スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルベルダの契約延長問題 

少し題名が悪かったかな、、、と反省しておりますが、内容はアルベルダの正論を取り上げております。

バレンシアのアルベルダがフロント批判

さすがに、同情します、カピタンに。カピタンにSD(スポーツ・ディレクター)をやってもらってもいいかもしれません。

クラブ側から契約延長の話しを持ちかけながら、ここにきて「シーズン終了後までおあずけ」「お金がない」では話になりません…

ここ最近、バレンシアのゴタゴタばかりを取り上げるようで個人的には良い気持ちは当然しません。別に写真の件でクラブを妬んでいるわけではないですので…(苦笑)

監督が選手が落ち着いて練習に取り組めるよう非公開練習を2日入れて環境作りしたように、

クラブは現場が落ち着いて練習、試合に取り組めるよう努力する必要があります。ましてや、今の時期は大事な大事な2月。

意図的かどうかは別にしてこうも続々と問題が噴出すれば現場も落ち着いてサッカーに取り組めません。

アルベルダ自身も強調していますが、彼は別に「年俸上げろ」と言ってごねているわけではない。


キケ監督も選手もプロですから、「影響ない」「慣れっこだ」というコメントは出します。ただ、やはりこういう積み重ねが無駄なストレスにつながるのは間違いありません。

まあ、こういうゴタゴタはバレンシアに付き物なのかもしれないし、そうでないのかもしれない。ただし、やはり修正していかないといけない。いつもいつも同じ問題ばかり続けていてはいけない。

人が代れど組織としてしっかり体系化したものを残していく必要がある。

バレンシアの場合は、他のクラブと違い選手がダダをこねたり、ゴタゴタを起すのではなくクラブの内部がそういう種類の問題を引き起している。

確かにここはスペイン。

先日も役所に行けば、「1日、85人しか相手をしません」という張り紙があり、「9~14時まで」開いていると横に掲示しておきながら、12時20分で、「今日はもう85人の相手したから閉めます」と扉を閉められました。

扉の前の警備員は、「お前らが来るのが遅いから悪い!早い人間は明け方の3時4時から並んで整理券をもらっている」と捨て台詞。

そういう役所仕事はスペインの一般紙でも大きく問題視されて定期的に取り上げられてはいるものの、“改善”される気配なし。

もうちょっとうまいやり方があるでしょう?

朝3時4時から並ぶのが普通なのですか?たった数枚の登録用紙を提出するために?

笑い話しにできるかもしれないけれど、それに関わる人間にとってはとても笑っていられない問題。

バレンシアはまだまだビッグクラブではない。だからこそ、良い面もある。

でも、選手が日々トレーニングに励み選手としての質を高めようとしている以上、クラブもクラブとしての質を高めないといけません。

「まあ、スペインだから」「まあ、バレンシアだから」

そんな言葉は聞きたくないですよね。

月曜は朝6時くらいから並ぼうと思います。(泣)さすがに、3時は無理ですから…

Comments

何にしても

スポーツにしても政治にしても社会にしてもそうですが
諦めてしまえば、「~~だから」になってしまうんでしょうね。
ただし、外国人である日本人にそういうことを言われていることを
スペイン人はどう感じているのでしょうか。
国として「恥」を感じなくなったら、間違った方に開き直ったら…
日本ではそうあってほしくないものです。

  • [2007/02/04 22:58]
  • URL |
  • 高田ペ・ヨン・純次
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

そうなんです。チームの核とも言える重要な選手が次々にそういう問題に巻き込まれるのがたまらなイヤですね。
全員が練習や試合にちゃんと集中できるような環境にあってほしいです。
なにか思い切った改革などが必要でしょうか・・・?

アジャラ、カニサレス、アルベルダというのは私にとっては核のような存在であるわけですが・・・・
特に精神面において。
そういう選手になるには、それなりの時間がかかる。とても貴重な存在。
クラブにとってはそうではないのかな?



  • [2007/02/04 06:21]
  • URL |
  • ねこまっしぐら
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/768-a285f0ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。