スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スナイデル、トレゼゲ断念へ 

カルボーニSD解任となったことでスナイデル、トレゼゲの獲得は断念となりそう。

スナイデルについてはバレンシアが既にアヤックスに対して移籍断念ともとれるFAXを送信済み。アヤックスは1500万ユーロ(約24億7500万円)以上のオファーでなければ交渉に応じない構えをみせており、バレンシアは最終的にその金額には到達できないと判断している。

トレゼゲについてはユベントスへ残留の可能性も出てきているとの情報。カルボーニSDが獲得に前向きだった選手だけにこの話しも既に現地では消滅している現状。

キケ監督の第一希望はやはりフォルラン。ルイス・ガルシアの話しも残っているものの、エスパニョールが提示する移籍金が高くその金額を用意するならばそれに上積みしてフォルラン獲得に動きたい構え。フォルランの移籍金は最低2300万ユーロ(約37億9500万円)。

ここからは個人的見解。

ビジャレアルがバレンシアに選手を売ることは今後ないとみております。フォルランを獲得できるなら、アジャラの買い戻しができるはず。フォルランにそれだけ積むのなら、その金額の半額以下で済むアジャラの買い戻しに動くのが妥当。

ビジャレアルのロイグ会長は本気で「バレンシアより良いクラブ、チームを作る」と思って積極的に投資をしている人なので、バレンシアに売るくらいならバルセロナに売ると考えるでしょう。

ルイス・ガルシアは良い選手なのですが、アリスメンディを獲得した今となってはそれほど力を入れて獲得に動く必要もないと思っております。ルイス・ガルシアを獲るならアリスメンディを獲る必要はなかった。

確かにもう1人、確実にシーズン10ゴール以上を奪えるFWが欲しいところですが、自分は獲得の決まったマタに賭けてもいいんじゃないかという見解。なんなら、どかんとアーロンも使ってみて下さい。まだまだ荒削りですがあのスピードとベテラン顔負けの精神力は化ければ化けますよ。

ただ、そこはソレール会長が来シーズンの目標(義務)をどう置くかによります。

CL圏内確保なのかタイトル獲得なのか。

タイトル獲得が目標、義務ならばフォルラン級のFWが必要でしょう。

ただ、バレンシアはそうではないと思うし、そうでないから余分なプレッシャーがなくチャレンジできる。アルベルダは常に「タイトルが義務なのはレアルとバルサだけ。バレンシアはCL確保だ」と言ってますけどね。

バルサがアンリを獲ったのだから、それに対抗するなら同じ方法論ではなく違う面から攻めましょう。レアル、バルサと同じお金も義務もない。

若手、カンテラ、スペイン人

そんな理念を打ち出したのならばあくまでCL確保が目標であとは「伸び伸びやってこい!」と会長に言って欲しいもの。

どうもキケのFW獲得のプランをみる限り、「来年はタイトルを獲らないと…」と強迫観念に駆られているような気がします。バレンシアの場合、そういう余計なプレッシャーがないからこそ成功する可能性があると思うのですが。

確かにここ2年、CL確保とはいえファンやマスコミは満足していない様子がみうけられるのがここバレンシア。

とはいえ、それはキケが実践しているサッカーの内容に対する不満であり、結果のみの不満ではない。

だから、その理念を大事にした上でこの2年に上積みするサッカー、良いサッカーを披露すればいいんじゃないか!?というのが私の考えです。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/908-16de998e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。