スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州スカウトの実情 

最近、日本のユース年代の現場でもこんなことを話すことがある。

「誰に見られているかわからないからね…」

色んな意味合いがあるけれど、我々現場の指導者の間で使う場合は、「誰が、どんな人間が見ているかわららない。つまりは、スカウト目的で見ている人間もいるかもしれない」ということ。

例えば、今ガンバ大阪の左サイドの象徴的選手になり、ワールドユースでも1人世界に通用するドリブルを魅せ強烈に世界にアピールした家長昭博

彼は、私のチームにも出身者が多数在籍している京都のある街クラブのメンバーとして小学校時に全国大会で大活躍し、その活躍がガンバスカウトの目に留まりガンバに引き抜かれた選手。

勿論、全国レベルの戦いになればスカウトの目が光っているのは当然かもしれないが、今の時代、そんな大舞台に行かなくともそういう目があるかもしれない、と思っている。

前にもお話したように、既にJの下部組織のようなクラブでなくとも普通の街クラブが選手の引き抜き・勧誘をしている時代であるから。

街クラブとて、結果を残さなければ選手が入団してこない。その為には良い選手が必要。となれば、良い選手を連れてくる必要性も出てくるわけである。

あまり突っ込んで聞いたことはないが、恐らく、そういった選手にはクラブの月謝が免除になるなどの特例があったりするのかもしれない。あくまでこれは個人的な推測ではあるが…

さて、一方欧州のスカウト事情はどうか。

雑誌の取材でビジャレアルのフロントスタッフから色々話しを聞いた際、やはり

「スペイン全土にスタッフ網を張り巡らしている」

という話しを聞いた。

「大金がかからない早い段階で良い人材を確保することがビジャレアルのようなビッグクラブではない中規模クラブの生き残りの方法だ」

と語ってくれたことがあった。

実際に、下部組織の寮に入っている多くの選手が親元から離れ、遠くはスペイン北部、ガリシア地方から来ている選手もいた。

欧州では、年々こういった若手選手の引き抜きが低年齢化しており、そういった方向性に懸念を示されることがあるが、あまり良い具体策がないのが現状ではないか。

バルセロナのメッシもアルゼンチンからスペインへ渡りわずか13歳でその才能を見込まれ入団している。バルセロナが彼の将来性を買い、メッシの持病の医療費や家族の生活までも保障して獲得したのは周知の事実である。

ただ、逆にバルセロナは前日フル代表デビューを果たしたセスクのような選手をアーセナルに青田刈りされているからこのあたりが選手の将来性の見極めの難しいところだろう。

スペインでそういったサッカー関係者に話しを聞くと、そういった状況を配慮して、

「あまり選手を低年齢のうちに外に出したくない」

という思惑も聞くことが出来る。

ビッグクラブでもなければ、あまり早い段階で下部の大会で活躍されてしまうとすぐにビッグクラブに買われてしまうというわけだ。せっかく手塩にかけて育てた選手をあまり移籍金のかからない低年齢の段階で持っていかれてしまうという状況になる。勿論、そんな選手がボンボン出てくるわけではないからそこまで危惧する状況ではないが…

日本という国は島国で言葉の壁もある為、欧州のビッグクラブに若手選手を青田刈りされるようなことはない。日本の選手を連れてくるくらいなら、言語やEU圏外の問題が発生しない国から選手を連れてくる方が色んな意味でのリスクとコストが減る。

ただ、既に欧州や恐らく南米でもそうであろうが、ワールドユースのような大会に本当に良い選手を送り込んでこない現状が出始めているような気がする。

要するに、そのような世界的な大会で活躍されるとすぐに欧州ビッグクラブの標的になり連れて行かれてしまうわけだ。

例えば、日本の家長や水野がワールドユースで輝きを見せたが、彼らがもし欧州や南米の選手であったならば、恐らく大会後、すぐに海外移籍していたのではないか。そんな気がする。

しかしながら、そういった現状が出始めている世界のユース大会において今後は日本の選手も注目を浴びることになるかもしれない。

プリンスリーグのようなユース最高レベルの戦いに世界のスカウトが集まるような現実が来るやもしれない。野洲の山本監督もそんな願望を述べていた。

勿論、そういった選手獲得の低年齢化は多くの問題も抱えるが、誰かに注目され、誰かに観られているという“注目を浴びる”こと自体は悪いことではないだろう。

本当に良い選手とはそういった“観られている”という事実、プレッシャーを重荷とするのではなく、“やりがい”とするのだから。



banner_02.gif

読んで頂きありがとうございます。出来ればこちらに投票願います↓

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/412-731304d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。