スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記者としての見方、ライターとしての書き方 

バレンシアが今シーズンのチャンピオンズリーグでベスト8まで残ってくれたお陰でバレンシアも日本のサッカーファンには少しは注目されたのでしょう。

ただ、チェルシーに敗れた今、日本メディアにどう扱われているのかは簡単に想像できますよね。

クラブ規模や選手のネームバリューからしてチェルシーの方が上ですし、バレンシアがもし勝っていたらとんでもないビッグサプライズだったのは間違いありません。だから、今の結果はごく普通のこととして受け止められているはずです。

チェルシーが見せた“弱者のサッカー”。

自分は今シーズンから本格的にバレンシアで記者、ライター活動をはじめたわけですが、色んなことを考えるんです。

例えば、杉山氏が書かれたような記事はすごくライター的な記事です面白い。客観的でやはりサッカーを観る目は鋭いと思います。いつも拝見していて凄く勉強になる。

ただし、バレンシアをいつも観ている記者の目からこの記事を見ると「?」マークを付けたくなることもあるんです。

第1戦後に書いたと思うんですが、バレンシアがチェルシーとの第1戦で一番嫌だった選手はカルーでした。前線で中途半端なポジション取りをされて凄く捉え難かった。

バレンシアの場合、組織がかなりしっかりしていて選手の戦術理解度も高く、その意識が統一されている。だから、ドログバ、シェフチェンコのように前線で張って純粋なFWの仕事をする選手は捉えやすいんです。インテルのズラタン、クレスポを抑えたのもそういった理由から。

逆に中途半端にセオリー破りなプレーやポジション取りをする選手にはバレンシアは滅法弱い。システマチックなバレンシア故にそのシステムバランスを崩すような選手がいてマークすることになると途端に弱点が出てしまう。

まさに、日本人のような応用のなさが時にありますが(笑)、国内リーグでいうと獲得を狙っているエスパニョールのルイス・ガルシアなんかつかみにくかった。彼とデ・ラ・ペーニャの2人でやられていたのはそういった理由から。

だからこそ、第2戦でモウリーニョ監督が純粋な4-4-2にしてきた時、スタメン表をみた時、「やった」と心の中で叫んでしまった(笑)。まあ、この試合に向けてエシアンが復帰してきたので彼をボランチに置きたかったのはわかりますが、多分キケ監督としてもカルーやジョー・コールをスタートから出されていたら凄く嫌だったはず。

なので、ぶっっちゃけて言うと、モウリーニョ監督の後半からの選手交代や采配が凄いとは思わないんです。負け惜しみではなく、純粋に2チームの状況や第1戦の内容、展開から考えるとチェルシーが前半から圧倒してもおかしくないと思っていたから。

ある意味、前半1-0でリードし、ロスタイムまで踏ん張ったバレンシアは凄いと思う。

現場で観ている人間からするとそれだけ両チームの差は感じたし、フットボリスタの原稿でも書きましたが怪我人不在の影響はかなりあった。

怪我人を嘆くのも負け惜しみではないんです。チェルシーとバレンシアではやはり25人のチームとしての質・層を見た時には全く違う。バレンシアはスタメンも含めて15人くらいまではCLタイトルを狙える選手が揃っているけれど、それ以降の選手はやはりスタメンと差がある。だからこそ、これだけ怪我人が出た時にバレンシアの力は本当にガクンと落ちてしまう。25人チェルシーばりの選手を揃えようと思ってもそれは無理。クラブ規模、年間予算があまりに違いますから。

私はキケ監督が試合後に「14人では…」と嘆いた瞬間、自然に頷いてしまいましたから(笑)。

近くで観ていたからこそ、本当にしんどい状況はよーくわかった。

だから、スポナビの東本さんのコラムにもちょっと「?」なんです。

賭けてもいい。盛んにわき上がったブーイングは、何としても敵をねじ伏せてみせるという意志をまるで感じさせなかったホームチームの方に向けられていたのだ。



コラム中に上記の内容がありましたが、残念ながら現場記者として言わせてもらうとメスタージャファンのブーイングは「情けないぞ、バレンシア」ではない。

本当のバレンシアの状態やチェルシーとの差をはっきりわかっているからこそ、何とか有利にしようとファンも必死で戦っていた、のが正解だと私は思っています。

このブログの読者の方も含めて日本のバレンシアファンで「今回のチェルシーには絶対勝てたよ!」って言う人いますか?(笑)

バレンシアの状況をよくわかって、長い目で今シーズンを観てきている人ならそれは絶対に思わないでしょうし、敗戦を受け止め、純粋に「よくやった」「チェルシー頑張って」と思っているのではないでしょうか?


日本では客観的にみるライターさんが多いのはこれまでもずっとお伝えしてきた通り。私も日本でサッカーの書き手として働いていく以上はそういったライターになって、バレンシアだけではないあちこちのサッカーや試合をみて仕事にしていく方がいいんでしょう。

でも、どうですかね?ここのブログをご覧頂いている皆さんにはもしかしたら伝わっていて、わかってもらえるかもしれないですけど、

書き手も参加者になる方法って新鮮じゃないですか?

例えば時に「バレンシア贔屓」「書き手としてのバランスがない」なんて揶揄されたころもありますが、そんなことは百も承知でだからこそ、面白いと感じてもらえる人がいるんじゃないかと思うわけです。

最近よくあることでとても嬉しいんですけど、

「イチローさんのブログやmixiコミュを拝見していていつの間にかバレンシアファンになりました」

というメッセージを頂くんです。嬉しい理由は「自分の記事でバレンシアファンが増えたこと」ではないんです。それよりも「参加している自分の記事をみて同じように参加くれる人が増えたこと」が嬉しい。

CLの試合は確かに世界最高レベルかもしれない。確かに非日常の空間、試合なのかもしれない。でも、参加しないで外から観ているより、参加した方が絶対に面白い。だから、私は永遠にサッカーは観るよりやるのが面白いと思うだろうし、だからこそ毎週木曜日のサッカー(スペイン人たちと)が一番楽しみ♪(今やメスタージャに行くより楽しみかも?贅沢でごめんなさい…)

例えば、僕はメスタージャでのチェルシー戦の前半、手がガタガタ震えてなかなかペンを取れずメモ出来なかった。(恥ずかしいですが…)自分にとってもこのような舞台を参加者として経験するのは初めて。まだまだひよこなのがよくわかりましたが、今振り返ると本当に良い経験をさせてもらった。

全くバレンシアにもチェルシーにも思い入れがなく単に仕事として試合観戦をし、戦術分析や試合の流れを観ているだけでは決して得られなかった経験だと思っています。

また、こんなことも最近よく言われるんです。

「ブログやmixiコミュなんかで記事(ニュース)を書いてもお金にならないのに…」

確かにその通りなんですよね。お金になったらいいな~、なんて思う時も正直ありましたが(苦笑)、今では全く思いません。

だって、オープンに誰にの目にも留まることで参加者が増えることって最終的には日本サッカーのためにほんの少し、ちょびっとだけだけど貢献できている可能性があると思うから。

最近は、日本サッカーだけじゃなくて本当にスペインサッカーやリーガのためにも頑張りたいな、と思うんです。だって、本当に日本にいながらバレンシアやリーガのことが好きな人ってたくさんいるんですもん。

例えば、「日本にいるのにバレンシアニスタ?」なんて疑問に思う人もいるかもしれませんが、絶対にいるんですよ。可能なんですよね。サッカーには国境も言語も人種も何も関係ありません。自分が生まれた街じゃなくても住んでいる街じゃなくてもバレンシアが好きって絶対あることなんですよね。

そういう参加者の皆さんのためにも記者的な仕事はたくさんしていきたい。まだまだ、記者歴1年の新人ですが、日本とバレンシアの両フィールドで思う存分暴れたいですね。

また、既に日本サッカーメディア界にいらっしゃるライターさんのビッグネームの後追いしても面白くないですから。やるなら新しいこと、新しい何かを求めていこうと思ってます。

いつも偉そうな口ばっかりたたいてますが、「とにかくまずは自分が参加者として楽しんでいることが一番!」と思いながら楽しんで生きて(働いて)いきます。

今後ともこのブログをはじめ、宜しくお願いしますm(__)m

Comments

おもしおかった

客観的&主観的・・・両方あっていいんじゃないすかね。
その文章の最初にスタンスがかいてあれば。
書き手は読み手を選べないですし、読み手の意見と異なると「?」を与えてしまいます。
かといって差し障り無い文章は面白くもないですし。
いつもヴァレンシアも客観的に書いてもらってたり、時に主観が出てるからこそ面白いかなと自分は感じます。

試合レポートなんかいつもTVが無くてもおもしれ~と思ってます。

ちなみにヴァレンシアも好きですが、自分はセビージャファンですハイ。

素晴らしいと思います

私は特にバレンシア好きではありませんが、スポナビでの小澤一郎さんの記事は信頼して読んでいます。(中田徹さんの記事も)
 
勿論バレンシアよりの記事だという印象はありますが、無垢な子供相手じゃないんですからリテラシーってものは、読み手にはある程度必要でしょう。小澤さんの記事は、ネットに多いツッコまれることを怖がった言い訳ばかりしてる迂回型の文章よりは当然興味深いし、自分の立ち位置をぼかす事で責任を回避し、批評性を失っている、多くのプロライターのものよりも確実に貴重なものです。
 
そもそも公平なメディアというものはどこにも存在しません。多様な意見を複数読んで、その中から妥当性のあるポジション、自分にとっての真実を探し当てるというのは、現代において当然な作業であり、リテラシーの基盤でしょう。

そこにあぐらをかいて傲慢になったり必要の無い中傷を生んだりすれば問題ですが。世界に目をやれば、もっとはっきりとした意見を表明してる記者、メディアはたくさんあります。本来バランスとは、一個人の中で取るバランスと、多様な意見の集合体全体によって取られるバランスがあります。バレンシアよりの報道もあれば、チェルシーよりの報道もある。一個人が双方に配慮した記事を書かなければいけないという意見は、世界的な基準に照らし合わせてみれば一種の抑圧として機能します。
 
これからもスポナビの記事楽しみにしています。

ご自身でも言われている通り、サポーターとして記事を書くということは、多角的に試合を捉えて伝えることができないということです。果たしてそういう記事は正確な情報を伝えることができるのでしょうか。参加者型としての情報発信は記者としての信頼を得るための作業を諦める、または捨てるという行為ではないでしょうか。そういう人が書いた「記事」は記事としての力を失います。公正さがなくなるということです。
「日本サッカーのため」という言葉もプロである以上、語るべきではないはずです。何故なら、そのような言葉を言うことで否応なく「日本サッカー」への媚が生じてしまうからです。本人がその意識がなければそれは、さらに深刻です。「日本サッカーのため」になるかどうかは、あなたの仕事の結果として判断されることで、口に出して言う必要のないことです。

初めまして 自分はチェルシーファンなんですが、今回のCL対戦をきっかけにブログ読ませてもらっていますv-9

さて書き手も参加者になる方法について私個人の意見ですが、「どの程度の影響力を持った媒介を通して読み手に伝えるか」が強く影響してくると思います。

例えば雑誌やテレビでのプロのライターや解説者の意見とゆうのは私たち素人にとっては大きな影響力を持っています。つまりその意見が普遍的なものだと思えてしまうんです。

一方、ブログやmixiでまったく同じ意見が述べられていたとしても、その意見が普遍的な見方として受け入れられる可能性は前者より幾分低いでしょう。つまり私たちでも普遍的ではなくその人個人の意見として前者より受け入れ易いとゆうことです。

先に述べたように、雑誌やテレビから流れてくる情報を人々は完全に信用し鵜呑みにしがちであり、個人から発信されていると思われるブログやmixiの意見は分別して取り込むことがし易いとゆう違いが重要でしょう。

それによって参加しないほうが誤解を与えにくいのか、参加したほうがよりコアな人に伝わり易いのかも違ってくると思いますから。

皆が客観的に見て、皆が客観的に書いたら面白くないですよね。それに、客観的に見るだけでは絶対見えないものとかあるのでしょうし。
そういうものが見える、イチローさんの記事、いいと思います。

チェルシーに勝てたかもしれない。
でも負けたとき、「よくやったよ、選手達もキケも」と素直に思えました。

私が今シーズンCLをみて思ったのはその試合だけをみて語る解説者さん、ライターさんのなんて多いこと!(特にバレンシアに関しては)
彼等の言うことってたしかな面もあるけれど、私のようなものには「?」って思うことだらけでした。

それはイチローさんがおっしゃるように私が「参加している」からなんでしょうね。イチローさんがブログやコミュでつたえてくださることや地元の新聞をみて私がもうすっかりバレンシアニスタとしてバレンシアの試合を見ているってことなんでしょう。

日本にいてもバレンシアニスタ!
何を言っているんだ?といわれてもかまいません。
もう最近開き直って「そうです、バレンシアニスタです!」って言っちゃってます。
それくらい彼等の魅了されてしまってます。
イチローさんが伝えてくださる数々の情報のおかげですよ。ありがとうございます。

これからも現地にいるからこそ伝えられることを大事したライターさんでいてください。たとえそれがバレンシアじゃなくなっても応援し続けますからね!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/842-61cffa7e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。