スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第37節 バレンシア×ATマドリッド 試合後のカルボーニの会見 

リーガエスパニョーラ 第37節 バレンシア×アトレティコ・マドリッド

試合後のアメデオ・カルボーニの会見の模様。



動画を観れない方の為に、こちらにもアップしております↓

字幕が見難くなっておりますので、以下にコメントを紹介しておきます。




-クラブ(バレンシアCF)にはスポーツ・ディレクター職か何かで残るでしょうか?

「まだわからない。まずはクラブや会長が考えることで両者共にはっきりしたものはない」

「でもこのクラブに残れればいいね」

「もし出て行くことになれば残念なことだね。誰だってこんな素晴らしいクラブで働きたいと思うはずだよ」


-97年にバレンシアに来た時、こういう状況(長年活躍し、多くのタイトルを獲得すること)になると思っていましたか?

「いいえ。そんなことは考えることも出来なかった」

「でも、時間が経つにつれ、この街やクラブのために何か大きな事を成し遂げたいと考えるようになった」

「というのも、このバレンシアではとても落ち着いてサッカーに集中することが出来たから」

「今のサッカー界ではそういう環境はなかなか無いと思う」

「この街では普通の生活が送れた。そういったことにとても感動したし、」

「(そんな街、ファンには)感謝してもしきれないし、良い言葉が見つからない。とても感動している」


-今日試合に出た際は、集中していましたか?それとも、「これが最後」ということでとにかく楽しもうとしていたのですか?

「『集中していた』という言葉は適切ではないかな」

「ピッチに入った時はまだアップ不足の状態だった」

「ピッチに入って最初に考えたのは、『試合終了までピッチに立てる』かどうかだった」

「アップ不足だったし、またあの素晴らしい雰囲気だからこそあるプレッシャーもあった」

「でも最後まで問題なく良い形で終われたと思う」


-最後にプレス(メディア)に対して

「皆さん、ありがとう。(来週にも)きっちり会見を開くから。また会おう」

「プレスの皆さんの振る舞いにも感謝している」

「常に誠実にオープンに扉は開いてきたから皆さんともいい関係がもてたと思う」

「これからもそういう関係を築こう。本当にありがとう」


produced by 小澤一郎(Ichiro Ozawa)@バレンシアサッカーライフ



banner_02.gif

当ブログ(メディア)に賛同される方はこちらに1票投票下さい↓

Comments

ありがとう

イチローさん
ダブルアップしてくれて嬉しいです。見られました!
うちのPCは持ち主に似て腰が重いので、こちらのブログを開くのも大変だけど、適時の動画配信はこの速い時代に欠かせませんね~
複雑な気持ちです。無理して欲しくないけど走り出したら止まれないですものね~

彼の中では

既に「腹は決まって」いるのでしょうか。
あまりにも晴れやかな表情が気になります。
全てを決めたような、サッパリした表情が。

  • [2006/05/08 14:05]
  • URL |
  • カルボーニ年金
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/464-6cf9f7d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。