スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立命館大対びわこ成蹊大 

昨日、関西学生サッカー春季リーグ1部の試合を観戦してきました。

立命館大学 対 びわこ成蹊大学
大学サッカー、立命大対びわこ大3


大学サッカー、立命大対びわこ大1


結果は、0-0引き分け。内容は、イマイチ…

でしたが、所々目に付いたシーンを抽出してみました。勿論、良かったシーンです。

ユニフォーム
立命館;エンジ
びわこ成蹊;水色




〈解説〉
シーン1「ボールを奪われた後の守備」(立命館大)

・切り替えの早さ
・動きの連動性

の2点が良かった為、奪われた位置(相手ゾーン)近くですぐにボールを奪い返せています。それも1人が頑張ったのではなく連動して動いていた為にびわこ成蹊選手のプレーに選択肢が無くなっています。




シーン2「パスの精度とスピード」(びわこ成蹊大)

左足でのグランダーのパス。見てもらえればわかる通り、

・スピード
・角度(コース)
・タイミング

が一致した良いパスになっています。「精度の高いパス」と呼べるものですね。1つのパスでも良いパスであれば見応えがあります。




シーン3「パスコースとトラップ」(立命館大)

2人の連続したプレーがチャンスを生み出したシーン。

・パサーが左サイドをおとりによりゴールに近いパスコースを選択したこと
・シュートをするためのトラップ

この2点が良かったですね。相手右サイドバックも当然、左サイドの選手をケア出来るようにポジション修正していますから、そのスペースをうまく突いた良いパスでした。トラップもグッド!

PKにはなりませんでしたが、もう少し自然に倒れていたらPKの笛が吹かれていたかもしれません。個人的にはPKだとは思いましたが、少し倒れ方がオーバーすぎましたね。




シーン4「人とボールの動く攻撃」(びわこ成蹊大)

ワンタッチでリズミカルにパスがつながっています。その原因は、

・(複数の)人が動いていること(=スペースを作っている)
・ボールが動いていること

の2点。日本では“ムービングフットボール”と呼ばれプロの指導者でもこのサッカーを理想としている人が多いサッカーです。そんなサッカーがワンシーンではありますが、実現出来たのではないかな、と思います。

一番大事なのはパスの出し手、受け手、以外の3人目の動きですね。




シーン5「守備組織」(びわこ成蹊大)

前評判では優勝候補の立命館大に昨年入れ替え戦を経験したびわこ成蹊大が引き分けに持ち込んだという見方が出来たこの試合。びわこ大にとってはプラン通りと言えたのかもしれません。

その原因は、この試合での特に守備における組織と集中力でしょう。90分間しっかりと組織的に守備が構築されていました。

・人(相手)を捉える
・空いたスペースへのカバー

という守備の原点が連動性を持って達成されていました。尚且つ、

・味方選手との距離感

も良かった。距離感が近すぎても、遠すぎても守備組織としてはまずい。チャレンジ&カバーがスムーズに出来る距離感をチーム全体が共有して保っていたことが格上の立命館大の攻撃を封じ、逆にカウンターでチャンスを作ったこの試合の要因だったと言えそうです。



banner_02.gif

人気ブログランキングに参加中。果たして今日の順位は?

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/431-d2721302

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。