スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第32節 レクレアティーボ戦 

リーガ第32節 バレンシア対レクレアティーボ バレンシアの出場メンバー
【第32節 レクレアティーボ戦の出場メンバー】

マッチレポート(スポナビ内)

試合後のバレンシアのコメント

メディカルスタッフへの疑問


後半、ホアキンの得点によりすっきり2-0と勝ちましたが、勝ったからこそ先を見据えたくなる試合でした。レクレのマルセリーノ監督が語っていたように前半レクレにあった決定機が決まっていればラシン戦のようになる可能性もあったと思うので…。

注目が集まるレクレアティボのマルセリーノ監督

まあ、レクレはレクレらしいサッカーを披露してくれましたが、やはり役者はバレンシアが持っていた。

ビジャ、シルバ、ホアキンはさすが。

例えば、ホアキンなんかもミゲルがもう少し良い形でサポートしてあげたり、ボランチやFWがパスコースを作ってあげるともっと活きるようになると思うんですよね。この試合でも前半、3人に囲まれ1人で打開するしかない場面などもあったから。

今はホアキンの力、能力に頼ってホアキンにボールが到達しても全体が流れるように右サイドにシフトチェンジしていない現状。ボールの流れ、動きと一体化して選手のポジションが自然に流れていくと全体のポジションバランスが整い、複数のパスコースができ、ボールを失ったとしてもコンパクトな状態ですぐに守備に入れるのですが、やはりフィジカル的な弊害もあってかなかなかそれは実現しないですね。

1つのボールの動きに対して動きが単発なのは俯瞰的に見ていて気になる点です。良いチーム、モダンなチームはボールが1つ動けばピッチ上の11人がさーっと波を打つように動いていって綺麗なシルエットを描くもんですから…。

とはいえ、この試合では選手、チームのコンディションは向上していました。やはり週1ペースでの試合になると変わるものです。


この試合、何度かアルベルダが前線に飛び出すプレーを見せていましたが、やはり彼は守備的にどんと構えてこそ活きてくる選手。マルチェナにしてもパスのセンスはあるし、攻撃的な役割も果たすことはできるけれど、やはり彼の守備力を捨ててまでそういう仕事をすべきではないし、アンカー役が適任。

返す返すもボランチに攻撃的選手が1人欲しいですね…。

そこでボールを受けれて、攻撃を作れる選手がいればがらっとチームカラーが変わると思います。

先日の練習場、キケをスペイン人記者と一緒に囲んだ際、

「シルバをボランチで起用できないのか?」

なんて質問が他の記者から飛んだのですが、キケは、「ヘタフェ戦でやってみたけど、うまくいかなかったから…」と回答。まあ、個人的にもシルバをそこで使うならアイマールなんかも使っていたんだろうな、移籍することもなかっただろうな、と思うので妙に納得しました。

バレンシアらしい監督だと思うんですよね、その辺の思考回路が。

もし、バルセロナならシルバやアイマールを躊躇なくピボーテ起用したりすると思うんですが、ボール支配にこだわず、守備を第一に考えるバレンシアのようなチームを率いる監督であればやはり魅力的に映る以上にリスクがあることに弊害を感じるのでしょう。

セスクくらい当たりが強い選手なら起用できますが、やはりシルバは当たり負けするシーンが目立つ選手なのでそういったポジションで使うことはできない。

まあ、来シーズンはバラハ、エドゥがいてもう1人攻撃的MFを獲得するはずですからそんな心配やコンバートを考える必要はないんでしょうが、今シーズンの残り6試合もその軸、核なしで攻撃を考える必要があるので何か対策が欲しいですよね。

個人的に一番手っ取り早い対策はセットプレーだと思うんです。

残念ながらこの試合でも何回もセットプレーがあったんですが、どうも入りそうな気がしない。セットプレーなんて指導者からすると軽視しがちな練習ですが、裏を返せば、時間をかけてやればやるだけそれなりの効果があったりするもんです。

日本代表のトルシエとジーコの違いを思い出せばはっきりイメージしてもらえると思うんです。

今シーズンも試合前日の非公開練習で一応セットプレーはやってますが、それ程綿密にやってる感じじゃないんですよね。キケよりは代表のアラゴネスさんの方が丹念に反復させる印象です。アラゴネスの場合は、スローインからの組み立ても練習させてますからね、いつも。

今シーズン、コーナーやフリーキックから決めた点を他のシーズンと比較したらどうなんでしょうか?

機会があればデータを拾ってやってみたいもんですけど、アジャラ、アルビオルと高さのあるセンターバックが2枚上がっていきながら、彼らがあまり目だって競り勝っていない気がするのは私だけでしょうか?モレッティなんかも上がることありますが、ほとんど観ないですよね、彼の姿…(笑)アジャラ、アルビオルに隠れて伏兵的に使えば面白い駒になると思うんですが…

まあ、今度機会があればキケにセットプレーについての考え方なんかも聞いてみたいと思います。キケ、バレンシアのみならず、リーガ全体でセットプレーに対する自信や意気込みがどうも薄い気もするんですよね…?

フィジカルや高さの問題ではなく、単に練習しているか、時間をかけているかどうかの問題なのですが…。セットプレーで点を獲れる程、楽で大きいものはないですから。バレンシアにはリーガの他のチームに先駆けてセットプレーがきたら、「よっしゃ!」と全員が思えるくらいのチームになってもらいたいものです。

バルサなんて絶対に軽視してるでしょうし…(苦笑)


とはいえ、今一番の問題はキケも言っていたようにアウェーでの戦い方。なので、次節のデポルティボ戦が本当に正念場となるのでしょう。

今シーズン、いまだに逆転勝利というものがない先行逃げ切り型のバレンシア。それこそ、このレクレアティーボ戦のように畳み掛ける攻撃で2点を先に奪えるかどうかが焦点となりそうです。

もう優勝争う云々を語る位置でもないので、変なプレッシャーはないですから目の前の試合に集中できる良い位置なのかもしれません。ここから、6試合、ぶっちぎりで全勝する可能性も個人的にはある気がしています…。



4/30現在、755人が参加中。
mixi内、バレンシアサッカーライフ

Comments

セットプレーに関しては昨シーズンから感じていましたね。FK、CKを無駄にしすぎるなぁと。ビージャやシルバ(昨シーズンはアイマール)など精度のいいキッカーがいるのだからもう少し有効に使ってほしいですね。
逆転勝利。。。一応CLの初戦、オリンピアコス戦は逆転勝利なんですけどね、リーガではたしかにないですねぇ。というか、逆転したい時に切れるカードがほとんどいない状態ですよねぇ。申し訳ないけどウーゴ入れても。。。ってかんだし。
これからアングロやガビランを後半に入れられるともう少し違う形のチャンスも作れるかなぁ。
あと、デル・オルノ。まだまだ守備がバレンシアのレベルにはないように思いますが、攻撃的なセンスはさすがと思うこともあります。彼をうまく使いたいですねぇ。

ピボーテの補強はどうなっているんでしょう。
私はデ・ラ・ペーニャ、良いと思いますけどね。顔は別にして。(爆)
(モレッティを怪我させたときは「なんだ、コイツ!」と思いましたけど)

セットプレー

今季のマドリー、特にベッカム出場時を見ていると、セットプレーの大事さを感じますね。
まあベッカムという最高のキッカーがいるからかもしれまんせんが、カペッロの事ですから綿密に練習してそうです。

バレンシアは、どうもキッカー(特にビジャ)が適当に蹴っているような・・・

  • [2007/04/30 20:09]
  • URL |
  • ギャバン
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

ピボーテの補強どうなるんでしょうか・・
力的にはデラペニャでもいいのかもしれませんが年齢的にどうなのかと・・。
正直これからのチームを担っていけるような人材が欲しいところです。

やっとホアキン自分の力をだしてきたと思います!自分はずっとホアキンを応援してきたので嬉しいかぎりです。ネットでバレンシアの結果見てたんですけどなかなか活躍してなくて…雑誌では不調の文字ばかり【苦悩の日々が続くホアキン…】など…でも来シーズンはバレンシアをリーガ優勝!CL優勝!に導いて欲しいです。あと早く代表に復帰して不動のレギュラーとして定着してほしいです。まだユーロやW杯では苦い思い出しかないので最高のプレーで最高の結果をだして欲しいです!

  • [2007/04/30 13:44]
  • URL |
  • ホアキン最高
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/850-35eb8243

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。