スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Quiquesta(キケスタ)」と「Carbonista(カルボニスタ)」 

先日、キケ監督がスナイデル獲得に疑問符を付けたのはご存知の通り。

昨日の会見でキケは、

「(スナイデルの件で)何か間違ったとしたら謝りたい」

と素直に謝罪。まあ、強気の彼らしく、

「自分はこれまで100回以上の会見を開いてきたし、(そのインタビューでの)たった5秒の間違いが何か問題を誘発するものになるとは思っていない」

と説明しておりました。確かに、キケの意図は別に「スナイデルなんて要らないよ」ではないし、「少なくともフロントが選手獲得の際、話しを持ちかけるのが筋だろ?」という疑問符でそれは正当です。

セビージャの練習なんかを(TVニュースなんかで)観ていても、フロントのモンチ氏はいつも練習場に姿をみせ、練習後にファンデ・ラモス監督と立ち話しをしております。多分、クラブハウス内でもじっくり話し合いしてるんでしょうね、移籍なんかの件では常に。

今更カルボーニSDとキケの仲が修復するとは思えませんが、少なくともカルボーニがプロとして仕事をしているならば移籍の件でキケに話しを持ちかけることぐらいはすべき。それがないからキケもスナイデルの一件でこの発言をしてしまった。

とはいえ、キケも謝っている通り、そんなことを公の場で話してしまうのは間違い。この発言でまたソレール会長やクラブ幹部の怒りを買っているのも事実。シーズン開幕から同じような件で問題や騒動を起しているのだから、少なくとも内部で話し合ったり公言せずに会長に相談すべきでした。

この一件だけを点でみればキケが間違ったと言えますが、大きな流れの中ではカルボーニも間違っております。

ということで、またもや「キケとカルボーニどっちが残る?どっちも残らない?」なんて話題が現地であふれ出している状況…

実は、現地でこんな言葉があります。

「Quiquesta(キケスタ)」=キケ擁護派

「Carbonista(カルボにスタ)」=カルボーニ擁護派

これを使っているのは現地のメディア、記者たち。

まあ、日本の皆さんにはお伝えしてもいいことだと思うので、ぶっちゃけますが、メディアによっても偏りがあります。

例えば、スポンサーでもあるカナル9・ラジオ9はどちらかというとカルボニスタ。彼らはクラブのスポンサーでもあり、クラブの機関メディア的な立場なので常にクラブ、会長に近い立場。つまりはフロントに近い立場。

下に挙げたインテルからのホアキンのオファーはラジオ9がリークしたもの。裏を返せば、フロントと精通しているので内部情報が取り易い立場にあります。

ASやLas Provinciasといった新聞はキケスタ。

ASなんて毎回カルボーニ批判のコラムが出ていますし、プロビンシアスの記者もキケと仲がよく常に練習後に対面で話しをしていてキケからもらったネタでニュースを作ることも多い。

自分がみていて上手くバランスを取っていると思われるのが『スーペル・デポルテ』。勿論、記者によって立場はあるのでしょうが、バレンシア唯一のスポーツ紙としてクラブもチームも立てなきゃいけない。

だから、ゴタゴタやマイナス要素は大嫌い。(じゃないと新聞が売れない)こっちのスポーツ紙は引いた視線でゴシップ記事を扱えるような立場を保っていませんから…

よって、スーペルの記者なんかは、

「キケもカルボーニも両方fuera(=クビ)の方がクラブのため」

なんてばっさり言ってたりします。(オフレコ気味にですが…)

マルカなんかは両方に冷ややかな目を持つ派。

マルカの記者なんかをみていていつも思うんですよね。

「面接でレアル・マドリー好きです」

と答えなきゃ採用されないのかな?って(笑)

バルセロナにいるマルカの記者なんてどうなんでしょうね?

自分が番記者として張り付いているクラブの悪口、マイナス記事ばっかり書こうと思って仕事しているのってどうなんでしょう?

自分なら絶対にそんな仕事はしたくないですけど…


話しがそれましたが、自分はどっち派なんてないし、お家騒動懲り懲り派。出来れば継続性を持たせる意味で2人共に続けてもらいたいですけどね…(無理だろうなぁ…)。

ソレール会長の判断次第ですが、毎度毎度振り出しに戻るような判断だけは避けてもらいたいですけど…。

まあ、一番はっきり思っていることは、

「あれ、ソレール会長になってからタイトル無しだよな?」

という疑問です…。

Comments

こちらには初めまして

ほんとに、この件に関してはイチローさんの仰るとおりキケには無駄にことを荒立てず会長に相談してほしかったです。シーズン終盤の集中したい時期でもありますし。

お家騒動こりごり派わたしもです。いつまで続くんだろうと今季ずっと思っていました。
ええと地元のファンはどんな感じなのでしょう。キケスタ、カルボニスタどちらが多いのでしょうか。その時期の戦績や移籍交渉の結果などにもよるのでしょうけれど……。

同じくフロントと現場で意見が食い違うチェルシーで、テリーははっきりと
「モウリーニョに続投してほしい」
「自分とランパードの契約を見直してほしい」
「この三人揃ってこれからもチェルシーでやっていきたい」
と発言していましたが、アルベルダってその辺どうなんだろう……というのも気になります。そういうことを云わない人なのか、云えない立場なのか、そもそもスペインがそういう土地柄じゃないのか、日本でニュースや雑誌を読んでいるだけではどうにも伝わらないので。
個人的な願望でなく主将としてチームとファンの要望を代弁するならこういう発言はしていいと思うんですが。

なんにせよ残り2戦終わってからでいいからフロントと現場できちんと話し合ってほしいですね、せっかくシルバやアルビオル、ビジャなど有望な若手が居るのにこのクラブ状態ではいつまでも引き留めてはおけないんじゃないかと心配です……。キリキリキリ(胃)。

長文失礼いたしました。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/880-0fdfdaa1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。