スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルチョ・ゴンサレス獲得に向けポルトに2度のオファー 

2度のオファーですが、2度も「NO」の返答。

まあ、予想通りあっさり獲得とはいきませんね。

初回のオファーは、1500万ユーロ(約25億円)。2回目のオファーは、1400万ユーロ+ウーゴ・ビアナ。

ポルト側は2000万ユーロを要求しておりあっさり却下した模様。

ただ、バレンシアは1800万ユーロあたりで決着が付けられると目論んでおりルイスSDがその辺りで手が打てるよう今後交渉する予定。スペインサッカー協会主催FIFA代理人コースの先生をやられていたくらいの方ですから本当の意味でお手並み拝見できそうですね、この交渉で。

バレンシアが2000万ユーロを用意することはないでしょう。なぜなら、ルイスSDも公言しているようにこのポジション以外にも補強しなければいけないとフロントは見ているから。ここにこれだけつぎ込むともう他に回せるお金がなくなってしまう。

ちなみに、ルチョの代理人はバレンシア移籍に前向きな発言を出しています。昨年末にポルトで契約延長して現在の年俸は120万ユーロ。バレンシアに来ればトップサラリーである180万ユーロは間違いないので選手側は歓迎するでしょう。

ただ、ポルトはお金以外にも移籍に悲観的な要素があり、それが主力の放出。既にマンUにアンデルソンを放出し、クアレスマのA・マドリー移籍が近いと言われ、DFぺぺもいまだ欧州ビッグクラブに狙われる存在。

予断ですがA・マドリー、クアレスマに2000万ユーロ以上投資するようですが本当によくお金あるな…。クアレスマが駄目ならシマオ、はたまた大どんでん返しでビジャレアルから1000万ユーロでリケルメを獲得するなんて話しもありますし、今の段階ではバルサに続いて移籍市場のリーダー的存在ですね。

ルチョに話しを戻しますが、ポルトはそれだけ主力を放出する可能性があること、またキャプテンでファンからの信頼も厚いことなどから彼を放出することには後ろ向きな姿勢。

やっかいな交渉になりそうです。


ビアナが良い例ですが構想外になった選手の噂が色々出始めています。

ビルバオがレンタルでデル・オルノ獲得を狙っているようですが、バレンシア側は完全移籍での放出のみ交渉に応じる構え。ようするに、補強資金を作りということ。レンタルではお金は微々たるものしか入ってこないか、カネイラのようにバレンシアが「借りてやって下さい」状態にもなりかねない!?

レゲイロはムルシアへのレンタル移籍の噂。

そして、昨日決まったのがダビド・ナバーロのラシンへのレンタル移籍。

とはいっても、両クラブ間での合意であって実はその直後にナバーロが、「NO」の回答。

なんでも、バレンシアは勝手にラシン行きを決めて、ナバーロにクラブ間での合意を報告したようでいきなりそんな話しを聞かされたナバーロは「ちょっと待って下さいよ…」と否定的な回答をしたそうな。

相変わらず、やり方が下手というか誠実さに欠けることをしていらっしゃいますね。少なくとも交渉するならその事実をまず選手に伝えるのが筋でしょうし、いきなり選手に「このクラブに行きなさい」というのは構想外にしておいてあまりに残酷。

というか、あのインテル戦での暴力行為のあと、精神的に落ち込んだナバーロに追い討ちをかけるように放出報道が出ていましたが、その中でもソレール会長は自らナバーロに電話をかけて「心配するな。出すことは無い」と言ったそうでそれを私は本人から聞いたのですが、その言葉は何だったんでしょうか!?

自分の勝手な考えですが、確かにあの暴力行為はナバーロ自身の責任ですが、そういう選手を抱えていたチーム、クラブとして制裁期間が終わるまでは選手と共にその責任を負って償うべきではないのか?というのが私の考え。

もし自分が監督なら、クラブの会長ならチーム(クラブ)を率いる者として最低限制裁期間までは「要らない」なんて言わないでしょうし、むしろ何とか彼にバレンシアのユニフォームを着させたいと思いますね。

暴力行為や制裁措置とは別に戦力外とみているのはわかるのですが、それではあまりにチーム、クラブとして無責任すぎると私は思います。


また、同じく戦力外通告を受けたクーロ・トーレスは地元ラジオの番組に電話出演し、「キケ監督が自分を戦力外にすることはわかっていたが、自分はクラブとあと2年の契約を残しておりその契約は全うしたいと考えている。ただ、今回の件は既に予想していたこと」とコメントしております。

一時噂のあったサラゴサよりもビジャレアルの噂が今は強いですが、昇格組のクラブも狙うなど確実に行き先はあるでしょうがバレンシアがどう移籍金を設定するかによるでしょう。

Comments

構想外の選手たちはどうしてるかなぁと思ってましたが、まだ決まってないんですね。
選手によっては納得できないという気持ち、分からなくもないけれど、クラブとの関係がこじれないように願いたいです。

ナバーロは、いくらああいう事を起こしてしまったからといって、本人の意思を度外視してはいけませんよね。私も制裁期間内はチームの責任の下にあると思います。
本人も深く反省し、心機一転チームの為になりたいと思っているでしょうから、むしろ残留させてCBの要員として使った方がいいのではないでしょうか。
もともと能力のある選手なのですから。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/920-e1dad419

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。