スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペジェグリーノとの再会 

昨日(9日)、とうとう再会を果たしました!

このブログをなが~くご覧頂いている方ならわかってくれますよね!?この私の喜びを…(笑)

昨シーズンで現役を引退したペジェは現在バレンシアで生活しながらスペインサッカー協会の指導者ライセンスを取得中で、同時進行でバレンシアのカンテラ指導に携わっております。

下部のチームを率いているわけではなく、水曜と木曜週2回、朝9時から寮で生活するユース以下の選手を対象とした「特別レッスン(練習)」を受け持ち、個人能力を上げるというテーマに沿った指導をしています。

また、それ以外にも彼はバレンシア郊外にある街クラブのジュニアユース世代の指導者としてチームを指揮しているそうです。恐らく来週、取材がてら行くことに決めました。

昨日はユース選手6名が参加し、ほのぼのとした雰囲気の中でも締まった空気を作りながらしっかり1時間半練習が行われていました。

当然ながら、練習後、彼とサッカー談義にふけりましたよ。

いや~、驚きました!!!

選手時代もそのサッカー観、戦術眼はずば抜けていましたが、今は格段に進化していました。

はっきり言っておきます↓

「多分、この人、凄い監督、指導者になります」

これもはっきり断言できます↓

今シーズン、キケは勿論、リーガの監督の記者会見などを聞いて、頷く言葉・サッカー観にたくさん出くわしましたが、この日のペジェグリーノとの会話はリーガの監督が話すレベルの数段上をいっていました。

ちょっと次元が違いました…

やはり、彼のようなサッカー人と会話をし、サッカーについての深い洞察力をみているといかにアンテナを張って「吸収しよう」という姿勢・スタンスを持つことが大事か痛感します。これはサッカーに限ったことではないのでしょうね、人間の人生全てに通じることなんでしょう。

彼はこれまでアルゼンチン、リーガ、プレミアと3つの国、リーグでプレーし、本当に色々と吸収しているのが如実にわかるんですよね。

そして、これまた痛感したことはやっぱり“軸”がある。出来上がっているし、持っている。

逆にはっきりわかりました。スペイン代表が勝てない、日本代表が勝てない理由が。

勿論、たくさん要素はあるんだろうけど、スペインと日本で対照的な例を挙げるならば、

スペインの場合、

「軸はあるけどあまり吸収しようとして外の世界に目を向けない」

※例外のスペイン人:リバプールのベニテス監督

ペジェグリーニも言っていましたが、彼本当に勉強熱心でどの世界のサッカーに対しても精通しているそうです。あるバレンシアファンの話しではテネリフェの監督をやる前、ベニテス監督は日本サッカーも熱心にみていたということで、実際に日本に何ヶ月か滞在し、日本語を片言話せるとか!?(本当か?と疑いましたし、真偽はわかりませんが、知っている人がいたら教えて下さい)


日本の場合、

「吸収しようとしているものの軸がない」

外向き、吸収しようという向上心はいいのですが、軸がないから結局身につかずに外の情勢に左右され、揺さぶられるだけで終わってしまう。幹がやせ細っているのに無駄に枝葉をつけても木は折れてしまいますからね…

毎回言っているようにもう日本サッカーの方向性、日本人が目指していくべき道ってはっきりしていると思うんです。そして、海外サッカーの全てが良いのではないし、日本にも良い部分がたくさんある。スペイン、リーガなんかでいえば反面教師にすべきことが山ほどある。


アーセナルのベンゲル監督のインタビューを先日スペインのある雑誌で読みました。

彼、日本で本当に日本的なメソッド、方法論を学んで、吸収して帰ってますね。単に外国人監督として、「教えてやるよ」というスタンスではなく「良いものがあったら学んで盗んで帰ります」という姿勢を持っていたし実際そうしたというのが彼の言葉からはっきりわかりました。


だからこそ、軸があって吸収しようとしているペジェグリーニのようなサッカー人に会うと、スペインや日本の欠点が明確にみえてくる。本当に面白いくらいに。

彼、機会があれば色々と試合を観に行っているそうです。

CLのチェルシー対リバプール(準決勝第1戦)もスタンフォード・ブリッジまでわざわざ行ったそうです。

話しを聞いていたら、モウリーニョ監督とはバルセロナ時代に知り合っていたんですね。だから、まだコンタクトがあるらしいですよ。

プレミアで半年間やっていたからでしょうか?アジアのサッカーについても精通していましたよ。

リーガで日本人が活躍できない理由ってここにもあると私は思っているんです。

要するにスペイン人の中でアジアサッカーというのが既に閉鎖されてしまっているからこじあけるのには本当にスーパーな選手がスーパーな活躍をしなければ駄目。スペインという国レベルの話しまではしませんが、スペインサッカー、リーガの舞台は日本人、アジア人にとって実に「閉鎖的」な世界だと言えるでしょう。

私がスポナビさんに出したキケのインタ記事をご覧になった人は少し思いませんでした?

確かに日本人のレベルはリーガの助っ人選手として来るレベルにないかもしれないけれど、受け入れる土壌が足りないですよね。リーガトップクラスの監督でさえ、マンUのパク・チソンを日本人か韓国人かわかっていないのが現状ですから… キケを批判しているのではなく、キケでさえその程度の認知なんですから、本当に90%以上のスペイン人サッカー関係者がそうなんですよ。

逆にプレミアはここ数年よりオープンになり、サッカー発祥の地としての誇りを持ちながらも良いもの、良い選手は受け入れようと寛容になってきた。だからこそ、今中国人や韓国人が活躍できているんじゃないかと思うんです。そして、今年がはっきりプレミアの強さをみせた年になりましたね。

スペイン、リーガの舞台で活躍する外国人選手は本当にスーパーな欧州選手か、南米・アフリカ出身選手。そして後者の選手をスペインでは「出稼ぎ労働者」的にみているんじゃないかと思うわけです。つまりは、スペイン人があくまで上の立場なわけです。

勿論、自分たちのアイデンティティーを大切にし、軸を持つことは素晴らしいのですが、向上するために外に目を向け吸収することは絶対にこの時代必要なこと。

結局、スペイン代表や今年リーガのクラブがCLで活躍できなかった理由はその辺にありそうな気もしています。漠然としていることですが、案外「確かに…」と感じてくれる方もいるのではないでしょうか?

例えば、カペッロ監督がレアルにやってきて、「マドリーのサッカーに合わない監督」のみしか言われないでしょう!?せっかく外から何かを持って来てくれた人とコラボレートして新たな何かを創造していこうとする気が足りないよな~といつも思うのです。

「もうマドリーのサッカーとはこうあるべき」

と軸が出来上がりすぎて向上心がないんですよね。もったいないですよ。

ペジェグリーノとの再会でまたバレンシアで学ぶべきこと、吸収すべきことが増えた気がします。指導者の勉強も本格的に始めますよ。意欲が一層湧きました。

まだまだ「日本サッカーのために」やることはたくさんありそうです。でも、自分は同時に軸も固めつつあります。だいぶ手応えをつかみ始めてきました。

今後もこのブログを使いながら吸収したこと、軸として固めたことは皆さんにお伝えしていきます。また、ペジェさんからレクチャーしてもらうであろうサッカー論についても今後はたっぷり紹介していくことになると思います。ほんと、ベニテスさんが「俺のアシスタントとして残ってくれ」と頼んだのがわかりますよ。(最終的に現役続行を望んだペジェはアラベスに移籍)

Comments

初めてコメントさせていただきます。

「吸収しようとしているものの軸がない」

小澤さんの言葉とても頷く部分がありました。これはサッカーに限らず日本社会に通底する命題と思います。

政治しかりビジネスしかり。日本人の価値観そのものが軸がないんだと思います。

だからいい大人が恥ずかしいほどミーハーになったり、判断力がないのかと思うほど経営者クラスでもあっちへいったりこっちへ行ったりしてる。

スポーツはその国を移す鏡だと思いますが、まさにその通りですね。

今後、自分が勉強するときにも気をつけていきたいと思いました。

ペジェさんが!

嬉しいです!クラブのトップチームの監督はもちろん、いつかアルゼンチン代表の監督をやって欲しい……!

なつかしのペジェさん。

ラニエリが来なければもう少しバレンシアでプレーしてくれただろうに、と思ってましたが、でも、プレミアに行ったことも結局プラスになっていたんですね。

むかーし、foot!で幸谷氏がベニテス時代のバレンシアの話をしていた時に、ペジェさんはピッチ上の監督でベニテスがものすごく信頼を置いているということをちらりと言ってましたが、イチローさんの、ペジェさんレクチャーの紹介、楽しみにしてます!


「軸が出来上がりすぎて向上心がない」のか

あるいは強烈なプライドなのか、ただの傲慢か・・・
その辺って紙一重ですよね。
ベンゲルにしてもプライドは持っていたはずですし、
それでも、ベンゲル自身が変わろうとしなければ、
名古屋グランパスも変わらなかったでしょう。
柔軟性が必要な部分と、変えてはいけない根本的部分。
そこがしっかり認識できるのが良き指導者だとしたら
きっとペジェグリーノは、大監督になれそうな気がします。

  • [2007/05/11 07:20]
  • URL |
  • 高田ペ・ヨン・純次
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/864-032eea45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。