スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰って来たエドゥ 

15日、エドゥがブラジルからバレンシアに帰って来ました。

前半戦11月19日のセビージャ戦で右膝の十字じん帯断裂の重症を追ってからもう半年。

エドゥより3節(3週間)前のラシン戦で同じ怪我を負ったガビランはとっくの昔に復帰していることから、現地で密かに言われていたことは、

「エドゥってブラジルで何やってるの?」(疑惑のトーン)

その疑惑の目に拍車をかけたのが彼のバレンシア入りの遅れ。ここ1ヶ月近く、「来週エドゥが帰って来る」と言われながら常に「やっぱり来週だって」「やっぱりまた来週だって」と毎回期間延長されていました。

よって、クラブ側は彼の行動に堪忍袋の緒が切れている状態です。

また、エドゥは一度バレンシア入りしてリハビリ具合をドクターに報告した際、マスコミの前で「無理なダイエットがけが人続出の原因かもしれない」といった発言をしたことからチームドクターやフィジカルコーチの反感を買っております。その発言からして彼がバレンシアのチームドクターを信頼していないととるのが普通でしょうね。

16日にはパテルナ練習場に姿を現し、怪我の回復具合を報告するようですが、果たしてどうなることやら?!

本人は昨日、多くの報道陣に空港で囲まれた際、

「(明日)チームドクターと落ち着いて全てを評価するために話しをする。自分の状態は良いが、まずは話しをする必要がある」

とだけコメント。

エドゥのみならず今シーズンはレアル・マドリーのシシーニョも十字じん帯の怪我のリハビリを母国ブラジルで行っており、2人はサンパウロのメディカルスタッフの下でトレーニングをしていたはず。

ファビオ・アウレリオも確かブラジルでリハビリしてましたね。

クラブのメディコがOKを出してブラジルに帰していたのですからそれなりに状況・状態は管理しておくべきなのですが、少なからず現場の指導スタッフはエドゥのコンディションについて全く知らないようですよ…(いいのかそれで?)

あと、これも密かに言われていることなのですが、

「プレミアリーグのチームが選手を売る時には気を付けろ」

まあ、モリエンテス(リバプール)は別として、エドゥ(アーセナル)、デル・オルノ(チェルシー)は怪我でシーズンの大半を棒に振っていますからそんな憶測が出ても仕方ないですね…

色々と噂や憶測がありますが、エドゥ、しっかり回復して来シーズンはフルで活躍して下さい。

Comments

ただ、エドゥはフリーで出ていった選手なので関係ないですね。契約更新しないことが怪しいともいえますが、アーセナルは30歳ルールのせいもあり活躍した選手がフリーで出て行くことが多いです。ちなみにピレスもフリーです。

その前提は成立たないのでは?

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/870-b87afcb1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。