スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モウリーニョはキケの10倍 

チェルシーとの対戦で注目を浴びるのがモウリーニョ監督。

その年俸、推定1090万ユーロ(約17億1000万円)なり。

キケ監督の約10倍の年俸だそうな…

ファーガソン(マンU):600万ユーロ(約9億4200万円)

ベンゲル(アーセナル):450万ユーロ(約7億円)

カペッロ(レアル・マドリー)、ライカールト(バルセロナ):420万ユーロ(約6億6000万円)

世界トップクラスの監督もなかなか高給取りだこと。

セルタ戦でのレアル・マドリーの試合、サッカーを観ていると、「6億円稼ぐ監督になるのって案外簡単かも」と私は希望を持ちました。ありがとう、カペッロさん。やっぱり記者、ライターより監督ですかね!?


チェルシーの選手たちもこれまた凄い高給取りだこと。

トップは1000万ユーロ(約15億7000万円)のバラック。ロナウジーニョより良い年俸なんですねぇ… バレンシア戦でのプレーに期待しましょう。

ランパード:920万ユーロ
テリー:910万ユーロ

皆さん、バレンシアの高給取り選手たちの5倍です。

まあ、選手たちの年俸はいいとして、やはり見どころは年俸では10倍の差のある監督対決。

個人的に思うことは、この舞台にバレンシアを連れてくる仕事をやってのけた監督にこそ10倍の給料払うべきなんじゃないか、ということ。ソレール会長、聞いてますか?カルボーニSD、聞いてますか?

キケじゃないけど、ワクワクしますねこの対戦。

試合前から含めてこの2試合のキケをじっくり観察し、じっくりリポート出来る様に私もスタンバイします。

とはいえ、ロンドン行きは断念しました、残念…

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/823-f021083d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。