スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レアル・マドリー戦 



動画の評価、ダウンロードはこちらから

試合の内容はスポーツナビ内のニュース記事にて書いておりますので、ここでは省きます。

レアルが“カペッロ式”サッカーでバレンシアに勝利

ということで、ここでは少し雑感。

【気になったディテール】

-マルチェナと…
審判のカンタレホが試合前、仲良さそうに話しこんでおりました。よく考えたら、ともにセビジャーノ(セビージャ出身)でしたね。

-ガビランと…
レアル・マドリーのデ・ラ・レッドも試合前に熱い抱擁。U-21のチームメイトでデ・ラ・レッドがガビランのけがの状態について詳しく聞いていた模様。

-経験からくる“落ち着き”
やはりこの日のメスタージャは上の動画でもあるように、嫌でもテンションの上がる試合。しかしながら、試合開始からレアル・マドリーの選手は誰一人として緊張したプレーぶりではなかった。やはり、そこは彼らの経験の成せる業なんでしょうね。

-パジャルド
経験という意味では、この日のパジャルド、非常に良かった。『スーペル・デポルテ』紙の翌日の採点では彼がバレンシアのMVPでした。ちなみに、スーペルってバレンシアしか選手の採点しません(笑)その彼がこの大一番で落ち着いたプレーができたのもやはりここ数試合、着実に“出場”という形で経験を積んでいるから。「こうやって選手って成長していくんだな~」という道筋が現実のものとして見えましたね。

-バラハとレアルのダブルボランチ
この対比がこの試合の内容を物語っておりました。バラハが中盤でサイドチェンジを使いながらボールを散らせるのに対し、レアルのディアラ、エメルソンは攻撃の組み立てとなるパスが出せない。あくまで彼らは、守備的な必殺仕事人。グティが不在の影響がもろに出た試合でした。

-ファン・ニステルローイ
試合中ずっと消えている彼をみて、「このチームでFWやってて面白いのかな?」と失礼な疑問を持ったのは私だけ?えらいな~、ニステルさんは。忍耐強い!

-カペッロ監督
試合中に指示を出す時は、しきりにラウルをベンチサイドまで呼んで指示を出してました。「監督→キャプテン→チーム」という構図をしっかり作って伝達指令する監督なんでしょうね。その辺はさすがだと思いましたよ。

ちなみに、カペッロさんらしい発言が試合後の会見の席でありました。

試合前日の会見では、グティ不在について聞かれ、「ラウルがその役割を果たすだろう」と言っておりましたが、試合後、記者から、「今日のラウルはグティの役割を果たせましたか?」と聞かれ、

「ラウルはFWで使った。グティとは役割が違う。グティのようなプレーはできない」

と発言… 思わず爆笑しちゃいましたよ…(笑)真顔でそんなことを言えるカペッロさんはやはり偉大なんでしょうね。。。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/707-8da164c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。