スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「テクニックは何歳になっても伸びる」坪井健太郎(スペイン・UEコルネージャコーチ)インタビュー @ichiroozawa 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第135号(2013年03月28日配信号)より抜粋※

 去る2月27日、Amazon Kindleストアにて「誰にでもわかるサッカー説明書~スペインサッカーを日本語に具現化~【テクニック編】」という電子書籍がリリースされた。執筆したのは本メルマガでもおなじみであるスペイン・UEコルネージャコーチ坪井健太郎氏、そしてその友人である森亮太氏。いずれも育成年代における経験と見識、そして問題意識を持つコーチ陣だ。
 
 本書には「誰にでもわかる」というタイトルの通り、サッカーを理解するうえでファンダメンタルな知識を改めて定義する記述が多く存在する。PERCEPCION(認識)・ANALISIS(分析)・DECISION(決断)を経てEJECCION(実行)に移るという「PAD+E」の概念を始め、本インタビューのタイトルでもある「テクニックは何歳になっても伸びる」ということ、ドリブルは2種類ある、サッカーに個人の局面は存在しない、などなど。
 
 とりわけ重要なのは、やはりプレーのプロセスを表現する「PAD+E」の概念だろう。詳細はインタビューをお読みいただくとして、この概念の要諦は「結果だけを見て物事を判断してはならない」「プロセスを注意深く見なくてはならない」と理解した。本書を通じて「PAD+E」で考える習慣を身に付けることは、指導者のみならず生活全般において大きな効果を生むはずだ。
 
 「テクニック編」とあるとおり、本書には続編となる「戦術編」も準備されているようだ。しかし本書を通読するだけでも、サッカーのテクニックだけでなく多くの示唆を得ることができるだろう。テクニック本・戦術本が多く刊行される中、改めてこうした書籍を発表した理由はどこにあるのか? 執筆者の1人、坪井氏にメルマガ編集部の澤山大輔がお話を伺った。(取材日:2013年03月19日)

more...

「理想のFWは佐藤寿人」 金鍾成氏(イギョラカップ2013 大会技術委員長)インタビュー @ichiroozawa 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第135号(2013年03月28日配信号)より抜粋※

 3月19日から21日までの日程で第23回イギョラカップ2013が開催された。全国からJユースや高体連の強豪チームが16チーム集まり、東京朝鮮高校グラウンドや赤羽スポーツの森を中心にグループリーグが行なわれ、最終日の21日は順位決定トーナメントが行なわれた。
 
 西が丘で行なわれた準決勝には、東京朝鮮(A組1位)、実践学園(B組1位)、流経大柏(C組1位)、三菱養和ユース(D組1位)が進出し、決勝は実践学園と流経大柏の間で行なわれ、流経大柏が2年連続となる優勝を飾った。
 
 今回はまず、昨年も話を聞いた元北朝鮮代表のエースストライカーでジュビロ磐田でもプレーした金鍾成(キム・ジョンソン)氏に話を聞いた。イギョラカップの大会技術委員長を務める金氏は、これまで朝鮮大学の監督を務めていたが、今年度は現場を離れ、在日本朝鮮人蹴球協会の副会長として選手育成や指導者養成のプロジェクトを一任されることになるという。
 
 続いて話を聞いたのは、決勝で実践学園を2-1で下し連覇を果たした流経大柏の高橋隆コーチ。流経大柏は今年も新3年ではなく新2年のみでのチーム編成で大会に臨んだが、今年も圧倒的な選手層の厚さを誇示した。今大会は高橋コーチが任されていたのか、決勝後は本田裕一郎監督がすぐに帰ってしまい、高橋コーチが取材対応してくれた。
 
 

■金鍾成(キム・ジョンソン)氏(大会技術委員長)インタビュー


 
――イギョラカップの成り立ちについて改めて教えて下さい。
 
金鍾成氏(以下、金氏) 元々、朝鮮高校は選手権などの公式戦に参加できなかったので、それに見合った大会をOBたちが作ってあげたいというのと、もう一つはやはり協力関係のある学校で選手権に参加できるよう促していく交流の場というのでこのイギョラ杯は始まりました。
 
――今年で23回目となりますが、Jリーグよりも歴史があり、ユース年代の大会・フェスティバルの中でも価値の高い大会だと感じます。
 
金氏 朝鮮高校が参加している全国的なフェスティバルの中で、23回を超えているものは鹿島フェスティバルと、あとは韮崎の武田の里(編集部注:武田の里にらさきサッカーフェスティバル)があるんですけど、そこの方がもっと長いのかな。
 
――鍾成さん自身もこの大会に出ているのですか?
 
金氏 いや、私は出ていないですね。私が朝鮮高校の監督をしている時にちょうど携わり始めて、今はもうOB会の幹事長なので、企画や運営の方に携わっています。
 
――参加資格、チームを呼ぶ基準は「直近の選手権に出たかどうか」ですか?
 
金氏 基準はないです。ただ、そういうふうになってきたのと、いろいろな要望、事情があるので東京に関しては「選手権に出たところにしよう」となりました。東京の学校は遠方から来るような事情は関係なく、基本的には出場したがるだろうということで選手権参加校にしています。ただし、成立学園高校の場合はグラウンド、運営などの絡みがあって、ずっと出てもらっています。
 
――出場したいと問い合わせる高校も多いのでは?
 
金氏 多いですね。市船(市立船橋高校)も話がありましたし、旭川実業(旭川実業高校)もありました。もう少しグラウンドが確保できれば規模を大きくしても対応できるとは思うのですが、今は(新たに)グラウンドを確保して、会場を分散して規模を大きくするのは難しいですね。
 
――西が丘(国立西が丘サッカー場)で決勝と3位決定戦をやるのは、かなり前からなのでしょうか?
 
金氏 そうですね。東京サッカー協会が第4回大会くらいから共同主催になっていただいていて、そのお陰もあって西が丘もしっかりおさえてもらえています。西が丘は高校生にとってある意味、国立(国立競技場)の次ぐらいのメッカとなっているので。
 
――大会パンフレットを拝見すると、焼き肉レストランを含め、サポートしている企業や人の協賛が多い印象を受けます。
 
金氏 当初は大会予算が1000万円くらいあって、参加チームに対して援助金を出したり、交通費も含めて出したりしていたこともありました。でも今は、一切ありません。まあ、どこのフェスティバルに行っても自分たちでやっていますから。

 あとは、景気の部分も関係しています。今は、OB会がOBたちを集めながら基本的に小口で頑張って、形だけ広告を出してやるとか、どんどんそういうふうに広がっていって、ちょっと落ち着いた状態になりました。

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第135号(2013年03月28日配信号)より抜粋※

【 @ichiroozawa】育成年代だからこそフィジカルトレーニングは必要 三栖英揮フィジカルコーチ インタビュー(下) 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第134号(2013年03月21日配信号)より抜粋※


 



(株)アレナトーレ



<(上)より続き>


――長友選手の体幹トレーニングが注目されていますが、トレーニングを積むことでしっかりとした身体は作れるのでしょうか? 
  
三栖フィジコ 身体能力というものは、最後は遺伝的な要素があります。しかし、それが全てではありません。中学校の時に足の速い子がずっと速いわけではありません。発育が遅いだけで、トレーニングを行なうことでスピードが出る選手も当然います。18歳くらいまで特徴は見えないので、最終的にどのような特徴があるのかということはもう少し長い目で見る必要があります。 
  
 私は常にいろいろな刺激を与え続け、身体の変化を見極めて特徴を見ますが、それは身体の成長が落ち着く18歳くらいまで待つべきです。それを早い段階で「足が速い」、「身体が強い」と判断してしまっています。本来ならもっとスピードはつくし、身体も強くなります。それこそ、陸上の選手は大学生になっても記録を伸ばしているのですから。サッカーはゼロコンマの数字を争っているわけではなく、予測や認知によってスピードが変わってきます。となると、もっとスピードがつくはずですが、スピードを鍛えることに興味がないわけではないと思いますが、日本のトレーニングはスタミナ系のものが中心です。 
  
 それもただ長い距離を走るだけで、どれくらいのスプリントの本数を増やすのか、スプリントのスピードをどれくらい上げるのか、そういったことはあまり重視されていません。これはユースまでに取り組んでおくべきことだと思います。その中で変化が起こるはずなので、そこで初めて選手の特徴が決まっていきます。日本人にはフィジカルを正しくトレーニングすれば、もっともっと良くなる選手がいると思います。 
  
――三栖さんのトレーニング・コンセプトはどういったものですか? 
  
三栖フィジコ いかに試合中のスプリントの本数を増やすかです。もう一つは、いかに身体をしなやかに動かせるか。サッカーというのは特殊な競技で、片足で何かをする時間がもっとも長いスポーツです。ターンの仕方にも言えます。普通であればそのまま回れば良いところを、視野を確保しながらターンしなければいけない状況があります。 
  
 必要な情報量の多さを考えると、身体の使い方がすごく大切になってきます。身体をうまく使えるようになるには、ただ単に筋力をつけるのではなく、身体の使い方がうまくなるトレーニングが必要です。なかなか難しいところですが、どうすればしなやかに動かせるかというのは常に考えていることです。 
  
――國學院久我山高の李監督は、「三栖フィジコのトレーニングの成果が出てきた」と言っていますが、三栖さんにもその手応えはありますか? 
  
三栖フィジコ 今の3年生がちょうど3年目で、今までなかったトレーニングが習慣として入ってきました。タイミングでいくと、18歳というのは大体の人の成長が落ち着く年齢です。彼らは1年生から見てきたので、どういう特徴になっていくかはある程度見えてきています。トレーニングとしても、彼らは意欲的に理解して取り組むことができます。私のキャリアの中では手応えのあるチームだと感じています。 
  
――國學院久我山高の選手は、「なぜこのトレーニングが必要なのか?」を理解する力が高いと想像しますが? 
  
三栖フィジコ こちらからのコミュニケーションも、言葉で成立します。あとは、チーム全体がそういうチームであることも大きいです。私がやりたいこととコーチの間にギャップがあると、どうしてもうまくいかなくなります。サッカー面を考えても、久我山のようなサッカーの方が局面を迎える数が多くなるので、身体の使い方というのが頻繁に出ます。これがロングボール主体のサッカーになると、私のトレーニングの必要性がなくなってしまいます。久我山がああいうサッカースタイルだからこそ、私としても(トレーニングを)見やすいし、選手としても(成果が)出やすいという部分はあると思います。 
  
――ポジションや選手によってトレーニングのやり方を変えることはあるのですか? 
  
三栖フィジコ 身体ができあがったトップの選手なら、それもアリだと思います。ただ、高校生はまだどう変化していくのかわからないので、一定の刺激を与え続けて変化を見ています。ポジション別の技術的な部分は、他のスタッフの理解もあるので、試合の合間や練習中に声をかけることがあります。「練習で取り組んでいるのは、今のプレーで必要だからだよ」という話です。


 そこを話せると、選手も具体的にどの場面で必要なことなのかが分かり、普段の練習をより意欲的に取り組むことにつながります。そこは変えるというよりも、試合を見ながらですね。ここにはテニスでの経験が生きています。選手たちのモチベーションを上げるようなアドバイスはどういったものか、その大切さを理解することができました。 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第134号(2013年03月21日配信号)より抜粋※

【 @ichiroozawa】「GK製造工場長」が日本で新プロジェクトを始動 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第134号(2013年03月21日配信号)より抜粋※

撮影:(株)アレナトーレ



 スペイン北部バスク自治州にある人口約1万6千人弱の都市ゲルニカにあるゲルニカSD(スペイン4部)で長年GKの育成に携わり、同クラブ自体を「GK製造工場」と呼ばれるまでに育て上げたGKコーチのジョアン・ミレット氏。昨夏に来日した時のクリニックの様子やインタビューは何度か当メルマガでも取り上げたが、実は2013年シーズンから湘南ベルマーレと契約を結び1月から日本で働いている。 
  
 「アカデミーGKプロジェクトリーダー」という肩書きで湘南アカデミーのGKプロジェクトを新たに構築するところから着手し、すでに選手やアカデミーコーチ陣から全幅の信頼を得ているジョアンと今週久々に再会することができた。18日、BSスカパー!『フットボールクラッキ』の番組収録の場で数カ月ぶりに会ったジョアンは、すでに湘南で新たなプロジェクトに関わることのできる喜びとやる気に満ちあふれていた。番組については、「世界最高のGK育成論」というテーマで4月9日(火)に放送予定である。 
  
 その番組収録前の打合せでも、昨夏の来日時の最後の見送りで行なったインタビューで触れたGKコーチ向けの特別講習会についての話題が上がった。そのインタビューで、「非常に満足してスペインに帰国できるということですね?」という質問を受けたジョアンはこう答えている。 
  
 「いや、とても悲しいですよ。満足という感情以上に悲しい気持ちです。なぜなら、日本でまだまだできることがあるとわかったから。ただし、今回の講習会、クリニックに参加してくれた人たちが満足して帰ってくれたくれたこと、講習中に積極的な姿勢を見せてくれたことは大きな成果として手応えを感じることができました。 
  
 特に、最後に行なったGKコーチ向けの講習会ではライバルクラブのGKコーチたちがコラボレーションして素晴らしい中身にすることができました。こうしたことが実現したこと自体、スペインではあり得ないことであり、今後もスペインでは見ることがないと思います。GKコーチとしてもう25年以上も働いていますが、これが日本で実現したことに大きな価値と感謝の気持ちを持っています」 
  
 神奈川県内の某スポーツ施設に集まったGKコーチ10数名向けに特別開催された講習会は、一般向けの講習会に参加し、ジョアン流の指導法に衝撃を受けGKコーチたちが中心となり開催にこぎつけたもの。一般の参加者は募らず、「GKコーチを生業としたい者」たちの中でも選ばれし者たちだけが参加を許されたクローズかつハイレベルな講習会となった。 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第134号(2013年03月21日配信号)より抜粋※

【@ichiroozawa】「日本人の身体能力は低い」はあまりに安易な発想 三栖英揮フィジカルコーチ インタビュー(上) 

小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」第133号(2013年03月14日配信号)より抜粋※

――三栖さんの職業表記は「フィジカルコーチ」でいいのですか?
 
三栖フィジコ そうですね。日本だとフィジカルコーチというライセンスはありませんが、私はフィジカルコーチになりたくてスタートしているので、そういう考えでいます。
 
――「フィジカルコーチ」とはどういうものなのでしょう?
 
三栖フィジコ 何かをさせるというよりも、身体の準備をするための情報を与える人間です。筋力トレーニングをさせる人ではありません。スペイン語でもそうだと思いますが、フィジカルコーチとキーパーコーチは「プレパラドール(preparador)」と表現されます。例えば、ウォーミングアップを始めるタイミングなど、身体の準備をする情報をいかに与えていくかが私の仕事だと思っています。英語だとフィットネスコーチなどになりますが、サッカー圏の言語では「準備をする人間」という表現になります。
 
――日本では資格も概念自体もなく、今まで苦労もあったと思います。そういった環境の中でどのような取り組みをしてきたのでしょう?
 
三栖フィジコ 知識がなかったので、まずそこを増やそうと思いました。当時、専門書は限られていましたが、ひたすら本を読みました。他には何でも見に行きましたね。海外に行くことも考えましたが、それよりも知人のコーチから頂いたクルゼイロの育成年代のフィジカルトレーニングの資料や、当時多く出版されていたドイツの翻訳本に目を通していました。私たちが勉強しているのは、多くがアメリカのスポーツ医科学の情報です。それと比べてみても、原理原則は同じですが、方法論は全く違うものを感じました。おそらく、その国で置かれている状況の中でスポーツ医科学が発展しているので、こういった違いが出るのだと思います。それを見た時に、海外に行って学ぶよりも、今の日本の中でできることを探していかなければいけないと感じました。
 
 私はJクラブのアカデミーよりも学校体育の方に興味がありました。私自身、学校に行かないでブラジルに行ったことも影響していると思います。ブラジルの選手が何に困っているかというと、勉強ができないことです。プロまでいける選手が限られている中で、読み書きができないような選手もたくさんいました。
 
 では、日本の良さは何かと考えた時、学校の部活が整備されているところです。逆に一番不足しているのがハード面で、それはJクラブが補える範囲も限界が見えています。日本の中で一番ハード面が充実しているのは高校なので、部活を中心に見るようになりました。
 
 しかし、私自身も部活の経験がなく、周りも否定的に見る目が多くありました。それでも私は部活が日本の良い面だと考えました。なぜなら、そこにもっとスポーツサイエンスを整備する方法を探っていく方が、日本の良さがもっと伸びると考えたからです。部活の中でのフィジカルコーチというスタイルを作れば、日本全体のベースアップになると思います。
 


 

(c)Ichiro Ozawa


――専門学校で取得した資格はどのようなものですか?
 
三栖フィジコ 日本には(日本体育協会公認の)アスレティックトレーナーという資格があり、この資格は幅広い分野をカバーしますが、どちらかというとメディカルの側面が強いものです。当時トレーニング専門の資格はなく、トレーニング系はほぼ独学ですね。日本で受験ができる アメリカの団体のライセンスもありましたが、トレーニングやコンディショニングについて専門的に学べる環境は少なかったように思います。やっと少しトレーニングについて勉強する環境が整ってきたように感じます。
 
――独学で進めていくしかない中で、影響を受けた人はいますか?
 
三栖フィジコ 私にとってのフィジカルコーチは、「ブラジル人」のイメージが強いです。ただ、サッカーのフィジカルコーチはサッカーに特化しすぎていて、トレーニングやコンディショニングという専門分野から見ると少し専門的には落ちる感があります。ブラジルのコーチのイメージは持ちつつ、いろいろな人や競技も参考にしながら勉強してきました。そのためサッカーのフィジカルコーチで「この人!」というのはあまりないですね。

※つづきは小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」にてどうぞ!※

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。