スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A・マドリーがシマオ獲得 

A・マドリーがベンフィカからMFシマオを獲得。

スペイン国内でも移籍金に誤差があり、『アス』は2000万ユーロ+2選手放出、『マルカ』は2500万ユーロ。

とはいえ、A・マドリーにとってはこの移籍市場でフォルランに続き2人目の2000万ユーロ突破選手。

トーレスを売ったお金があるとはいえ、よくぞここまで大金をつぎ込んで大物を獲れるもんだ…。まあ、シマオ獲得の裏ではペトロフがマンチェスター・シティに850万ユーロで放出されておりますが…。(一言、「もったいない」とだけ言っておきましょう)

A・マドリーがシマオも含めて使った移籍金は、合計約6600万ユーロ、軽く100億円超え。

2100万ユーロ フォルラン(←ビジャレアル)
2000万ユーロ シマオ(←ベンフィカ)
1200万ユーロ ラウル・ガルシア(←オサスナ)
 600万ユーロ クレベル・サンタナ(←サントス)
 400万ユーロ ルイス・ガルシア(←リバプール)
 300万ユーロ ディエゴ・コスタ(←S・ブラガ)

これに加え、ポルトのクアレスマもまだ諦めず。移籍金の推定2000万ユーロ。(これに加えMFコスティーニャがオペレーションに入る可能性もあり)

シマオといえば、昨年夏、バレンシアが契約直前までこぎつけ、彼自身もサインするためにバレンシア入りした選手。8月のプレゼンテーションでバレンシアがサプライズ発表する予定がサプライズ帰国(ポルトガルへ)となった選手でした。それが駄目でホアキン獲得にこぎつけた。


とはいえ、バレンシアファンはA・マドリーのような大型補強の連続をみて羨む必要もないでしょう。

個人的にも大型補強がなくプレシーズンでは完全にスペイン国内でも中堅クラブの扱いになっているバレンシアが楽しみ。(負け惜しみではなく)

間近で観てはおりませんが、入ってくる情報などからして間違いなくキケ監督3年目は良いキャンプを行っております。

リーガの上位陣では最も“継続性”のあるチームになっているような気がします。

プレシーズンや移籍市場で主役の座は譲っておいてシーズンが始まったら一気に主役の座を奪ってやりましょう。

昨夜、『ラジオ・ノウ』に出演していたビジャも「移籍市場でレアル、バルサらと勝負できないけど、シーズンに入ったら勝負するよ」と頼もしいことを言ってくれていました。

2000万ユーロだ、3000万ユーロだ、と大金をかけてビッグネームを獲得するのもいいんでしょうが、自分はそれより在籍選手や生え抜き選手が昨年の経験を活かして向上、成長していく姿をみる方が楽しみ。

エルゲラを獲得し、「あと1人センターバック」なんてこと言ってるようですが、それより在籍選手で上手くローテーションして足りない時にはロンバンのような若手を使って切り抜けていってもらいたい。

お金がない。ビッグネームを獲れない。

でも、だからこそバレンシアは在籍選手を上手く活かすことやカンテラ選手を育てることができる。自分の目からはそれはむしろ良い環境ではないかな、と思うわけです。

補強の毎年100億使って勝つのもいいんでしょうが、自分はそうじゃないところにロマンや魅力を感じるからバレンシアに来た。観ている。

楽しみな07-08シーズンになってきました。

昨年の「スペイン人化」に続き、今年は課題を修正するための「継続性」がバレンシアの哲学・姿勢に加わりました。まあ、確かに資金不足や移籍交渉下手が手伝ってくれてはおりますが、それもバレンシアらしいと言えるでしょう。

Comments

今年こそ!!

僕もバレンシアを好きになった理由は、小澤さんと一緒です。魅力感じます。
でももう一つ、一番好きになった、初めてサッカーにのめり込ませてくれたバレンシアのサッカーを今年は是非見せて欲しいです。
それは「失点しない」バレンシア。リーガで一番失点が少ないチームをバレンシアが披露する事が出来たら、もっと上、行けると僕は感じてます。失点するのがいっちばん嫌なんです(笑)例え面白くない試合だと揶揄されても1ー0で勝つ!それがバレンシアの強みだったのを僕は覚えていて、そんなサッカーがまた見たいです。
アレクシス、エルゲラと実力あるCBが二人も仲間になってくれて、それだけで僕は嬉しいです。カネイラもまた一緒にサッカーが出来て楽しみ。サイドバック特に左が一人足りないと思いますが、クーロトーレスに残って頂けたら僕の中ではリーガ最強のDF陣だと思っています。
堅守速攻、速攻は昨シーズンある程度磨かれたと思います。だから今年は堅守!!!もう失点シーンは見たくない!!!です。

7季越しのリベンジ

シマオ、"今度こそ"リーガ復帰ですか(笑)
不完全燃焼気味に終わったバルサ時代から、
7季越しの捲土重来を期すことになる訳ですね。
彼の能力は、ポルトガル・スーペルリーガのレベルを
超越していると思っているので、
チームにフィットさえすれば…
スペイン再挑戦は成功するでしょう。

ガンバレ!

  • [2007/07/27 09:57]
  • URL |
  • 高田ペ・ヨン・純次
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

アトレティコはカップ戦もないのに、どこからそんなお金が湧いてくるんでしょ…。

大型補強には

頂けない部分があります。毎年レアル見てるとそうなるんです(なによりも高飛車ラモンが気に入りません。何様?)が来期のアトレチコには注目しています。というのも個人的な見解ですが自分はトーレスよりもフォルランの方が戦力的には使えるとは思います。しかしトーレスは精神的支柱でしたからそこを既存選手がどう補えるかはひとつのポイントだとは思います。
まぁ比較的安く効果的な補強を行ったバレンシアに一番興味が湧きますが。

バレンシアらしい・・かもしれないが、資金がないのに”移籍交渉下手”はよろしくない。だから資金がないのか・・?!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/940-7327b9ab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。