スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CL予備戦に向かうオサスナというチーム 

8日、オサスナがチャンピオンズリーグ(CL)予備戦に向けてドイツに出発した。

ハンブルガー vs オサスナ

バレンシアももちろんながら、私はとにかくオサスナにも頑張ってもらいたい。何としてでもCL出場へ!

オサスナというチームは、スペイン北部にあるパンプローナという街にあるクラブだ。パンプローナといえば、日本でも有名な牛追い祭り(「サン・フェルミン」)が7月に行われる街である。

昨シーズンまでオサスナを4シーズン率いていたメキシコ人の名将ハビエル・アギーレ監督がアトレティコ・マドリーの監督に就任し、今シーズンからジガンダ監督が率いることになる。

さて、そのオサスナとハンブルガーの対戦、実に興味深いデータがある。

20万ユーロ(約2920万円) vs 1300万ユーロ(約18億9800万円)

この数字、実は、

「ここ3年間、オサスナ、ハンブルガーが選手補強で使った金額の合計」

である。

つまり、オサスナは、ここ3年間選手獲得のために約3000万円しか使っておらず、一方のハンブルガーは約19億円を使っている。

1300万ユーロという金額自体、それ程高いのものではない。

例えば、バレンシアCFがベンフィカのシマオ獲得のために費やすであろう移籍金は、1500万ユーロ。そういう意味では決してハンブルガーが贅沢な資金を使っているクラブではないことがおわかりいただけるだろう。

しかしながら、このオサスナの金額…

正直、笑ってしまいそうだった。ただ、逆に痛快で、とても興味深い。

通常、CLという欧州最大の大会に出場するためには各国リーグで上位に入ることが必要であり、必然的にお金をかけ良い選手をかき集めて結果を出すビッグクラブの出場が恒例である。

オサスナの場合、アギーレ監督の下、レンタル移籍で選手を獲得したり、移籍金なしの自由移籍での獲得で補強を敢行してきた。

いくら、スペインリーグ所属のチームとはいえ、この資金、クラブ予算でCL出場となればある意味快挙であろう。

マネーゲーム化するサッカー界にあって、なんとも素敵なシンデレラストーリーではないか。だからこそ、最大限の声援を送りたい。

一時、日本人選手の中村俊輔、小野伸二といった選手獲得の噂も流れたが、私はずっと「無理だろ?」と思っていた。なぜなら、Jリーグの上位チームの方がオサスナよりよっぽどお金を持っているから。日本人選手、ましてや代表クラスでそこそこ高い選手を獲得できる予算などオサスナにあろうはずもない。

今シーズン新たに獲得した選手も、ソルダード(←レアル・マドリー)、エクトル・フォント(←ビジャレアル)を筆頭にレンタル移籍、又は移籍金ゼロの選手ばかりだ。CL予備戦を戦うというのに、クラブは移籍金を一切払っていない現状だ。実に、痛快!

確かに、お金を出せば良い選手、ビッグネームの選手を獲得できる。ただ、それが「=勝利」につながるわけではない。

大金を出せば良い監督、実績のある監督を連れてこれる。ただ、それが「=結果」につながるわけではない。

「お金は重要なのは間違いないが、全てではない」

ということをオサスナは身をもって示してくれている。

そのオサスナの歴史的試合を観ようと、パンプローナからドイツへファンが1000人以上もつめかけるそうだ。なんと、4機もの飛行機がファンのためにチャーターされたそうだ。

また、現在、中国ツアーを終えたばかりのアトレティコ・マドリー監督のアギーレ氏もオサスナの応援をすべくドイツに駆けつけるそうだ。現在は敵将とはいえ、素敵なことではないか。彼が駆けつけることについて誰も文句はつけまい。

ジガンダ監督は、会見の席で、

「彼ら(=ハンブルガー)が有利であることに間違いない。ただ、試合はゼロからのスタートであり、何が起こるかわからない」

と述べている。確かに、戦前の予想ではハンブルガーが有利に立っているといえよう。

ただ、サッカーは選手の認知度、クラブ予算、過去の実績で決まるものではない。何が起こるかわからない。

だからこそ、サッカーは面白い。

だからこそ、人はサッカーに夢をみる。

だからこそ、人生には夢がある。

私はそう思っている。Animo,オサスナ!!



banner_02.gif

人気サッカーブログランキングに参加中。ご協力下さい↓

Comments

まさに

不憫+僻地+貧乏大好きなのでなので(自分がそうだからなんですけどね) まさにワタシ好みのチームではないですか!>オサスナ
去年ちょっといいな、と思ってたので今年はもっとちゃんと試合見てみようかな・・・今日も敵地で0-0で頑張ってきましたね。 周りの心配をよそに予選通過するかも? 
本選に行ってビッグクラブに泡を噴かせて欲しいです。それこそ「痛快!」

今日のバレンシアは・・・i-181

「裕福」と「充実」

一般家庭でも同じですけど、「裕福」って何なんでしょうね。
お金持ちは裕福な暮らしをするし、もちろんその権利もある。
一方で、庶民は豊かな生活に憧れる。
「興味がない」という人もある意味虚勢を張っているだけで、
本能としてどこかに憧れはあると思うんです。

でも「裕福」と「充実」は比例はしないのも確か。
(これをヒネクレだと捕らえられれば、話は終わりですが)
裕福な生活、イコール充実した生活とは限らないですよね。

だから世の中は面白いと思いますよ。
そうじゃなきゃ希望がない。

一方でお金持ちが庶民的経済観念を持っていれば
これほど強いこともないでしょう。

残念ながらというか、ありがたいことにというか
そんな賢者はそうそういないのが、人間の弱さでしょうか。

誰もが首を傾げたペレス会長。
でもそれに首を傾げられるのは、庶民だからかもしれません。

  • [2006/08/09 22:04]
  • URL |
  • カルボーニ年金
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

ハンブルガーxオサスナ

この試合、録画だけど放送あります。
ハンブルガーに高原はもう居ないのに
なんで!?って気もしますが。
バレンシア戦じゃないのが残念ですが
でも、イチローさんの記事を読んだら
試合見たくなりました。日本での
放送は日曜日ですが、楽しみに待ちたいと思います。 

ちなみにLIVEで放送があるカードは
ミランとリバプールの2試合。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/613-c5463488

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。