スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CL予備選3回戦抽選会 

8月3日(金)にとうとうバレンシアのチャンピオンズリーグ(CL)予備選3回戦の対戦相手が決まります。

ニヨンで行われる抽選会ですが、バレンシアからはクラブ幹部のクララムント氏のみが参加予定とのこと。

あれ、ルイスSD行かないんだ?

と思ったのは私だけでしょうか?(前任のカルボーニは毎回、こういう場所に必ず参加していました)

他のクラブ幹部と直接会う、話せる、少なくとも名刺交換できる、最高の場だとは思うのですが…。

まあ、色々と理由あってのことでしょうから、別に批判はしませんが、内情を知らずに言わせてもらうなら「もったいないなぁ」とは思います。

プレミアからアーセナル、リバプール
イタリアからラツィオ
フランスからトゥールーズ
ドイツからブレーメン
ポルトガルからベンフィカ
オランダからアヤックス

など欧州の強豪クラブがこの抽選会に同席するんですけどね。

リヨンのシェルストレムへのオファーに関してもバレンシアはクラブのフロントではなくクラブとつながりある代理人を通してファーストコンタクトを取ったようなのでポルトのルチョへのオファー同様、ちょっと疑問符も出ますね。

まあ、スパッと補強してくれればその疑問も解消されるのでしょうし、もう少し様子を見守る必要はあるのでしょう。でも、バレンシアのように補強予算が限られたクラブは早め、早めに手を打たないと後手後手になれば選手も少なくなるし、移籍金も高くなってしまうと思いますが…。

いくらルイスSDが「今の移籍市場では選手の値段が適正価格ではない」と言ったところで現に移籍市場で名のある選手の移籍金は高騰してしまっているのが現状です。高い値段を払いたくなければ、早い段階で目をつけ動くしかない。

早々に適材適所の補強を行い既に補強が完了したセビージャなどの動きと比較するとやはりフロントを一新したツケはやはりありそうですね…。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/946-b1f54c48

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。