スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルボーニの回答 

2月8日のバレンシアCFオフィシャルHPニュース
【2月8日のオフィシャルHPでのニュース記事】

↑バレンシアの地元TV局カナル・ノウに朝から生出演したカルボーニSD。オフィシャルHP上でばっちり紹介されておりました。

そして、「あー、やっぱりね…」

と落胆(笑)オフィシャルじゃ出せないことが多かったですものね…(苦笑)

↓これが9日に私がスポナビさんで出した記事

アジャラの移籍にバレンシアが回答

オフィシャルには載ってないことが私の記事には載ってます。

勿論、私が捏造したわけでも何でもなく、カルボーニがしっかり語っておりました。

「侮辱」という言葉を3回連呼しました。はっきりと。

「クラブが忘れていない」のではなくて、「彼(カルボーニSD)が忘れていないんだな」と私は確信しました。

まあ、フォローも入れてますが、内容は基本的に「アジャラが悪い」と言ってるようなもの。アジャラ側は「バレンシアが契約延長する意図がなかった」と言ってますから、どっちがどっちなんでしょう??

現地でも色々と報道や噂はありますし私も知ってます。ただ、どれが本当かわからないので下手なことは記事に出来ない。

例えば、夏の時点から、

「アジャラの代理人マスカルディ氏がビジャレアルと仮契約を結び、バレンシアが契約延長するならビジャレアルに対して300万ユーロ(=仮契約解除金)を払う必要があった」

なんて噂もありました。ファンの中でも「ほらね、だからビジャレアルなんだ」という声も出ている。

アジャラが年俸アップを大幅に要求したなんて事実はありません。彼は複数年にこだわっていたので、年俸は当初から頭になかったのは確か。

ビジャレアルでは180万ユーロの年俸と言われているのでバレンシアでもらっているとされる年俸(ベースは130万らしい)と大差はありません。バレンシアの場合、ベースからボーナス等で150万ユーロ程度まではもらえているのでしょうから。

結果的にマスカルディという代理人としては素晴らしい仕事ぶりを披露しました。

“3年という複数年、年俸もアップ”

アジャラの年齢から考えて3年契約はデカい!バレンシアが「医学的見地からも…」なんて言って膝の状態の悪さを示唆していましたが、ビジャレアルはメディカルチェックも行わずサイン。まあ、プレーぶりをみていれば誰もがわかることですから。

確かにカルボーニSDが言う「新しい哲学」も何となくわかります。インタビューさせてもらった時にも「スペイン人」「バレンシア人」を強調していましたから、地元ファンに愛されるような選手構成にしたいのは間違いない。レアルやバルサと違いお金で外からバンバンビッグネームを買えないだけに彼なりに「その哲学でいく」と決めて改革を進めているのでしょう。

ただ、そうは言っても助っ人がいないとタイトルや欧州の舞台で勝てるようなチームにならないのが今のサッカー。哲学には支持しますが、チーム作りややり方はとても支持できるものではありません。

多分、裏では色々あるんだと思います。以前のマルカのインタビューで選手の代理人との闘いを赤裸々に語っていましたから、代理人資格も持つ彼は、「選手の代理人にふっかけられてたまるか」とかこれまでバレンシアがやたらに選手の契約延長をバンバンやって論争を巻き起こしていたことを「変えよう」と思っていたのでしょう。

ただ、今出ている結果からは、経験不足を露呈していると言わざるを得ないでしょう。

2月9日のスーペル・デポルテ紙より
【9日のスーペル・デポルテ紙より】

↑物語ってますね、状況を…

8日の非公開練習時にスタンドで選手の様子をみていたキケに挨拶をしにいったカルボーニ。TVのニュース映像でもみましたが、とても居心地が悪そうでした。

こういう時期、状況の時は下手に色々喋るものじゃない。動くものじゃない。どっしり構えて外に出さないこと、出ないことが大事。我慢の時。話し合うべきはクラブ内だけにすればよい。

後手後手に回って余計なことを言い合うのが一番醜い。夏の騒動でも互いを罵倒して「醜いこと」(カルボーニSD談)がありました。だからこそ、昨年の夏の教訓を生かしてもらいたかったですね。

それが“改善”って呼ばれるものなのでしょう。

Comments

>こういう時期、状況の時は下手に色々喋るものじゃない。動くものじゃない。どっしり構えて外に出さないこと、出ないことが大事。我慢の時。話し合うべきはクラブ内だけにすればよい。
これ、すごく賛成です。もちろん何も知らないのは歯がゆいけれど、そういう意味ではないですよね。解る。
マスコミの格好の餌食になるだけだし、この前の記事を読んでいると日本のファンに特に深い深い傷を負わせている気がする。
色んな事を経験して人は成長するものだが、失うものに気付かなければ成長しない。全て教訓にしてこのクラブが良い方向に変わっていってほしいと心から思う。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/777-a6b8e554

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。