スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホセ・エンリケがニューカッスルへ移籍 

3日にテルエルで行われたサラゴサとの親善試合を前にビジャレアルの左サイドバック、ホセ・エンリケがニューカッスルに移籍。

試合のTV中継をつけた途端、

「ホセ・エンリケのニューカッスル行きが決まり、本人は既に試合直前、タクシーで試合会場を去りました」

とのこと。まさに、サプライズニュース。

バレンシアのカンテラーノとして昨年ビジャレアルに移籍し、昨年はアルアバレーナからレギュラーを奪い、スペインフル代表入りも噂されるまでに成長したホセ・エンリケ。新天地での活躍を期待したいものです。

と、同時にビジャレアルのフロント、それなりに移籍金は入ってくるんだろうけど、簡単に手放してよかったのでしょうか?

これで左サイドバックはカプテビラだけに。多分、今後移籍市場で左サイドバックの獲得に走ることでしょう。フォルラン、アジャラのケースでよくわかりましたが、ほんと、お金で割り切れるフロント・会長なんだよなぁ、このクラブ。

サラゴサとの試合は1-1のまま、85分にスタジアムの照明の大半が消え、続行不能に。トロフィーのかかった試合だっただけに、決着をつけるためPKになり(片方のゴール前の照明はあった)ビジャレアルが勝利。


また、セビージャのドラグティノビッチもニューカッスルへの移籍が決定。アラン・スミスの獲得も決め、続々補強してますね、このクラブ。

と同時にプレミアリーグのはぶりの良さも痛感します。

例えば、リーガで上位に入るバレンシアといえども補強予算、年間予算で比較すればプレミア中位にも入れないでしょう。特に年俸の面で言えば、バレンシアのトップサラリー180万ユーロと同額のイングランド代表選手なんていないでしょうね。勿論、物価の違いはありますが…。

そんなバレンシアがプレミアの強豪チーム、昨年はチェルシーと同じ土俵で戦い、ファンからやれ「ビッグイヤー獲得を!」なんて言われてるのは少し気の毒になりますもの…。

お金があれば確かに選手は獲れるし、高い年俸をもらえば選手も満足するんだろうけど、バレンシアの選手ってお金と違う部分に魅力、やる気を感じてプレーしている選手が多い。

アーセナル行きを直前でストップしたアングロ
プレミアに行けば年俸が数倍になったビジャ、シルバ
他のビッグクラブから年俸ダウンで来たモリエンテス、エルゲラ
契約延長しながらも年俸据え置きのアルベルダ

こんな選手たちと共にビッグイヤーを掲げたら最高でしょうね!プラス、スペインだけではなく世界のサッカー界にとっても良いことかもしれません。

私は「ビッグイヤー獲得を!」とまでは言いませんが、同じ土俵でお金ではなくサッカーで勝負してもらいたいと思います。今のチーム、選手たち、サッカーでは間違いなく勝負できますよ!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/953-24b56443

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。