スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホアキン移籍問題の続報 

一部報道では、「1800万ユーロ+レゲイロ」のオファーでベティス側がホアキンの移籍を認める方向だとされているのが最新ニュース。

ただし、実際問題、現場の記者たちや色々な報道からニュースをおさらいすると事実はこういうことのよう。

・バレンシアからは確かにオファーがあった(ベティス側に)

・ただし、移籍金は1300万ユーロ(+レゲイロ)

・ホアキンが会見で「1500万ユーロ」と発言したのはもしかすると“ふっかけ”かもしれない

ただ、バレンシア側はベティスがホアキンの移籍を容認する方向であれば、1800万ユーロまで用意する構え。

よって、総合してこの問題を考えると、ホアキンのバレンシア移籍は確かに近くなっている模様。

昨夜、ベティスの幹部が集まりバレンシア側(カルボーニ)とコンタクトを取ったともされており、数日中に移籍が決まる可能性もある。

一方、現場サイド、ベティスのイルレタ監督は困ったもので、今日からカディスで始まる親善試合の大会にホアキンを召集はしたものの、まだ起用するかどうかは決めかねている模様。本日、18日カディスに向け移動したチームが移動のバスに乗る際は、ホアキンに対しベティスファンから相当なブーイングが出ていた。

ホアキン本人の思惑通りにバレンシアへの移籍が決まるのか、それともベティス側がホアキンの発言に怒り移籍の道を閉ざすのか、いずれにせよ近日中に何らかの動きがあるものとみられている。

個人的な意見としては、バレンシアとの契約があるにも関わらず、勝手に名前を持ち出され自身の進退問題を宙に浮かされているレゲイロに対してもう少し敬意を持つべきではないかと考えている。

少なくとも、ホアキン本人がレゲイロの名前を持ち出すのは間違いであろう。レゲイロはバレンシアと契約している選手であるので、ホアキン自身にとっては何ら関係ない。公式の場で、選手本人が他のクラブ所属の選手の契約を脅かすようなコメントは慎むべきだったのではないだろうか。



banner_02.gif

人気サッカーブログランキングに参加中。ご協力下さい↓

Comments

こういう発言をするなんて、本当にガッカリです。
自分が逆の立場だったら・・・なんて考えていないのでしょうね。是が非でも移籍したい!!そんな風に見えます。
移籍が実現したとして、クラブ内でうまくいくのでしょうか?
プロの選手として、自分の発言が与える影響をもっと考えてほしいですね・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/622-bd6a06c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。