スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルベルダ会見 

バレンシアCF スペイン代表 ダビド・アルベルダ会見(09/28)
【28日会見でのアルベルダ】


28日は、カピタン・アルベルダの会見

いつもながら、この人の会見はどこぞの監督かサッカー解説者ばりの聡明なコメントばかり。

アルベルダ会見の内容はこちらから↓

バルセロナ戦、ローマ戦を生で彼のプレーを上から観ていると、“頭脳”でやるサッカーというのがよく理解できてくる。

フィジカル、テクニックと決してこのレベルで“スーパー”ではない。

ただ、それを補うに余りある“頭脳”がある。

日本人も彼のプレー、戦術眼を参考にする必要がありそうですね。機会があればまたじっくり彼のプレーについて語りたいと思います。

他の選手、ボランチとの違いは、「つかみ所、ポイントを抑える能力」が優れていること。

バルセロナ戦
→無理にアタックにいかず、とにかく相手との距離を縮めパスコースを消すことに終止

ローマ戦
→トッティへの縦のコースを消しながら徐々に間合いを詰めてアタックにいく

実に見応えのあるプレーぶり。お見事、カピタン。

Comments

まさに

チームのハンドルにふさわしい
明晰な頭脳を持っているというのは
言葉の節々で分かりますよね。
もちろん、それを体現するプレー能力があってこそ、
なのはいうまでもありませんが、
こういう選手がピッチのど真ん中にいる
心強さこそが、バレンシア最大の強みです。
あらためてそう思いました。

  • [2006/09/30 08:13]
  • URL |
  • カルボーニ年金
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/672-5e999004

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。