スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「単なる反則」。メッシのハンドゴール 

2007年6月10日『アス』紙に掲載されたバルセロナメッシのハンドシュートシーン
【10日のアス紙に掲載されたメッシのハンドシュートシーン】

バルセロナ対エスパニョール戦でのメッシのハンドゴールはご存知の通り。

10日の会見でメッシはそのゴールについて、

「サッカーの世界では起こること。勝ち点1を奪うことにしかつながらなかった」

とコメント。

予想通り、メディアは「神の手」と騒いでいるものの、「単なるハンド」であり本来であればイエローカードをもらって然るべきもの。

バルセロナのメッシ、マジョルカへのボーナス支給を肯定(スポナビ)

今朝のニュースで上のような内容を書いたが、本当はこういう文章も付けていた。以下、自分がこのニュースに付随させる形で書いていた文章。(ボーナス問題と混同するのを避けるため、ニュース記事内からは省いてある)

 (前略)とはいえ、クラブが他のクラブの選手に勝利ボーナスを支給するなどあってはならないことで、それは前節エスパニョル戦でメッシが決めたハンドゴールと同じ。マラドーナのゴールと比較され「神の手」などと言われることはリーガのみならずサッカー界にとって危険な兆候。10日の会見で、そのゴールについて「サッカーの世界では起こることだが、勝ち点1を奪うことにしかつながらなかった」とメッシ自身がハンドゴールを肯定しているのもおかしな点。第36節のレアル・マドリー対デポルティボ戦ではレアルのファン・ニステルローイがゴール前の競り合いでハンドをしたことからゴールにつながるシーンがあったが、試合後ファン・ニステルローイは「思わず手が出てしまった」と釈明していた。



私は例えバレンシアの選手であっても「単なるハンド」と言うだろう。駄目なものは駄目と言える姿勢は大事にしたい。

ちょっと横道にそれるが、本来はそういうプレーも出してはいけないことだろう。やってはいけないことだ。

「審判に見つからなかったから、ゴールになったからいい」

という問題ではない。

例えばスペインでは「審判のレベルが低い」と言われている。確かにそうなのかもしれない。

ただ、それをいいことに選手が審判の目を盗んで選手が「騙そう」としているのが今の現状だ。審判のレベルが低いと言われるのは決して審判だけでの問題ではない。

例えば、スペインの主審がCLのような舞台で笛を吹く時、特にプレミアリーグのチームの試合を担当すると良いレフェリングをすることが多い。決して偶然ではない。


メッシにしても、ファン・ニステルローイにしてもこれだけのものが懸かった試合で思わず手が出てしまうのは有り得ることで理解出来なくはない。

サッカー選手とて人間。時に犯してしまう反則はある。過ちはある。

ただ、メッシのコメントを聞く限り、そこに「やってしまった」という感覚はない。エスパニョルファンも含め、誰もが「あのハンドのお陰でバルセロナは勝ち点1が奪えた」とみているのではないだろうか?

「奇麗事を言っていたら勝てない」のも事実なのかもしれない。

1試合、1点で選手の人生もクラブの歴史も大きく変わってくる。

ただ、明らかにハンドで決めたゴールを肯定してもいいのだろうか?

残念ながら既にスペインメディアには純粋なフェアプレー精神に乗っ取った報道姿勢はない。

いかに新聞が売れるか、それが大事だから贔屓のチームに有利になるためにはエグいことだって目をつぶる。

今回のメッシのゴールが「神の手」と言われるのはそういう背景もある。メッシもメッシだが、メディアもメディアだ。

マドリー寄りのメディアとて揶揄するものの、最終的にバルサがこけてくれたのであまり指摘しない。「今となっては重要ではない」とはメッシの試合後の談話ながら、マドリー寄りの人間も同じ気持ちだったはず。また、ファン・ニステルローイの時には同じように「セイント・ハンド」と名付けて報道していた。

11日の『アス』紙のHP上でトップとなっていたニュースが、

「ドイツの『キッカー』誌がメッシのハンドのゴールを“サッカーに対する冒涜”と言っています」

というものだった。既に自分たちからそれが言えないから海外のメディアが指摘した言葉を出してくる。

正論やフェアプレー精神に乗っ取った姿勢を捨て、贔屓のチームにのめりこんだ報道をしているからこういった行為が起こった時に冷静な観点から報道できない。

多分、それはそれで自分のメディア、新聞が売れるからいいのかもしれない。

ただ、スペイン以外の多くの国、サッカーファンからスペインサッカーに対する興味が失われていくのも事実なのだろう。

そして、日本。

スポニチ記事

日刊スポーツ記事

悲しいかな、「神の手」が連呼されている。

海外サッカーから学ぶべきことはたくさんある。ただ、今回のような行為を真に受けて日本でも「神の手ゴール」と報道する必要はあるのだろうか?!それが日本サッカーにとってプラスなのだろうか?!

日本はサッカー後進国故にスペインメディアの報道を全て鵜呑みにする必要があるのだろうか?!

そうではないと思う。逆にマイナス。

メッシほどの選手がこういうプレーをやってしまうとちびっ子たちに悪影響があるに決まっている。ゴール前でハンドしても入ってしまえば、審判に見つかりさえしなければいいんだ、と思う子供はいないのだろうか?!

それを実際に試合でやれば得点になるよりイエローカードをもらう確率の方が高いはず。

確かに日本でもメッシはスーパースターであり、もうそれなりの地位がある。だから、マイナス部分にスポットライトを当てるよりプラスの面からみていく方がメディアにとっても都合はいい。

「メッシのゴールは単なるハンド」

と記事を書くより、

「メッシがマラドーナの再現、神の手ゴール」

と書く方がいいのかもしれない。新聞の見出しとしてはいいのかもしれないし、実際問題売れるのかもしれない。

でも、スター故に物言いが出来ないのならメディアなんて今後消滅してしまう。新聞なんて売れなくなってしまうだろう。

ドイツW杯でのジダンの頭突きにしても然り。

世界中の人間が「何で?」と思ったはず。

ジダンも人間。ミスを犯すことはある。だからこそ、その後にどういうリアクションを取るのか見届けることが必要。

でも、ジダンはマテラッツィに謝罪しなかった。謝罪しないから、色々な憶測が飛び交いメディアは一時マテラッツィを悪者にした。

今、メッシのゴールで審判が悪者になっている。確かに、彼らがハンドと判定できなかったのは誤審だろう。

でも、メッシがハンドをしなかったら?
ジダンが頭突きをしなかったら?

サッカーにはスター選手は必要。

ただ、スター選手も人間。完璧ではない。神ではない。

だからこそ、良い時、悪い時両面をみていく必要があるのではないだろうか?良い時には良い。悪い時には悪い、と言うことが必要なのではないだろうか?

「メッシ、それは単なるハンドです。反則です」と。

バレンシアサッカーライフは単にバレンシアを応援するためにやっているのではない。何度も言うが日本サッカーのために言うべきことは言う。学ぶべき点は学ぶ。

残念ながらメッシのハンドのゴールもその後の対応、姿勢も学ぶべき点はない。勿論、彼のサッカー選手としての質や能力に文句のつけようはない。でも、今回の一件については「神の手」などと馬鹿げたことを言わず、日本でサッカーをやっている少年には反面教師にしてもらいたい。

Comments

バルサにとって相手に同情なんて必要ないでしょう
というのも、もし、エスパニョールがハンドをすればバルサは無抵抗で終わったからだからです
僕らがなにげなく見てる試合でもそこはプロの選手がプレーをしていますいわば、聖域です!!
そこで、今のはハンドだから取り消してくれなんて甘ったれたことなんていったって第三者からは えらい の一言でおわります!!

勝ちたいという精神だけがあのゴールを神様が導き出したんじゃないでしょうか
マラドーナとのゴールなんて天と地の差があります

  • [2009/11/24 18:57]
  • URL |
  • アンドレ坊
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

いつのまにやらとんでもないことに・・・びっくりしましたがあえて改めて自分の意見を。

天才と凡庸というのはあくまで人の価値観の問題。天才というとルールとか規範とかいったものを度外視しているというイメージがつよいですが、必ずしもそうとは限りません。ラウールや中村俊輔だって才能豊かな選手ですがフェアプレーを常に心がけ、イエローカードをほとんどもらったことがありません(というかもらったことないんじゃ・・・)

残念ながら審判がすべてのプレーを的確にジャッジすることはできないでしょう。故に私は卑怯なプレーをしても認められればゴールになるといったのです。

すべての選手がきちんとフェアプレーを心がければ審判も試合をコントロールしやすくなるでしょう。天才とされるプレーヤーなら特に。頼むよメッシ(笑)

サッカーがビジネスとして確立している以上、楽しむのは難しいでしょう。ですがきちんとルールを守り、フェアプレーを心がければおのずと楽しくなるものだと思います。サッカーはルールがあってこそ楽しいものなのです。

ルールを遵守することは簡単にできるのにそれができない人間がいる。それこそが問題です。サッカーを愛する人たち全員が考えるべき問題です。

最後にみなさんが本当にサッカーのことを真剣に考え、真剣に議論しているのを拝見できて非常にうれしいです。これからもサッカーに情熱を注いでいきましょう!

がんばれメッシ!次に決めるときは手以外でね!

最低限のルールすら守れない選手が悪い

  • [2007/06/26 15:46]
  • URL |
  • 名前記入無し 
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

ゴールはゴール。審判が悪い。

  • [2007/06/23 09:13]
  • URL |
  • 名前記入無し 
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

just don't spoil other people's fun

サッカーとは何のためにするものか。
ルールを守るためではない、楽しむためにやるものです。
「フェアプレー」であろうとなかろうと、楽しければいいんですよ。
大きな目的を見失って副次的な些事に固執するのは愚かであり、
スーパースターに対する卑屈な嫉妬が伺えて醜くもあります。

ルールを遵守してサッカーすることなんて誰でもできる。
そんな低次元の意識を超越してしまうところに天才の偉大さはあるのであり、
凡庸な者はそれを自分と同じレベルに引き降ろして評価すべきではない。

あなたの論評を読んでいて
"Mediocrity knows nothing higher than itself."
というサー・アーサー・コナン・ドイルの言葉を思い出しました。
一度サッカーと言うものを忘れて、もっと大きな視点、
美学的・文化的見地から事象を捉えることに挑戦してみてはいかがでしょうか。

喧嘩をするつもりはない?そんなものは、こちらにもない。ただ、ここについてるコメントを見て、あなたが、自分の書いているものに疑問を感じないなら、おかしくはないですか?
メッシがそんなやつ?コレを見た人が誤解を招く恐れがあっても、それでいいということですね。議論をきちんと収束させられない文章で、個人を攻撃していることがどうも理解されていないようですね。コメントみなければ、スルーしていましたが、ついたコメントには責任はもたないということでいいですね?そこをきちんとしてほしかったのですが、今後訪れないようにします。ただ、メッシに限らず、選手個人にこの文章だけで、中傷されるいわれはないとは思いますがね。人の目につく以上、何書くのもありってことはないんじゃないでしょうか?

  • [2007/06/16 22:10]
  • URL |
  • 店主diego
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

薄っぺらい

きれいごと。それでしか無いです。

ども。
マスコミの在り方って自分は語れるレベルではないですが、スポーツに限らず一辺倒になりがちな風潮は良く無いかなぁと常々思います。
賛美する方もあれば、批判する方があれば良いと思うのですが・・・。

まして「偉そうに書くな」と言う上にコメントがありますが、書かない/スルーする事の方が良くないかと思います。
だって書かれた事によって僕らは知って考えて意見を言うと言う流れが生まれるわけですから。

自分はセビジスタなのでメッシの手もバン・ニステルローイの手も今振り返ると、しっぺをしたい気持ちもありますが、あと1試合、最終節、波乱万丈の今年のリーガを楽しみたいと思います。

PS:バレンシアにトレゼゲ来るんでしょうか??

喧嘩を吹っ掛ける訳ではないのですが、気になるので一言。
ファールもサッカーの一部なんですよね。それは『サッカーのルールの枠内の話』だから非難される謂れはないし、「フェアプレー」とか「綺麗事」とか、逆に「汚い」とか「卑怯」とかは全く関係ないです。むしろバスケットボールなんか観れば分かる事ですよね。上手いファールの仕方や貰い方がある事も、技術の一つです。それが出来ない方がダメなんです。むしろ日本に足りない事は、この辺の事、ファールを『単純に』悪い事と捉える視点ですね。

もちろん、何を以って「フェア」というかは人それぞれだと思うのですが、少なくとも、相手を「故意」に怪我させるような「悪質」なプレーやハンドは、『絶対的に』アウトですよ。ただ、「偶然」という事もありますから、その辺の見極めは確かに審判に要求されるとは思います。『子供達への影響』だとか、『教育』というと大袈裟なのですが、その辺の「自覚」は選手は持って然るべきだと思います。だって、サッカーやってるんでしょう、サッカー選手なんでしょう。それを履き違えてはいけない事も確かです。バルサが「フェアプレー」という事を言っている事も、ファールはするけれど、そういう「悪質」なものだとか「故意」なファールはしない、ぐらいです。

それから、審判も、様々な意味で「絶対」ではないです。審判がダメだとゲームが普通に壊れます。ただメッシのハンドに関しては、試合中に審判の方が微修正をしながらゲームをコントロールしているという話です。そのようにして「フェア」をなんとか確保しようとしている。メッシの件は話題が大きいのですが、どういう形にせよ試合中に微修正はします。なんでそれがファールなのか?、とかイエローを出すのか?、というプレーに関しても前に積み重なっていたりする事がある。そうやって出来るだけ「公平さ」を確保しようとしている点も見逃して欲しくはありませんね。審判だって機械ではなくて人間だから、ミスをすれば帳尻を合わせようとします。その辺の駆け引き、例えば選手vs審判の駆け引きも合わせて観ると、もう少しサッカーが奥深く見えるかもしれません(但し、本当にダメな審判も居るのですけれどね(苦笑))

はっきりいうが、5人抜きの後のシュスターのコメントはどうなる?彼の方が十二分に大人だろ?子供がどうのというなら、八百長でCLに出場したミラノはどうだ?偉そうに言うなら、そのあたりもしっかり書け。個人を攻撃する趣旨なら、受けてやるが、同じ京都の人間として恥ずかしい。スペインメディアのことを言える様な立場か?プロスポーツは教育とは別次元だ。教育になどというなら、金儲けしている教師はすべて悪影響をあたえるだろ。一面だけを切り取り、教育論をふりかざすやつらなど、ハンドを容認しているものと変わらない。自覚がない分そのほうが恐ろしいわ。誹謗いがいのなにものでもない。きちんと検証すべきだ。
サッカーのルール上、審判の判定が絶対であることすら判らんのなら、書くな。影響はむしろこういうところから出るんだ。

  • [2007/06/13 16:44]
  • URL |
  • 店主diego
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

メッシはマラドーナと比較されることを嫌がりますが、マラドーナと同じことをやっていれば誰だって比較しますよね。マラドーナの真似をしたかどうかは知りませんが、もうメッシドーナとかいう言葉は聞きたくありません。日本のメディアも神の手ゴールとか騒ぎたてないでほしいです。審判のレベルが低いとかいう話しがありましたが、それ以前にシュミレーションもらう選手のほうがレベル低いのかなと。楽しいサッカーをみせてください(-_-)

メッシがそういうコメントをしても私は否定も肯定もしない。メッシはその程度の考えしか持てない人間だということです。
フェアプレーは大事です。ですが卑怯なまねをしてゴールしてそれがみとめられればゴールになるのです。それがサッカーです。
ただメッシが今後相手プレイヤーに卑怯なプレーをされても何も言う資格はないでしょう。

マラドーナからアグエロ、メッシへ、そして子供達へ・・・。
スーパースターのやる事はこうやって悪い面も受け継がれてしまう事がある。それを伝説などともてはやしている限り。

メッシのハンドは勝つためにやった、たいしたことないみたいな感じがでててちょっとがっかりですね。
すたーだけに・・
大事なときなのでしょうがないで終わらないでほしいですね。
そう思うとプレミアはサッカー取り巻く環境はよさそうですもんね。

メッシのハンド・ゴールは、元とはいえバルサ・ファンの僕からも肯定できるものではありませんね。
手の使い方を間違っているというか、それをやったら単純にサッカーでなくなるでしょ、と思います(笑)。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/898-8d3dfcd2

今日の気になったニュース

とりあえず箇条書き。後で追記予定。○スペインリーグ、優勝決定戦は21時キックオフ○日本は第1シード サッカー北京五輪最終予選○アンリがバルセロナとの契約に合意か○BIGキャリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。