スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンフィカのマヌエル・フェルナンデスに興味 

またもや新たな名前が出てきました。

結局、ヘタフェのカスケーロは立ち消えか?!

今度は、ベンフィカ所属のポルトガル代表MFマヌエル・フェルナンデスに興味。(スポルティング・リスボンと明記していましたが、間違えでした。CLでは以前、ビジャレアル戦でゴラッソを決めたようですね)

本当にバレンシアが探しているタイプの攻撃的MFなのか懐疑的ですが…

バレンシア側はまだシェルストレム獲得を完全には諦めていないようで、選手側がリヨンにプレッシャーを与えて昨年のディアラ(→レアルへ移籍)のようなケースとなることを狙っている様子。まあ、個人的にはリヨンと契約延長して終わるだけかな、とみております…(苦笑)


先週からパテルナで練習をみて選手、チームの状態をだいぶチェックできましたが、新加入の若手3選手の動向について少し触れておきます。(3名共に今が試練の時?!)


-アリスメンディ

正直、練習を観ていてもとてもFWとは思えない。シュート外し過ぎ、ゴール前でのトラップミス目立ちすぎ。また、戦術的練習では必ず右サイドハーフで起用されている。親善試合でキケ監督は一貫してFWとして使っているわけでポリバレンテな能力は評価しますが、キケ監督が最終的に彼のどの部分を買ってチームに連れてきたのかちょっと不明確。今のところ完全にアングロとかぶっており、実績・経験からしてアングロの方が完全に上。


-サニー・サンデー

コンディション面で低下している以上に今はこのレベルにあるプレッシャーに対応し切れていないのが丸わかり。「パスミスしちゃ駄目だ」と焦る余り判断が遅れ、ボールタッチが余計になり、持ちすぎでボールを引っ掛けられるケースも目立っている。エミレーツ・カップのPSG戦で失点につながったプレーが練習でもみられている状況。フィジカル的なポテンシャル、ボール奪取能力は確かに長けているものの現状ではトップに残留して出場チャンスを与えられるようなレベルにはなさそう。今は本人にとってもこれまでなかったような試練の時でしょう。


-マタ

U-20ワールドカップでもそうだったようにやはりDFラインとボランチの間にあるスペース(バイタルエリア)を使うプレーが上手い。よって、適正はセカンドトップと言えそう。左サイドでプレーした場合、体格的な問題からそれ程縦へ突破が出来ず、無難な横・バックパスに偏る傾向あり。キックの精度は高いだけにクロスの質は良いものの、ビセンテ、ガビラン、シルバといった左サイドハーフをこなせる選手と比較すればそのポジションでコンスタントな起用はないと判断した方が良さそう。

Comments

個人的にマタは好きなタイプなので残ってほしいんですが、アリスメンディはどうでしょうか。他のFWが獲れたらレンタル、なんてこともあるんでしょうか。
サニーには他のプリメーラのチームで修業して来てほしいですね。出場機会さえ与えれば彼ならぐんぐんうまくなりそうなので。
来シーズン、一回り大きくなって戻って来てくれたらいいかなと思います。

バレンシアはいつになればOMFを獲得できるんでしょうか?アイマールを買い戻してくれればいいのに……

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/tb.php/958-82e95c99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。