スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キケ監督がA・マドリーの監督に!? 

30日の『マルカ』紙は、バレンシアのキケ監督がA・マドリーに売り込みをかけたという内容を報じております。

恐らく、A・マドリーとも強いパイプを持つキケの代理人、ガルシア・キロン氏が絡んでいるのでしょう。

A・マドリーはUEFAカップ出場圏内を獲得できなかった場合、アギーレ監督解任とも噂されており、バレンシアでの続投を約束されていないキケ側が先手を打つ意味で動いたと推測できるものの、あまり真に受けない方がよさそうな情報であることも確か。

しかしまあ、バレンシアといい、A・マドリーといいクラブ内部がもう少ししっかり固まっていけばレアル、バルサを追う3番手としてしっかり追走できるクラブ、チームになると思うのですが…。

今シーズン、すっかり3番手の座を手に入れ、あわよくばレアル、バルサを出し抜いてリーガタイトルを獲ることもありうるセビージャ。

クラブが多額の借金を抱え危機的状況の中2002年に就任したデル・ニド会長は、28日記者団を集めてこんな発言。

「次節でセビージャは首位に立つ。レアルもバルサも次節でこける」

「ミランは運が悪かったな…(来季開幕前のUEFAスーパーカップで対戦)」

まあ、強気の発言が多い上に敵も多いですが、身内はがっちり信頼して守ってます。外からは「ごう慢」と言われも中は固めて着実に計画を実行してきた会長。

2002年のクラブ予算:1800万ユーロ
2007年のクラブ予算:6400万ユーロ

2002年の年間シート販売数:3万人
2007年の年間シート販売数:4万1000人

サンチェス・ピスファンスタジアムがこれ以上収容できないため、拡張工事に入る予定で6万人規模のスタジアムにする予定。

年間シートの購入待ちリストは約5000人。

デル・ニド会長曰く、「最も驚いた選手補強は?」

「マルティ」

03-04シーズンに移籍金なしでテネリフェから獲得したMF(ボランチ)について、「モンチは素晴らしい目を持っていた」とフロントのモンチ氏を絶賛。

今シーズン途中にはライカールト監督を指して、「セビージャに来てもセビージャBの監督だ。うちにはファンデ・ラモス監督がいるから」と発言しておりました…。(ライカールトもその後苦笑いでしたが…)

チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得し、来シーズンは念願のCL出場となりますが、デル・ニド会長は、

「来年は今より良いチームを抱えることになるだろう。ただ、誰もアンタッチャブルな存在はいない」

と発言。ダニ・アウベスも札束をチェルシーやバルサに積まれればあっさり売ってしまうことでしょう。


さて、そんなモンチ氏にバレンシアのソレール会長はオファーを出したとも言われておりますが、どうなることやら?!

セビージャで上手くいっているからといってバレンシアで成功するとは限りませんし、何よりモンチ氏はセビージャで年数をかけて構築してきたシステム、スタイル(=「継続性」)があるからこそ今のセビージャの土台を作れたとも言える。

もし本当にモンチ氏にオファーを出しているとすれば、自分はソレール会長のそういった点に不満を持っております。

「キケかカルボーニか?どちらか1人が残ることもあるし、2人が残ることもあるし、2人とも残らないこともある」

と以前の『ラス・プロビンシアス』インタビューで語った発言はいまだに現地で尾を引いております。

どういう判断が良いか、悪いか、非常に難しいところではありますが、少なくともクラブ内部からは「両方信頼している」と言っておけばシーズン中に周りが騒ぐことも少なくなるとは思うのですが…。

おっと、話がだいぶ変わってしまいました。

それにしても、キケ、A・マドリーに行くことになれば、またもやいばらの道ですよ。レアル・マドリーで選手経験、指導者経験があるだけにバレンシア以上に色々言われることもあるでしょう。

そうならないためにも、バレンシアで来季も頑張ってもらいましょう。

Comments

ストーリーとしては

これはこれで面白いかもしれませんね。
仮に実現した場合、
消せない過去と、キケ自身のメンタルタフネスの
どちらが上回るのか?
対外的には当然、バレンシア戦となれば話題に事欠かない。
それは、チャンピオンズの「クーペル・ダービー」ほどでは
ないかもしれませんが。。。
実現の可能性はともかく、単純に面白い話だと感じました。

  • [2007/05/31 23:40]
  • URL |
  • 高田ペ・ヨン・純次
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Quique, quedate!!!

バレンシアファンでキケスタの私ですが、これは全く驚きませんでした。キケがバレンシアの監督をやめさせられた場合、どこにいくか?と考えた時、私は「アトレティコがいいな」と思っていましたから。

まぁ現地の状況とかは全くわかっていないから言える事なのかもしれませんが。
今のアトレティに不足しているメンタル的な強さをキケなら回復できるかも、と思っているんです。
その場合バレンシアには誰が来るのかわかりませんがレクレの監督だったマウセリーノかラシンの監督のポルトガルならいいんじゃないですか?
また一からやり直し、ですけどね。
それを繰り返している限り大きな花は咲かないでしょう。バレンシアには。
(やっぱり会長ですね、クラブって)

たぶん、これはキケ側のバレンシアに対する揺さぶり的要素もある噂(真実)なのかもしれませんね。キケ自身はバレンシア残留を望んでいると思いますけ。
ここまでにしたチームでまたCLにリーガにチャレンジしたいと思っているはずだから。
とにかく残ってほしいです。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/884-c2fbdfa7

1970年代 1972年 アヤックス・アムステルダム|アヤックス 1973年 アヤックス 1974年 (実施せず) 1975年 ディナモ・キエフ 1976年 アンデルレヒト 1977年 リヴァプールFC|リヴァプール 1978年 アンデルレヒト 1979年 ノッティンガム・フォレスト 1980年代 1980年 バレンシ

  • [2007/07/20 23:51]
  • URL |
  • サッカーがすごい |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。