち出来ることも有り得ると思っている。

つまりは、“自分メディア”なるものが確立される時代。

個人的には、バレンシアに行って、それを確立しようと思っている。

例えば、読者の皆さんも名の通った新聞社、雑誌社、TV局などのネットコンテンツ内にあるサッカー情報をご覧になったことがあるとは思うが、基本的な姿勢としては“広く、浅く”が多い。

或は、著名人(選手やライター)にコラムや原稿を書いてもらってその記事をコンテンツにしている。

個人レベルで広く、浅くの勝負を挑んでも純粋なマンパワーや資金面で確実に負けるので勝負はしない。

勝負すべきは、ニッチな分野であってもいかに掘り下げることが出来るか。そして、掘り下げることによって興味を持ってくれた読者(ファン)をいかに自身のキーワードにつなげるか。

私の場合は、最終的に「バレンシア」を刻み込めればいいと思っている。

そういう意味では、現地から生の情報、通常のメディアには落ちてこない情報を情報としてではなくリアルな現状として伝えていけば確実に勝負出来る。というか、勝負をしなくてもよい。

私は一応、ライターとしての活動もしているが、はっきり言って、これからの時代誰でもライターになれるし、チャレンジ出来る。ブログを立ち上げれば立派にライター活動が出来る。

メディアの看板を背負ってないとライター活動が出来ないか?

まあ、まだまだ日本ではそういう面はあるが、少なくともスペインでは可能。「フリーランス」のライターの地位が確立されているから。尚且つ、スペインではネット社会の成熟度が低く、それ故に派生するチャンスが多い。(あやふやな表現だが…)


ここまで、抽象的な話しになったけれど、今既に私の中ではこのブログを使った様々な試みを考えている。

先日より、あるクラブチームのHP作りや組織編成などのアドバイザー的仕事をやらせてもらっている。

今日の時点でほぼHPは完成した。私が作ったというより、今後クラブスタッフがHPを継続して更新していけるように私はベースとなるテンプレートのみを作ったにすぎないが。

そこで今、こんな提案をしている。

クラブの代表;私の先輩
私;ライター
クラブ出身の選手;に野洲の優勝メンバーがいる

ということで、

「3人で座談会をしましょう」

それを私がコーディネイトし、ライターとして記事を作ることによって、

→そのクラブのHP内にOB紹介のページとして載せる

→当ブログのコンテンツとして載せる

2種類もの使い方が可能。そして、企画としてもつまらないものではない。

身の丈で出来ることによって面白いコンテンツを作り、自分メディアを作っていくことにつながる。

私の場合、現場で指導していて、全国的に有名なチームと試合をさせてもらうことがある。

それをうまく利用して、ライターとしてその指導者を取材させてもらい、ブログの記事として使うことも自分メディアの方向性にマッチする。

まあ、日本では色々なしがらみがあるから現状としては難しい面もあるけれど…


いずれにせよ、スペインで自分なりのメディアをこのブログを使って発信して構築していこうと思う。

ライターとしてやっていく上で別に既存のメディアに売り込んだり、所属したりする必要があるのかどうか、確認する意味でも。

チャレンジはこれから。期待してもらいたい。



banner_02.gif

キャッチコピーを変えただけで19位にランクアップ!言葉の持つ魔力は怖ろしい

Comments

隙間産業

というと変かもしれませんが、既存のフィールドで勝負するのは無策が過ぎるのでしょうね。
アイデア次第というのはしかし、口で言うのは簡単でも、やるのは勿論、容易ではありません。
故にイチローさんの頭の良さを感じるなァ。。。

  • [2006/03/17 18:07]
  • URL |
  • カルボーニ年金
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/408-e0053f6a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。